« 甘美なる聖母の画家 ペルジーノ展 | トップページ | 永青文庫の白隠展 »

2007.04.30

パリへ 洋画家たち百年の夢

479480
以前、TV番組に出演した村上隆が“才能についてどう考えてます?”と問われて、“日本人は絵がほんとうに上手いと思う!これは鳥獣戯画などを描いた人から受け継いだDNAではないか”と答えていた。現在、東芸大美で開かれている“パリへ 洋画家たち百年の夢”(6/10まで)をみると、村上隆の言うとおり、日本人は絵を描くことに長けた民族だなとつくづく思う。

明治以降、西洋画の吸収と独自の画風を求めて多くの画家たちがパリをめざした。東芸大の創立120周年を記念するこの展覧会では東京美術学校とその後身の東芸大で学んだ画家たちの作品が数多く展示してある。普段、洋画鑑賞には日本画の半分のエネルギーした費やしてないが、今回は日本洋画壇のスター画家たちの名品が集まっているので、全身に力をいれてみた。

まだ見てない作品で関心を寄せていたのが目の前に現れた。黒田清輝の大作裸婦図、“智・感・情”(1897~99)。画集で頭のなかに入っていた絵だが、これほど大きな絵とは思わなかった。金地を背景にして、大柄な女性の体の輪郭を赤でひいており、アクセントをつけるため、ところどころその赤がゴールドに重ねられている。真ん中の印象主義を寓意する“感”の女性は顔がどことなく興福寺にある阿修羅像を彷彿とさせる。

上の藤島武二作、“女の横顔”(1926~27)はチラシでみたときから早く対面したと願っていた絵。理由は女性の横顔描きがとても様になっているのと、もうひとつ、このモデルに関心があったからである。藤島はイタリアルネサンスで定番となっていた横顔肖像画に想を得たのであろうが、日本の女性をつかってよくこんなに上手に仕上げたものである。ウフィツィ美術館にあるポライウォーロの“婦人の肖像”やボッティチェリの“シモネッタ・ヴェスプッチの肖像”(丸紅)と同様、見てて爽快な気分になる。

この中国服を着てモデルをつとめているのは竹久夢二の三番目の愛人、お葉。“絶世の美女”といわれたお葉(佐々木カ子ヨ)は1904年、秋田市の出身。13歳で東京美術学校西洋画科教授の藤島武二のモデルをつとめた。その後、15歳のころから夢二のモデルになり、下の代表作のひとつ“秋のいこい”(1920)ではさびしげで寄る辺のない若い女として描かれている。この絵は今年1月、千葉市美術館であった夢二展(拙ブログ1/27)に展示された。お葉は22歳のとき、夢二と別れ、再び藤島の作品のモデルになる。ポーラ美術館が所蔵する“女の横顔”はそのときの一枚。画集にはこれと同じ中国服スタイルの横顔画、“芳恵”(個人蔵)が載っている。傑作といわれる“芳恵”にいつかお目にかかりたい。

このほかで魅せられたのは、これぞ日本の古典画ともいうべき名画、山本芳翠作“浦島図”と和田英作の“野遊”、安井曽太郎の“婦人像”、梅原龍三郎の“竹窓裸婦”、林武の“ノートルダム”、里見勝蔵の“室内(女)”。いい絵を沢山見たという充実感が心のなかにひろがる展覧会であった。

|

« 甘美なる聖母の画家 ペルジーノ展 | トップページ | 永青文庫の白隠展 »

コメント

初めまして。いづつやさんの記事はとても勉強になるので、いつも拝見しています。今回TBのご挨拶をと思い書き込ませていただきました。まだまだ美術鑑賞の初心者ですが、もしよろしければ拙ブログもご覧いただけると幸いです。

特に最近の記事に4/28に開館したばかりの「横須賀美術館」の記事を載せました。ぜひご覧くださいませ。また寄らせていただきます。これからもいづつやさんの記事を楽しみにしています。

投稿: まれ | 2007.05.06 12:49

to まれさん
はじめまして。書き込み、TB有難うございます。
拙文をいつも読んでいただき感謝申し上げます。
これからもよろしくお願いします。

横須賀美術館が開館したそうですね。家からクルマ
でそう時間がかからないところに出来たようなので、
近々訪問しようと思ってます。開館記念展というの
はいい作品が出てきますから見逃せませんね。
貴ブログにもおじゃまさせてもらいます。

投稿: いづつや | 2007.05.06 22:00

こんばんは
遅ればせながら楽しんできました。
武二のルネサンス風な美人画すきです。
『芳恵』も素敵ですが、『東洋振り』もいいですよ。
こちらは今度の日展百年に出るようですが。
お葉さんはあと伊藤晴雨のモデルにもなってますが、
いくつか見ましたが、やはりよかったです。
晴雨は清方ばりの美人を多く描きましたが、お葉さんが
モデルのときはまたイメージが異なりました。

わたしは今回初めて里見に「!」となりました。

投稿: 遊行七恵 | 2007.06.14 22:20

to 遊行七恵さん
日展百年展(国立新美、7/25~9/3)のチラシ
に出ていたのは“東洋振り”というのですか!だぶん、
武二の絵だろうなと気になっていたところでした。
七恵さんのお墨付きだと目に力がはいりますね。

七恵さん同様、武二の絵では風景画より女性画のほう
に関心がありますので、この絵を見るのが楽しみです。

また、この日展には追っかけている絵、静岡県美が
もっている中村岳陵の“残照”がでてきますから、
今からワクワクしてます。

投稿: いづつや | 2007.06.15 11:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: パリへ 洋画家たち百年の夢:

» 東京藝術大学大学美術館 『パリへ 洋画家たち百年の夢』 [まれの美術鑑賞]
日本人洋画家の名前をすこし覚えるようになってきて、 近代洋画はちょっとマイブームなのです。 この東京芸大の展示はグッドタイミングで楽しめました。 やはり芸大の歩みを抜きにして近代洋画は語れないでしょう。 黒田清... [続きを読む]

受信: 2007.05.06 12:38

« 甘美なる聖母の画家 ペルジーノ展 | トップページ | 永青文庫の白隠展 »