« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007.01.31

宮川長春の風俗図巻

6781/16からいくつかのコーナーで展示替えがあった東博の平常展にいい作品がでている。

更新したパスポート券で平常展を昨年以上にフルにみようと意気込んでいるが、2階と1階にある絵画はセクション毎に展示の期間が異なるため、HPでしっかり展示期間をみていないと貴重な名画をうっかり見逃すことにもなる。

正面向かって右側の展示室にある仏画や水墨画、絵巻などは1/16から2/25まで、そして左側の浮世絵は回転が速く、展示は1/16から2/12まで。

室町時代に制作された“浜松図屏風”(重文)は2年ぶりの登場。この屏風には見所が一杯ある。名前を“四季花鳥図”と変えてもいいほど画面の下半分に小鳥が沢山描かれている。数えてはいないが50羽以上いるかもしれない。しかも羽根を広げて飛んでいる鳥が多く、また首のあたりが真っ赤な鳥がいるのでとても賑やかで動感がある。なんだか動物園の大きな鳥かごのなかにいるよう。上の方には洲浜で網を引く漁師や狩装束の武士がいるが、ここでの主役は四季折々の草花や緑の松の木、水辺に遊ぶ鳥たち。日本画のなかでは一番惹かれる鳥の絵である。

この屏風の隣が狩野元信の大作、“太公望・文王図”(重文)。これはもと大仙院方丈の障壁画の一部で、いくつかある障壁画を断続的に展示している。比較的色は良く残っているのに、この絵のコンディションはあまり良くない。

浮世絵のコーナーは名作が多い。目を惹くのが北斎の“富嶽三十六景・尾州不二見原”にみられる大きな桶枠がでてくる“新版大道図案 本所”と焼けた鉄棒を鍛造している“同 佃島”。広重も2点いいのがある。大胆な構図が魅力の“名所江戸百景・亀戸梅屋敷”と梅の木と鳥の配置が絶妙な“梅に小鳥”。

今回夢中になって観たのがある。それは肉筆画専門の絵師、宮川長春が描いた右の“風俗図巻”。2年くらい前にでた。色が鮮やかなのと、衣装の紋様が実に精緻に描かれているので画面に釘付けになる。また、黒髪や着物の輪郭線に金泥を使い、女性を一層華やかにしている。右は大名屋敷に呼ばれた女舞の一行が御簾の中から見物する奥方の前で“傘踊り”を披露しているところ。

うぐいす色の傘をぐるぐる回す芸人の肘にみえる飾りの赤い布が小刻みに揺れ、芸人のリズミカルな動作が伝わってくる。後ろで三味線を弾いてる女たちと前の踊り手の配置は英一蝶の“布晒舞図”(遠山記念館、拙ブログ06/12/1)とそっくり。“布晒舞図”とともにMy好きな風俗画に入れているこの絵と再会できたのは無上の喜び。今回の浮世絵コーナーは特別良かったような気がする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.01.30

オルセー美術館展 そのニ

676_1
677
今回の展覧会には“19世紀 芸術家たちの楽園”というタイトルがついている。140ある作品をどういうくくりでどういう順番で並べるかは学芸員の腕に見せ所だが、傍からみてるとこれは頭を悩ます作業だなと思う。

写真と彫刻、陶器を横において絵画だけでみると、人物画と風景画をどう仕分けるかである(今回静物画はない)。ここでは人物画を女性中心の“親密な時間”と男性画が多い“芸術家の生活ーアトリエ・モデル・友人”に分けている。昨日触れたマネが描いたモリゾの絵は後者のコーナー。モリゾがマネの画法から解き放され、自立した一人の画家として描いた“ゆりかご”が入場してすぐのところに飾ってある。こういういい絵がいきなり出てくると見る側はすぐ“流石、オルセー、来てよかった!”ということになる。

