« Toshi Yoroizuka のスイーツ | トップページ | 東近美平常展の抽象絵画 »

2007.06.05

プロ野球セ・パ交流戦

872プロ野球はセ・パ交流戦になると、パリーグが盛り返し、逆にセリーグが元気がなくなる。

今年は試合数が減り、各チーム24試合(4試合×6チーム)を戦う(6/24まで)。6/5時点では、日本ハムが絶好調で無傷の10勝0敗とトップ。2位はロッテで7勝2敗、3位は楽天、巨人、オリックスが6勝3敗で並んでいる。

サプライズはパリーグで最下位のオリックスがオーナーの怒りのチーム改造発言が効いたのか、3位に食い込んでいること。それにしてもセリーグのチームは勝てない。広島(3勝6敗)、阪神(3勝7敗)、横浜(1勝7敗)。パリーグのチームに負けようが、別に巨人ファン、阪神ファンが逃げるわけではないし、巨人中心のTV中継はそのままだし、東京ドーム、甲子園球場へは大勢のファンが足を運んでくれる。

セリーグの監督、選手は“プロ野球は人気が一番。交流戦が終われば、また同一リーグの対戦相手と真剣に戦い、がんばってペナントを握ればいい”とでも考えているのだろう。こんな能天気な精神状態だったら、野球ファンの関心は確実にセリーグからパリーグに移っていく。これは間違いない。

この傾向はもう、4、5年前から着実に現れている。日本シリーズでもパリーグが4連覇しているし、交流戦になるとパリーグの強さが目立つ。拙ブログで何回もふれたが、野球のレベルは現在はパリーグのほうが上。TVでパリーグの試合が見れないから、その実態がつかめないだけ。

野球の専門家に言わせると、パリーグの球場の広さも一因だという。東京ドームや神宮、広島球場のようにセリーグの球場は狭いため、ホームランがすぐでる。これに対し、広い札幌ドーム、福岡ソフトバンクドームではバッターはフルスイングしないとボールはスタンドにとどかないから、パワーアップをつねに心がける。

選手ひとり々をみてみると、パリーグのバッターのほうが体が強そうで、動きがスピーデイ。好調な日本ハムやロッテの選手、また、楽天の山崎などはベテランにしてホームランダービーのトップに立つという活躍ぶり。セリーグでは強靭さではピカ一の阪神金本や中日のパワーヒッター、ウッズがかすんでしまうほどパリーグにはパワーを感じる選手が多い。

強打者が多いと投手のレベルも上がっていく。パリーグは今、日本ハムのダルビッシュ、復活したロッテの小林、渡辺、ソフトバンクの杉内、西武の涌井、楽天の新人田中などいい投手がそろっている。これに較べるとセリーグは淋しい。今、セリーグでエースらしい働きをしているのは巨人の左の高橋尚と徐々に調子を上げてきた広島の黒田くらいなもの。

選手を起用する監督の采配とか選手とのコミュニケーションのとりかたはどうか。パリーグは3人の外人監督と野村、王、伊東。セリーグは原、落合、岡田、ブラウン、大矢、古田。監督のベンチでのエラさ度は明白にセリーグのほうが上。唯一大矢新監督だけはソフトに振舞っているが、ほかの5人は明らかにエラそう。

広島が今年頑張っているのはブラウン監督の選手との接し方が上手いからだとみている。バレンタイン、ヒルマンがやっているような監督=現場のマネージャーという大リーグ流心得で指揮をとっているからである。広島にいたのでよく知っているが、山本浩二監督はエラすぎた。もう昔スタイルのエラい監督のやり方ではダメなのである。

阪神の岡田監督は3年やって、ちょっと監督然としすぎているのではないかと心配している。巨人は怖いヘッドコーチがむしろ足をひっぱるかもしれない。勝っているときはいいが、チームのバランスが崩れたとき、元々エラい監督、コーチ体質がシミついた球団だから一気に選手がちじこまっていくリスクがある。

ヤクルトの古田は意外に人望がないのだろうか?このままだと大したこと無い監督で終わってしまう。中日のエラい落合が監督の責任をあまり一人で考えすぎると、今年は巨人に優勝をさらわれるかもしれない。原のあの笑顔とはしゃぎぶりは長嶋監督級だから、これは勝っているときはチームの大きな力になる。さて、後半どうなるか?

|

« Toshi Yoroizuka のスイーツ | トップページ | 東近美平常展の抽象絵画 »

コメント

巨人は小笠原が加わったのが大きいですよね。
本人のフリーエージェント宣言は日本ハムで日本一になれたからふっきれたのかもしれませんね。
今週の「サンデー毎日」の野球コーナーを見ますと、小笠原に救いの手を差し伸べたのは打撃コーチの加藤英司とあります。
僕はこの人を知らないのですが、日ハムが上田監督時代のコーチでしょうか?
またこのコラムでは巨人が小笠原を獲得したのは、小笠原がグラウンド整備まで手伝う熱心さがあったためとかかれています。
交流戦のダルビッシュと小笠原の対戦面白かったです。

投稿: oki | 2007.06.07 22:12

to okiさん
加藤英司は上田監督とつながりのある名球会の
メンバーです。打撃コーチをしていたのは知りま
せんでした。

小笠原は今年ソフトバンクに戻った小久保と同様、
熱心な選手ですから巨人には大きな戦力でしょうね。
でも、巨人はトップが権力志向で、下は皆ヒラメ
ですから、プレイしている選手はのびのびプレイ
できないのではないでしょうか。

原の顔はさわやかですが、権威主義のところがあり
ますから、首位をキープできるかはわからないで
すね。中日が追い上げるような気がしますが。

投稿: いづつや | 2007.06.08 09:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球セ・パ交流戦:

« Toshi Yoroizuka のスイーツ | トップページ | 東近美平常展の抽象絵画 »