« サントリー美術館の水と生きる展 その二 | トップページ | もっと知りたいスペイン! その二 アントニ・ガウディ »

2007.07.16

クリムトの風景画

930_1
931
西洋絵画の画家のなかには死ぬまで付き合っていきたいのが何人かいる。クリムトはそのひとり。で、昨日の迷宮美術館(BS2)がクリムトを取り上げていたので、体をのりだしてみた。

今回、焦点をあてていた作品は風景画。クリムトが描いた220点あまりの絵のなかで、風景画は50点くらいあるという。これまで見た風景画はウィーンのベルヴェデーレ美術館に飾ってあった5点しかないが、どれも魅力的な作品だった。

上は番組にも登場した“アッター湖畔の風景(ウンターアッハの家並み)”。家の壁や屋根の赤や木々の緑は実際はもっと鮮やかにでていて、色紙を切って貼ったような家並みが強く印象に残っている。“アッター湖畔のカンマー城 Ⅲ”も“ウンターアッハの家並み”と同じく、建物を平面的に描いた作品。

1908年から1912年まで、夏の間すごしたアッター湖畔でクリムトはカンマー城を5枚連作で制作した。その最後の作品が下の“カンマー城の庭園内の道”。これも大好きな一枚。目を奪われるのは道沿いに続く木。曲がった枝は様式化して描かれており、幹の力強いタッチはゴッホの絵を彷彿とさせる。

もう一点、点描法で装飾的に表現された“白樺の林”も忘れられない。ここには“ひまわりの園”といういい絵があるのだが、どういうわけか03年の訪問時は展示してなかった。番組の中で、1905~06年に描かれた“ひまわり”(個人蔵)は有名な“接吻”と似た構図をしているという指摘があったので、“ひまわりの園”を見逃したのが悔やまれる。

クリムトが風景画を制作したアッター湖はウィーンの避暑地。35歳の頃からクリムトはここで恋人、エミーリエ・フレーゲと一緒にすごし、何も煩わされることなく、木々、草花、果樹、家々、カンマー城を描いた。面白いことにキャンバスはすべて正方形。スポーツが大変好きだったクリムトは湖でボートを漕ぎ、そして、岸辺から離れたところにボートを止め、オペラグラスを使い、湖畔の家々やカンマー城を切り取った。

ゲスト解説をしていた美術史家、千足伸行さんの本、“もっと知りたいクリムト”(拙ブログ07/2/27)にクリムトの風景画の特徴、傑作“接吻”と“ひまわり”の関連が詳しく書かれている。ご参考までに

|

« サントリー美術館の水と生きる展 その二 | トップページ | もっと知りたいスペイン! その二 アントニ・ガウディ »

コメント

こんばんは。

私もクリムトの風景画が好きです。
クリムトが風景画?と戸惑う方もいらっしゃいますが
良い作品結構残しています。
フランスの点描画家とちがい
緑を基調にしているのも好きな理由の一つです。

投稿: Tak | 2007.07.17 22:41

to Takさん
クリムトの風景画はなかなか魅力ありますね。

次回、ウイーンを訪れたときは、番組で紹介さ
れた初期の“アッター湖にて”とレオポルト美術館
で対面し、そしてベルヴェデーレ美では前回な
かった“ひまわりの園”を観るのが必須になってき
ました。

投稿: いづつや | 2007.07.18 18:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クリムトの風景画:

« サントリー美術館の水と生きる展 その二 | トップページ | もっと知りたいスペイン! その二 アントニ・ガウディ »