« モディリアーニと妻ジャンヌの物語展 | トップページ | ヤンキース井川 初勝利! »

2007.04.18

福島県立美術館のアンドリュー・ワイエス

802先月、福島市にある福島県立美術館を訪問した。ここで3/25まで開かれていた“山形美術館所蔵の名品展”を見るためである。

2年前出かけた山形美術館でルノワールなど質の高い西洋画に遭遇したのは東北旅行シリーズのいい思い出。

だが、一方でお目あての小松均作、“最上川源流図”が見れなかったのと、与謝蕪村の代表作のひとつを見逃すというヘマをやってしまったため、心の片隅に悔いのかたまりが残ったままだった。その2点が名品展に含まれているので喜び勇んで新幹線に乗ったというわけである。

山形市を再訪するのはちょっと気が重いが、福島だと埼玉県美へ行くのと気分的にたいしてかわりない。名品展は予想もしてなかった長澤芦雪のいい構図の絵や池大雅のユーモラスな画巻などとも対面でき、大満足だった。しかも、感激は特別展だけでは終わらない。福島県美のコレクションが充実しているのである。

この美術館のことはモネの“ジヴェルニーの草原”(モネ大回顧展に5月下旬から展示)でインプットされていたが、ほかにも彫刻(ジャコモ・マンズー、マリノ・マリーニなど)、西洋画、日本画に惹きつけられる作品がいくらもある。平常展は年に4回くらい展示替えをおこなっているようだ。

2/16~3/25の出品で足が止まったのは福島県生まれの洋画家、関根正二の作品。“自画像”、“風景”など7点あった。萬鉄五郎、松本竣介も1点ずつある。東近美の平常展を頻繁に鑑賞したせいか、最近、この3人の作品のすごさがわかってきた。

西洋画で一番の収穫はアンドリュー・ワイエス(1917~)の絵。2点でており、右は非常にインパクトのある人物画、“ガニングロック”(1966、水彩)。この画家の特徴である精密な写実描写に息をのむ。アメリカの寒村でよく働き質実に生活している農夫の感じがよくでており、何も描かれていない背景が髪の毛やしわをリアルに描いた横顔を浮かび上がらせている。

ワイエスの作品でちゃんと記憶しているのはNYのMoMAにある代表作“クリスチーナの世界”だけ。この人物画は“クリスチーナの世界”のように長く体にしみ込んでいくような気がする。青山ユニマットで現在、ワイエスの展覧会をやっているというから訪ねてみようと思う。

|

« モディリアーニと妻ジャンヌの物語展 | トップページ | ヤンキース井川 初勝利! »

コメント

私はワイエスの「ヘルガシリーズ」を観て、好きな画家になりました

今、丸沼芸術の森でワイエス展開催中です
http://marunuma-artpark.co.jp/

ここには行った事はないのですが、ここの所蔵品なのに、ここではでいっぺんには飾りきれない水彩を平塚市美術館で観たことあります
油彩に劣らない質の高い作品と思います

投稿: えみ丸 | 2007.04.18 22:48

こんばんは。
スペインの旅行記をたっぷり楽しませて頂きました。
アルハンブラ宮殿は憧れます。
こちらの福島県立美術館は、すばらしい物をお持ちなのですね。
今は、あの、鍋島だし、心動かされます。
ワイエスを青山ユニマットで見るつもりです。
ワイエスの超写実な画面から、ひたひたとした精神が溢れているところがたまりません。

投稿: あべまつ | 2007.04.18 23:01

to えみ丸さん
これまでワイエス作品をみた経験があまりないので
すが、この横顔の絵にすごく魅せられてます。で、
ご案内の丸沼芸術の森の展覧会に興味が涌いてきま
した。ここは沢山所蔵しているのですね。

東武東上線に乗ってミニ旅行気分で行って来ますか!
情報有難うございます。

投稿: いづつや | 2007.04.19 22:15

to あべまつさん
福島県美にはいい絵がありますね。感心します。
なかでもワイエスのこの絵が忘れられないので、
1ヶ月まえの鑑賞ですが、とりあげました。

青山ユニマットはまだ行ってないのですが、ワイ
エスが呼んでいるような気がしますので、近くに
行く機会がありましたら、寄ってみます。
ほかにどんな作品があるのか興味深々です。

投稿: いづつや | 2007.04.19 22:25

今日、丸沼芸術の森の展覧会に行って来ました
でも、残念ながら以前平塚で観た水彩画はなくて期待はずれでした

いづつやさんがワイエスの写真のような絵に惹かれるのなら、ヘルガシリーズ観て欲しかったな~

今日の感想blogに書いたので参考にして下さい
http://star.ap.teacup.com/aoisora/699.html

投稿: えみ丸 | 2007.04.24 22:18

to えみ丸さん
ワイエス情報有難うございます。ヘルガシリーズを
頭のなかに入れておきます。貴ブログを読まさせ
ていただきます。とりあえずは、青山ユニマット
あたりからワイエス通いを始めるつもりです。

投稿: いづつや | 2007.04.24 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 福島県立美術館のアンドリュー・ワイエス:

« モディリアーニと妻ジャンヌの物語展 | トップページ | ヤンキース井川 初勝利! »