さらに進むとホイッスラーの大作、“灰色と黒のアレンジメント第1番、画家の母の肖像”が待っている。この絵は画集によく載っているホイッスラーの代表作の一つ。老人にすごい存在感を感じるのは真横から描いているのとドレスの黒と壁に掛けられた絵の額縁の白とがいいコントラストになっているから。この絵が登場するイギリスのコメディアン、Mr.ビーンの映画を思い出しながら眺めていた。構成に浮世絵の影響がみられるヴァロットンの“ボール”にも惹きつけられた。真っ赤なビボールを追っかける女の子にあたる強い光と黒い影に思わず目が釘付けになる。

今回、風景画はグッとくるのがいくつもある。モネはお馴染みの“アルジャントゥイユの船着場”、“ベリールの岩、打ちつける波”、“ルーアン大聖堂”の3点。収穫だったのが上のマネの“ブーローニュ港の月光”。大きな絵である。驚くのは画像ではあまり伝わらないが、船や船員の影の黒と大胆な対比をなす海面と満月の白の輝き。そして、ピンク色の小さな塊で表現された遠くの煙突から出る炎や建物の明かりがアクセントとなり画面を引き締めている。また、白い波しぶきが揺れる青い海のなかを進むボートを高い視線から、斜めに見下ろすように描いた“アンリ・ロシュフォールの逃亡”にも足がとまった。

点描法で描かれたいい絵が3点ある。スーラの代表作のひとつ、“ポール=タン=ベッサンの外港、満潮”、シニャックの“レ・ザンドリー、河堤”、そしてベルギー人画家、レイセルベルヘが描いた下の“舵を取る男”。お気に入りは広重風の構図で激しい波のうなりを迫力満点に描いた“舵を取る男”。切り立った山々のように反り返る波面を仔細にみると白の点々にピンクの点々が混じっている。帆と船縁をトリミングして、右端に舵を取る男をとりこんで中央に動感あふれる波をもってくる構成が見事。レイセルベルヘは11880~87年、パリに滞在した五姓田義松と知り合いになり、日本の浮世絵や水墨画に関心をもつようになったという。広重や北斎のハットする構図の風景画を見慣れてるわれわれでもこの絵には唸ってしまう。

名画を沢山展示してくれたオルセー美術館に感謝々である。

<展覧会プレビューの更新>
最近入手した下記の展覧会を追加した。
4/21~6/24    水の情景展           横浜美術館
5/20~6/19    会田誠・山口晃展       上野の森美術館
5/29~8/26    パルマ もうひとつの都展   国立西洋美術館

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.01.29

オルセー美術館展 その一

674
675
待望の“オルセー美術館展”(1/27~4/8、東京都美術館)をみてきた。初日の10時なのにもう作品の前はゆっくりでないと進めない。日本には印象派の好きな人が沢山いるから、これくらいの入場者は当たり前かもしれないが、今回はとくにいい絵が揃っていることもあり、混雑しているのだろう。

99年横浜美術館であった“セザンヌ展”にはオルセーから超一級の“カード遊びをする人々”や“りんごとオレンジ”がやってきてわれわれを楽しませてくれたが、今回のオルセー展はこれを上回る質の高さ。セザンヌの“サンク=ヴィクトワール山”をはじめ、マネ、モネ、ゴッホ、ゴーギャン、スーラらの美術本や館の図録に載っている代表的名画がずらっとあるのだからたまらない。05年10月の“プーシキン美術館展”のときと同じくらい感動した。

一番のお目当てはマネの“すみれのブーケをつけたベルト・モリゾ”と上のゴッホの“アルルのゴッホの寝室”。近代の女性画で誰の絵が好きかと問われると、“ルノワール!”とすぐ答えるが、そのあと間をおかず“マネも同じくらい好き!”をつけ加えることにしている。この美人のモリゾを描いた作品はサン・ラザール駅を背景に女性と女の子を描いた“鉄道”(ワシントンナショナルギャラリー)、パリの有名なナイトクラブで働く女給を画面真ん中にどんと配する“フォリー=ベルジェールの酒場”(ロンドン、コートールドコレクション)とともにMyマネ女性画ベスト3の絵。色は顔の肌色と帽子と服の黒だけだが、その黒が左から光があたる美形の顔をより引きたてている。パリに行かなくてこの名画が観られるのだから、最高に嬉しい。

