« 大リーグキャンプイン | トップページ | 両洋の眼展の絹谷幸二 »

2007.02.18

プロ野球キャンプ 楽天・田中将大投手への期待!

705日本のプロ野球のキャンプはすでに20日経過し、チーム全体でのトレーニングは残り少なくなった。3月に入ると実践形式のオープン戦に突入する。

昔のフジテレビはキャンプに多くの解説者を派遣し、時間もかけて各チームの練習状況をレポートしていたから、選手の仕上がり具合などの情報が豊富に入っていた。が、今はそんな時代ではなく、お笑い系の番組を優先し、プロ野球にかける時間も少ない。で、集まってくるキャンプ情報も新聞や各社のスポーツ番組から得た浅いものばかり。

長いこと野球をみてて何年経っても変わらないなと思うことがある。このキャンプでの解説者と現場の監督やコーチとの会話くらい当てにならないものはない。解説者もヨイショや提灯コメントが多いが、現場の分析もだいたい甘い。どこの球団とは言わないが、下位チームの投手、打撃コーチの口からは“今年の○○投手はいいよ、例年より仕上がりがいいのではないの!”とか“サードの△△は成長したよ、内角や変化球についていけるようになった、よくバットを振ってるし”。。

だが、開幕すると2ヶ月経っても勝ち星はつかず、打撃はさっぱり。あの褒め言葉はどこへいったの?ということが多い。日本のプロ野球では現役でいい成績を残した選手がいきなり一軍の投手コーチや打撃コーチに就任して、コーチ業のイロハも勉強せずに現場を指導するので、上手くいくケースが少ない。でも、最近はロッテのバレンタイン、日本ハムのヒルマン、オリックスのコリンズ、カープのブラウンなど米国人監督がむこうから子飼いのコーチを連れてきたりするから、この監督たちの周辺にいるコーチは以前と違っていろんなことを勉強しているかもしれない。

強いチームには監督を支えるいいコーチが必ずいる。優秀なコーチや監督に出会った選手は幸せである。あのイチローは最初の土井監督には使ってもらえなかったが、仰木監督に見出されて一躍その才能を開花させた。大リーグのデビルレイズに入団した岩村は打撃コーチなら超一流の往年の強打者、中西太に指導してもらい打撃技術が向上した。そして、楽天の野村監督は古田を日本一のキャッチャーに育て、高津にシュートを覚えさせたり、近鉄からヤクルトに移籍してきた吉井にピッチングの組み立て方を教えるなど多くの選手をバックアップしてきた。

中日の落合監督はファンサービスに欠けるのが残念だが、指導力は相当なものではないかと思う。何しろ打撃に関しては現役のとき超一流だったから、指導される選手は監督から“今、お前より上手く打つ奴はどこにもいない。自信もってやればいいんだ。絶対打てるから”とか言ってもらうと、勇気百倍ではないだろうか。福留などはいつも“お前がNO.1のバッターだ”なんて褒められているのだろう。

野村監督のことを“ぼやいてばかりいる”とか“暗い”とか勝手なことを言ってる解説者や野球評論家がいるが、野村監督はヤクルトを3度も日本一にした実績のある秀れた指導者である。その監督のもとで新人の田中将大投手(駒大苫小牧高)がトレーニングに励んでいる。マスコミは“今日の楽天のマー君は紅白試合に2イニング投げて。。。”と連日追っかけまわす。野村監督も抜け目なく“田中は松坂の後継者や”とPRしている。甲子園でみせたダイナミックなフォームからくりだすスライダーやストレートに磨きをかけてどんどん成長して欲しい。

プロスポーツは規格外の才能をもった新人が現れ、スーパーなプレイを見せてくれなければ盛り上がらない。田中投手は性格もよさそうだし、マスコミへの応対も気持ちがいい。野村監督という名伯楽の指導を受け、大きな投手になってもらいたい。頑張れ、マー君!

|

« 大リーグキャンプイン | トップページ | 両洋の眼展の絹谷幸二 »

コメント

規格外の新人というのはどの世界にもいるものですが、
ジェニファー・ハドソンの出現ほど我が人生で吃驚したことはありません。
全くの無名が実績ある俳優の演技を喰っちゃって一人で目立ってしまったんですから、
例えて言えばマイルスバンドに入社した初の白人ピアニスト、エバンスみたいな存在かと思っています。
彼は以降のピアニストに多大な影響を与えましたが、彼女の歌も共演者にすごく影響を与えたと監督が言ってます。

ハドソンとマー君に栄光あれ!

投稿: ジバゴ | 2007.02.18 19:09

to ジバゴさん
こんばんは。二日前深夜のBS1で今年のアカデミー賞の
予想を映画評論家の品田雄二がやってました。それに
よると、助演女優賞は“ドリームガールズ”のジェニ
ファー・ハドソンが獲るのではないかと言ってました。

フィルムも流れ、ハドソンをみました。俄然、どんな
新人か興味が涌いてきました。もう劇場に行くしかあり
ません。

マイルスとビル・エバンスの競演、懐かしいですね。
1960年代末、マイルスの“ビッチェズ・ブリュー”
に参加したソプラノサックスのウェイン・ショーター
も凄かったですね。マー君もスーパー新人になっても
らいたいです。

投稿: いづつや | 2007.02.18 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球キャンプ 楽天・田中将大投手への期待!:

« 大リーグキャンプイン | トップページ | 両洋の眼展の絹谷幸二 »