« MOAの日本画コレクション | トップページ | 大リーグオールスター戦、イチローと斉藤が選出 »

2007.07.01

07年後半 展覧会プレビュー

911今年もあっという間に半年が過ぎ、今日から後半。

前半における美術鑑賞の回数はスペイン、ポルトガルの美術館や名所訪問も含めて134回。一つの展覧会でも展示替えや前期、後期などのため数回出かけたりするから、展覧会の数としてはこれより少ない。

さて、後半も感動の展覧会を体験できるだろうか。12月までに国内の美術館で開催される展覧会のうち関心があって、足を運ぶ可能性の高いものをリストアップしてみた。

★西洋美術
7/21~9/2     黒田清輝展           平塚市美術館
7/26~8/26    キスリング展           横浜そごう
7/28~8/26    ルドン展              Bunkamura
8/1~8/24     アートコレクション展       ホテルオークラ東京
8/1~9/24     トプカプ宮殿の至宝展      東京都美術館
8/1~11/4     電撃展              岡本太郎記念館
9/2~10/25    ヴェネツィア絵画展       Bunkamura
9/8~12/9     レンブラント版画展       名古屋ボストン美
9/15~11/25   ベルト・モリゾ展         損保ジャパン美
9/26~12/17   フェルメール・牛乳を注ぐ女展   国立新美術館

9/29~12/9    シュルレアリスムと美術展   横浜美術館
10/6~1/6     ムンク展             国立西洋美術館
10/10~12/24  フィラデルフィア美術館展   東京都美術館
12/1~12/26   東郷青児展           損保ジャパン美

★日本美術
7/1~9/24     館蔵名品展Ⅱ 中国磁器   戸栗美術館
7/3~9/24     白磁と染付展          日本民藝館
7/7~9/7      金刀比羅宮 書院の美展    東芸大美術館
7/14~9/30    美術の遊びとこころ・旅展   三井記念美術館
7/25~9/3     日展100年展          国立新美術館
7/28~9/2     京の優雅・小袖と屏風展   五浦美術館
7/28~9/17    広重が描いた日本の風景展 神奈川県立歴史博物館
7/31~9/17    景徳鎮千年展          松涛美術館
7/31~9/9     京都五山・禅の文化展     東博
8/3~26       隅田川で夕涼み展 UKIYO-e TOKYO(ららぽーと豊洲)

8/4~9/24     花鳥礼讃展           泉屋博古館分館
8/7~9/17     若冲とその時代展       千葉市美術館
8/17~9/17    山口晃展            練馬区立美術館
9/1~10/21    屏風 日本の美展       サントリー美術館
9/1~10/28    仙厓展              出光美術館
9/1~11/25    バーナード・リーチ展      松下電工汐留ミュージアム
9/4~10/21    平山郁夫展           東近美
9/8~12/24    近代日本画展         松岡美術館
9/8~11/4     川合玉堂展           山種美術館
9/8~10/21    谷文晁とその一門展      板橋区立美術館

9/15~12/9    開館50周年記念名品展   逸翁美術館
10/2~11/25   ミネアポリス美蔵浮世絵展     松涛美術館
10/6~12/16   富岡鉄斎展           大倉集古館
10/6~12/2    工芸館30年のあゆみ展   東近美工芸館
10/10~12/2   大徳川展            東博
10/11~11/18  平櫛田中名品展        平櫛田中彫刻美術館
10/13~12/6   安宅英一の眼展        三井記念美術館
10/13~1/14   日本美術の新しい展開展   森美術館
10/16~11/18  狩野永徳展           京博
10/19~12/9   KYOTOきぬがさ絵描き村展  堂本印象美術館

11/1~12/6    広重肉筆画展         太田記念美術館
11/3~12/16   乾山と光琳展          出光美術館
11/3~12/26   鳥獣戯画展           サントリー美術館
11/10~12/24  秋の彩り展           山種美術館
11/13~11/21  村上豊展            銀座和光ホール
11/13~12/24  日本彫刻の近代展       東近美
12/2~2/8     茶碗の美展           静嘉堂文庫
12/4~1/27    北斎とシーボルト展      江戸東博
12/14~2/17   工芸の力展           東近美工芸館

(ご参考)
・西洋美術で一番期待しているのが、“フィラデルフィア美術館展”。チラシを見る限り、ルノワール、モネ、クレー、マチスの画集に載っている名画などすごいのが沢山やってくる。開幕が待ち遠しい。
・一点豪華タイプの展覧会としてワクワクするのが、アムステルダム国立美から出品されるフェルメールの傑作“牛乳を注ぐ女”、キスリング展の“モンパルナスのキキ”、シュルレアリスム展におけるマグリッドの“大家族”。
・西洋美の“ムンク展”も期待大。一度フィレンツェのピティ宮で開催されたオスロ市立美のムンク展をみたことがあるが、110点でるので初見の作品に多く会えるだろう。

・日本美術では、もうすぐはじまる“金刀比羅宮展”と秋の“狩野永徳展”の鑑賞のためにエネルギーをためている。“狩野永徳展”では長年追っかけていた“唐獅子図屏風”(全期間展示)と漸く対面できる。
・五浦美術館の“小袖と屏風展”にクルマを走らせるのは、ひとえに円山応挙の絶筆“保津川図”(重文)をみるため。03年大阪市美で開催された大回顧展のとき、展示替えで見ることができず残念な思いを抱き続けてきたから、偶然HPでこの展示を見たときはとびあがるほど嬉しかった。

・小平市平櫛田中彫刻美術館で行われる名品展は田中の生地岡山県井原市にある田中美術館が所蔵する彫刻作品を中心とするもの。広島にいるとき、ここへ行きそびれたので、この展覧会は大変有難い。
・板橋区立美の“谷文晁展”は江戸絵画では有名な安村館長がどんな作品を見せてくれるかすごく楽しみ。

|

« MOAの日本画コレクション | トップページ | 大リーグオールスター戦、イチローと斉藤が選出 »

コメント

はじめまして。今春から楽しく、しかも驚きながらいつも拝見しています。
おかげさまで、芽生えつつあった美術館巡り熱が高まり、たくさんの(特に西洋美術の)展覧会に足を運びました。
いづつやさんはほとんどの展覧会に足を運ばれておられるので、そのコメントはとても参考になりますし、事後に読んでも啓発されるところ大です。
最近ではエルミタージュ展のコメントに大いに賛同し、我が意を得たりと嬉しくなりました。
もともと05年のラトゥール・ベルリン至宝・ドレスデンの3大パンチに打ちのめされたのですが、昨年のオルセーもよかった!(神戸で観たのも…)

ボクはクラシック音楽のLPコレクターです。これからもどうかよろしくお願いします。お礼とご挨拶まで

投稿: 江夏 | 2007.07.11 08:32

to 江夏さん
はじめまして。書き込み有難うございます。拙文の
美術鑑賞記をいつも読んでいただき恐縮です。海外へ
旅行したときは西洋画の記事が多くなるのですが、
日本で出かける展覧会は西洋画がどうしても少なく
なります。

西洋画と日本画の比率が同じくらいになるよう、現在、
西洋画の記事を色々考えているところです。これからも
よろしくお願いします。また、気軽におこしください。

投稿: いづつや | 2007.07.11 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 07年後半 展覧会プレビュー:

« MOAの日本画コレクション | トップページ | 大リーグオールスター戦、イチローと斉藤が選出 »