そして、大好きなゴッホの“アルルの寝室”も目の前にある。この絵は思い出深い。絵自体に大感激したが、購入した図録の画像の色が実際の色をよく写していたので、それこそ紙に穴があくくらい見続けた。ベッドや椅子には影が無く、平面的に描かれている。この絵で目を奪われるのはなんといってもベッドや壁の明るい黄色や青色。床の手前から窓際にむかって引かれたうす紫の細長い色面はところどころ塗料がはげて地が見える。この質感が実にいい。

アルルで最初に描いた“寝室”は現在、アムステルダムのゴッホ美術館にある。オルセーにあるのはこの絵のレプリカ。画家が自分の描いた絵を模写したのをレプリカという。ゴッホはこれを2点制作し、シカゴ美術館とオルセーが所蔵している。オルセーの“寝室”はもともと日本の松方コレクションの一枚だった。第二次世界大戦で日本は負けたので、フランスがパリにあったこの絵を手に入れた。戦後の交渉でルノワールの“アルジェリア風のパリの女たち”とゴッホの“寝室”はセットで返還を要求したが、“寝室”はゴッホの作品が少ないという理由で却下されてしまった。フランスはこの“寝室”は絶対手放したくなかったのだろう。

下の絵ははじめて見るポン・タヴァン派の旗手、ベルナールの“日傘を持つブルターニュの女たち”。モザイク画みたいに画面を水平あるいは垂直に分割したり、緩やかな丸い面に分け、女や木々、地面を明るい緑、青、黄色で彩色している。自然を忠実に模写しようとする印象派に対抗して、ゴーギャンやベルナールたちが唱えた新しい表現方法が総合主義。自分が感じたものを単純かつ平板な形にし、輪郭線をとり強烈な色で装飾的に描いた。先駆的な表現主義による絵画制作である。

ゴッホの“寝室”の隣にある総合主義の手法で描いた“アルルのダンスホール”は一瞬、ベルナールの絵ではないかと錯覚する。ゴッホ、ベルナールの作品に大満足であった。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007.01.28

カラヴァッジョ vs レンブラント

672
673
本日の新日曜美術館はカラヴァッジョとレンブラントをとりあげていた。番組の予定表を一ヶ月前入手したとき、ひょっとすると昨年2月から6月までアムステルダムにあるゴッホ美術館で開催された“カラヴァッジョ vs レンブラント展”を事後編集して見せてくれるのかなと胸が高まった。過去にも、シカゴ美術館であった“ゴッホ vs ゴーギャン展”をベースにした番組を制作したことがあるので、二番煎じの可能性があるかもと思ったのである。

が、この予想は大ハズレ。レンブラント好きとして映画監督の山本晋也、かたやカラヴァッジョ好きの代表はなんと司会者の壇ふみ。そして、野村アナウンサーも“レンブラントライト”の実演のモデルとつとめるという制作費が普段よりは安くあがるだろうなと誰がみてもわかる番組づくり。

専門家をゲストに呼ばないで、手作り感覚で大物画家のカラヴァッジョとレンブラントの絵の魅力を読み解いている。でも、番組自体は面白かったし、分析のセンスは上々。鑑賞の切り口をコンパクトにまとめており、カラヴァッジョとレンブラントの絵の特徴と魅力、そして画家の精神性をしっかりとらえていた。

この時期、なぜこの番組なのか?勝手に想像してみた。壇ふみ、野村アナ、プロデューサー、番組スタッフが集まる席でこんな会話があったのではないかと。。。

プロデューサー:“アムスであったカラヴァッジョ vs レンブラント展はかなり人気があったみたいね!この組み合わせでなんか一本つくりたいね。壇ふみさんはカラヴァッジョの大ファンなんですって?”

