« 棟方志功と文学 | トップページ | 丹波古陶展 »

2007.02.02

日本美術が笑う展

681
680
森美術館で開催中の“日本美術が笑う展”(5/6まで)に予想を上回るいい絵が出ていた。笑いの表情が大昔の土偶や埴輪にみられることに驚かされる。でも、争いごともそう熾烈でなく、木の実や魚を食べたり、歌をうたい踊りを楽しんだりして生きていたのだから、笑顔の人間を造形するのはごく自然な創作行為だったかもしれない。

中国画によく描かれた“寒山拾得図”は会期中に6点でることになっているが、お目当ての狩野山雪のものが初日には出てなかった。係員に聞くと3/21から登場するらしい。ふにゃっとなった気持ちをすぐ立ち直らせてくれたのが長澤芦雪と伊藤j若冲の“寒山捨得図”。芦雪の絵からは二人の仲の良さが伝わってくるのに対し、上の若冲のは子供顔の捨得がうずくまっているのは可愛いにしても、寒山の姿は一見人間だろうかと戸惑うくらいデフォルメされている。

江戸の絵画のなかに思わず笑ってしまう絵がいくつかある。まず、英一蝶の“一休和尚酔臥図”。手桶をもっている男に較べて眠りこけている一休和尚のデカイこと。一蝶の頭のなかには大江山の酒呑童子があったにちがいない。この絵を所蔵する板橋区立美術館からはもう一点“酔李白図”が出品される(3/21~5/6)。これは昨年みたが、まさに“THE笑う日本画”。同じ笑いでもちょっと不気味なのが曽我蕭白の“仙人図”。手に亀をもち舌を出して笑う仙人。無頼派、蕭白の手にかかると仙人はまさに真正の妖術使いに変身する。

下の白隠が描いた“布袋すたすた坊主図”は長らく追っかけていた絵。やっと会えた。上手い絵ではない。墨の線はたどたどしく二重になったりしてるところもある。でも、超二頭身のはだか坊主の姿がユーモラス。これは手に笹と手桶をもってすたすたと走り、物乞いをしているところ。今回、駿河自慢に“富士の御山と白隠さん”と謡われた白隠の禅画が7点あった(期間中にあと5点でてくる)。はだか坊主のほかで観入ったのは“蛤蜊観音図”と大作“七福神と鼠の正月図”。鼻が大きく馬面の蛤蜊観音の下で拝んでいる人たちの頭にたこ、えび、タツノオトシゴなどが乗っかっているのが面白い。

最後のコーナーに愉快な“三福神吉原通い図巻”が展示してある。これを描いた浮世絵絵師は鳥文斎栄之。最初の柳橋で恵比寿、大黒、福禄寿が舟に乗り込む場面と俯瞰の構図で描かれた隅田川の一部しか見れないが、ビデオに全場面が流れるので、吉原で自分も三福神と一緒に遊女と宴を楽しんでいるような気分になる。三福神がいつもふくよかな笑みをたたえていたのは吉原へ毎晩通ってたからだったのか!納得した。

展示替えのリストをもらったので、もう一回出かけるつもり。ワクワク度の一番は4/18から展示される芦雪の“岩上猿・唐子遊図屏風”と狩野典信の“大黒図”(これは3/21から)。

|

« 棟方志功と文学 | トップページ | 丹波古陶展 »

コメント

僕は河鍋暁斎の「放屁合戦絵巻」に笑ってしまいました、いや暁斎は尋常ではないですね。
日本民藝館が「浦島物語絵巻」とか所蔵しているのですね、何でも集めたのですね柳一派は。
現代美術もフルクサスから入るところがいいですね。
六本木トライアングルにますます期待してしまいます。

投稿: oki | 2007.02.02 21:51

to okiさん
放屁合戦絵巻はいろいろなヴァージョンがあります。
暁斎はこの手のものは得意ですね。民芸館の浦島も
素朴な味ですね。後半にもお目当ての作品がでます
から楽しみです。

投稿: いづつや | 2007.02.03 10:32

こんにちは。
TBありがとうございました。

いづつやさんをも唸らせる展覧会。
やってくれましたね。
明日お会いした時にまたゆっくりと。

投稿: Tak | 2007.02.03 14:38

to Takさん
森美術館がちゃんとした日本美術の企画が出来るとは
驚きです。ですが、展示替えリストを入り口のところ
に置かないで平気でいるのはいつもの体質ですね。

ここは観客本位でないのであまり行きたくないのですが、
展覧会の質はなかなかいいので余計なことに気をまわ
さず、作品に集中しようと思ってます。

投稿: いづつや | 2007.02.03 22:10

TBとコメント有難うございました。

山下先生は、大学時代に授業を受けてからもう大ファンです。
若冲、芦雪、蕭白と、わたしのお好みがいっぱいあって、幸せでした。

若冲が酒席でざざっと墨描きした「笑う全身骨格」も一緒に並んでいればいいのに、と思いました。

投稿: マユ | 2007.02.14 10:00

to マユさん
書き込み有難うございます。若冲、芦雪、蕭白が好き
な方とお話しができることを喜んでいます。

今回あった若冲の“布袋図”のまんまるした体躯と
“お福図”の笑い顔に思わず笑みがこぼれますね。
これからもよろしくお願いします。

投稿: いづつや | 2007.02.14 17:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本美術が笑う展:

» 「日本美術が笑う展」 [弐代目・青い日記帳 ]
森美術館で開催中の 「日本美術が笑う」展 縄文から20世紀初頭まで 若冲、白隠、円空、劉生ーに 行って来ました。 『奇想の系譜』の辻惟雄先生から連綿と受け継がれる(といってもここ数十年ですが)日本美術を楽しく愉快に観ていこうという流れのある意味「到着点」のような展覧会です。 辻先生のお弟子さん小林忠先生、山下裕二先生が展覧会アドバイザーをされているのとすぐさま感じ取れる展覧会でもあります。これに安村敏信氏(板橋美術館館長)や矢島新氏(松濤美術館館長)といったお馴染みのメンバー... [続きを読む]

受信: 2007.02.03 14:36

» 笑いトーク・スペシャル「日本美術応援団、展覧会を笑う」 [弐代目・青い日記帳 ]
森美術館で開催された「日本美術が笑う」展パブリックプログラム “笑いトーク・スペシャル「日本美術応援団、展覧会を笑う」”に参加して来ました。 (「日本美術が笑う:縄文から20世紀初頭まで」展 関連イベント)   日本美術応援団として有名な? 赤瀬川原平氏(作家、美術家)と山下裕二先生(明治学院大学教授)による トークショーが森美術館の展覧会会場で行われました。 日本美術応援団 赤瀬川 原平,山下 祐二 およそ90分に渡り、今回出展されている作品の解説?や見所?を... [続きを読む]

受信: 2007.02.03 14:38

» 森美術館【日本美術が笑う】展。 [Sweet Dadaism]
 六本木ヒルズというところはとても動線が悪くて、私はあまり好きではない。だが、今回ばかりはそんな我が儘を言っている場合ではなかった。山下裕二先生がアドバイザーを務めた企画展示【日本美術が笑う】が開催されている。行かねばなるまい。いや、行かずしてなんとする。  基本的に私は美術館の中で無邪気におおはしゃぎするものだが、今回ほどに始終くつくつと笑い続けた展覧会は過去にない。大満足で帰宅したのだ�... [続きを読む]

受信: 2007.02.13 21:48

« 棟方志功と文学 | トップページ | 丹波古陶展 »