« 青山二郎の眼展 | トップページ | 青山時代1954-1970の岡本太郎展 »

2007.06.13

多士済々 日本人大リーガー!

881今年の大リーグは日本人選手が所属するチームでいい働きをしているので、インターネットやTVのスポーツニュースを熱心にみることが多い。

嬉しいニュースは昨年までジャイアンツにいた39歳の桑田がナリーグ・中地区のピッツバーグ・パイレーツの投手陣の一員になったこと。

オープン戦で足を怪我して、やはり無理な挑戦だったかなと思ったが、3Aでいいピッティングをして、見事大リーグで投げるという夢を実現させた。拍手々!評価された投球術のレベルをさらに上げて、長谷川のようにセットアッパーとして活躍してもらいたい。このチームのトレイシー監督は野茂がドジャースに戻って投げていたときの監督で、日本人選手の力をよく知っているから、これから登板の機会が増えてくるのではなかろうか。

今年もドジャースのリリーフをつとめている斉藤が今日もメッツ打線を抑え、18個目のセーブをあげた。いまや堂々たるリリーフエースである。西地区はパドレス、ドジャース、バイヤモンドバックスの3チームがゲーム差なしで並ぶという激戦地区。まだ65試合を消化したばかり。残り100試合熾烈な戦いが続く。プレーオフ進出目指して、ドジャースの守護神、斉藤の活躍に期待したい。

アリーグの西地区に目を転じると、イチロー、城島(左の写真)のいるマリナーズが予想に反してがんばり、現在首位のエンゼルスから3ゲーム差の2位につけている。最近
10試合は9勝1敗とチームは波に乗っている。今日のシカゴ・カブスとの交流戦で大活躍したのが城島。6打数3安打の固め打ちでチームの勝利に貢献するとともに、打率はイチローの0.333を抜き、リーグ全体で6番目となる0.335にあがった。

この成績だと、来月サンフランシスコで行われるオールスターに監督推薦で選ばれる可能性がでてきた。城島は日本でもいい成績を残していたが、投手陣のリードが試合数をこなすことで上手くいくようになり、高い技術をもっている打つほうでもチームを引っ張るスタープレイヤーになってきた。投手ではレッドソックスの松坂、岡島コンビだが、打者ではイチロー、城島のマリナーズが注目の的。

その投の目玉、松坂を元西武監督の東尾が本拠地のフェンウェイ・パークを訪れ激励したという。ここ数試合、負けが続いている松坂は東尾から“バッターに向かっていく姿がでてないぞ!”とハッパをかけられたようだから、次回のボンズがいるジャイアンツとの対戦ではいいピッティングをみせてくれるだろう。

松井の成績はパッとしないが、ヤンキースは今日も勝って7連勝。予想した通り、豪腕クレメンスが戻ってきたし、王建民の調子も上がっているから、チームは上昇モードに入った。現在、レッドソックスとの差は9.5ゲームとだいぶ離れているが、急速につまってくるような気がする。われわれが見たいのは松井の活躍でヤンキースが勝つこと。ガンガン打つ松井を早く見たい!

|

« 青山二郎の眼展 | トップページ | 青山時代1954-1970の岡本太郎展 »

コメント

こんばんは
実はこないだから我が家で「?」があります。
藪はどこへ行ったのでしょう。
調べてもよくわからなくて・・・。
今我が愛しの阪神タイガースは眠り猫状態ですので、
藪がリターンしてくれてもエエゾと思うております。
彼の消息はどうなったかご存知ですか?

投稿: 遊行七恵 | 2007.06.13 23:48

to 遊行七恵さん
タイガースのエースだった藪の名前がたしかに
消えましたね。昨年はオークランド・アスレティ
ックスの3Aで投げてたと思いますが、今年は
どこにいるのでしょうか?

もしユニフォームを脱いだのなら、日本のチーム
でコーチをする可能性もあるのですが、そんな
話しは聞きませんから、まだ現役でやってるの
でしょうね。

マイナーか独立リーグやメキシコ、中南米のリー
グ、どこで投げているのでしょうね?

タイガースファンは今、気が重そうですね。井川
の昇格はまだ先になりそうですね。でも彼は一生
懸命努力しますから、きっとレベルアップして
ヤンキースファン、日本のファンを喜ばしてくれ
ると思います。

投稿: いづつや | 2007.06.14 10:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多士済々 日本人大リーガー!:

« 青山二郎の眼展 | トップページ | 青山時代1954-1970の岡本太郎展 »