壇ふみ:“そうなんですよ。あまり胸張って大きな声では言わないようにしてるのですが”

プロデューサー:“カラヴァッジョの研究でいい本をお書きになった宮下規久朗さんをゲストに迎えると、レンブラントの先生もつれてこなくてはいけないなあー。。こうしよう、今回は専門家でなくカラヴァッジョは壇さんに語ってもらおう!”

壇ふみ:“ダメダメ、私のような素人では番組にならないですよ!”

プロデューサー:“カラヴァッジョは今、イタリア人の間ではダビンチやラファエロより人気の高い画家です。日本でもそういう目でカラヴァッジョを見ている人が増えていると思いますから、壇さんが素直にカラヴァッジョの魅力をしゃべっていただくほうがいいんですよ”

壇ふみ:“本当にいいのね、後からクレームがきても知りませんよ。で、レンブラントはどなたにされるのですか?専門の美術史家みたいなエライ方ではレベルが違って話しが噛み合いませんよ”

プロデューサー:“いい人がいるんですよ。映画監督の山本晋也さん。レンブラントライトはお手のものだし、レンブタントがお好きだと伺っております。お相手の野村アナにはレンブラントライトの実演の際、モデルになってもらいます”

壇ふみ:“それはいいアイデアね。野村さんはイケ面ですからね”

野村アナ:“ええー、私がモデルになるの、だったら女優の壇ふみさんのほうがいいに決まってるではないですか”

壇ふみ:“わたくし、20年前でしたら即OKでしたが、今はお肌が。。わかるでしょ、野村さん”。

番組では二人の画家の絵の違いを観るポイント毎に代表作で具体的に説明していた。昨年4月、ローマのサンタゴスティーノ教会でみた上の“ロレートの聖母”の場合、聖母&イエスと下でひざまづいている民衆では光のあたる方向が違うという。壇ふみが言ってたように教会のなかでは聖母とイエスのところだけに強い光があたっている。

この絵と対照されていたレンブラントの“目を潰されるサムソン”は02年、京博であった“大レンブラント展”でみた。目ん玉を刺され血が吹き飛ぶ場面が脳裏に焼きついている。こんな傑作を日本でみられたのは幸運であった。

カラヴァッジョの絵は注文者から引取りを何回か拒否されている。“蛇の聖母”(拙ブログ06/5/20)もその一枚。自画像の比較に登場した下の“レンブラント自画像”は数ある自画像のなかでは一番威厳があり、堂々とした肖像画である。NYのフリック美術館でこれをみたときは衣装のゴールドの輝きに一瞬後ずさりした。

2年前訪問したハーグのマウリッツハイスでは念願だった亡くなる間際の自画像(63歳)が観れず、またカラヴァッジョがゴリアテの首を自分の顔にした“ゴリアテの首をもつダヴィデ”(ボルゲーゼ美術館)もゴッホ美への貸し出し中で会えなかった。いつかこの二つの絵が観られる日が来ることを強く願っている。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.01.27

千葉市美術館の竹久夢二展

671千葉市美術館で1/20から“竹久夢二展”がはじまった(2/25まで)。

03年、夢二の生誕120年を記念した回顧展が尾道市立美術館などで行われて以降、毎年のように夢二の展覧会がある。

04年は日本橋高島屋、05年は渋谷の東急東横(拙ブログ05/1/16)、そしてこの度はデパートではない千葉市美で320点の作品が展示される大回顧展。時代が竹久夢二の絵を求めているのか、多才なアーティスト夢二への関心がますます高まっている。

作品のなかには過去みたのもかなりあるが、好きな画家の場合、情報がダブルことはあまり気にならず、逆に好みの方向が馴染みの絵により固まってくるように思えるから不思議だ。だが、これもまわり(とくに隣の方)からみると“度が過ぎてる!”と映るかもしれない。ファンになった人間とまったく関心の無い人間との差はかくも大きい。

今回展示されているのは岡山市にある“夢二郷土美術館”所蔵のものが中心。ここへは一度訪問したことがあるから、どの代表作があるかはわかっている。残念ながらみられないのは屏風絵“一力”&“こたつ”くらいで、有名な絵はほとんどある。大きな絵では、チラシに使われている“秋のいこい”、右の“立田姫”、“遠山に寄す”、“大徳寺”、“旅の唄”&“邪教渡来”。

なかでも“立田姫”はお目当ての一枚。My夢二作品ベスト3は夢二式美人の代名詞ともなった“黒船屋”と“五月の朝”(06/6/8)、そしてこの“立田姫”。ぱっとみると変な立ち姿。首を180度ひねって顔をこちらにむけているのである。変だろうがなんだろうが、この白い顔が愛おしい。夢二の描く女性像がどうして十頭身になったのかわからないが、目の覚めるような赤の衣装をつけた立田姫からはオーラがでている。右にもっている扇子や頭に挿しているかんざしが金泥で色づけされ、帯の柄も華やかな紅梅模様。立田姫は農作物の豊作をつかさどる秋の女神。この絵は夢二が亡くなる3年前に描かれた。この女神像を“自分の生涯における総くくりの女、ミス・ニッポン”と語ったという。

千葉市美からも“宝船”(07/1/15)や浮世絵風の役者絵、“治兵衛”&“小春”など色が鮮やかないい絵はでている。見所満載の回顧展であった。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2007.01.26

大倉集古館の花鳥図展

670大倉集古館で現在、館所蔵の“花鳥図展”が行われている(3/18まで)。

中国の絵師やわが国の狩野派が制作した花鳥画、さらに大観や春草らによる花や鳥の絵のなかには、ハッと立ち止まるような優品がある。流石、大倉家の作品を見る目は高い。

今、東京ではここと松岡美術館(3/4まで)、そして東博(1/28まで)の三箇所で中国画を楽しみことができるが、大倉コレクションの中国花鳥画ははじめてみた。そのなかで明時代の作品、“墨梅図”に惹きつけられた。昨年、三の丸尚蔵館の“花鳥展”にも同じ水墨画家の絵があった。画面上へとのびる細い枝の配置と小さい梅の花が味わい深い。

室町時代、前嶋宗祐が描いた“鶏頭小禽図”は館自慢の一品。目を奪われるのは鮮やかな赤に染まる鶏頭の花。これを鉄棒の大車輪のように逆さまになって眺めている瑠璃色の小鳥の姿が面白い。4年前に出会って以来、絵師の名前は覚えてなくとも、この濃彩な赤は忘れることはない。狩野常信の“梅に尾長鳥・柳に黄鳥図”にも尾っぽを垂直に立てた白い鳥がでてくる。鳥のドキッとするポーズとともにぐっとくるのは柳や梅の木の曲がり方が狩野山雪の絵みたいに造形的な面白さを狙って描かれているところ。これまで観た常信の絵では板橋区立美がもっている“四季花鳥図屏風”とこの絵が特に気に入っている。

明治・大正の実業家、大倉喜八郎(1837~1928)が蒐集した近代日本画は質の高いことで有名。そのひとつ、横山大観の“夜桜”は3/13~18に公開される。今回展示してあった花鳥画は大観の“文鳥”、“寒牡丹”、“茶花”、菱田春草の“さつき”、橋本静水の“桃に鳩の図”、田中咄哉の“水鳥”、速水御舟の“鯉魚”。いずれも一度観たことがある。大観の3点は見慣れている大観の画風とはまったくイメージが異なる。余白をたっぷりとった清清しい感じのする花鳥画である。観てのお楽しみ。

右の御舟の“鯉魚”もいい絵。鯉が目の前にいるのではないかと錯覚するくらい精緻に描かれ、そして墨のたらし込みで水の揺らぎを表したり、鯉を浮かび上がらせるためにまわりを金泥で彩色するなど装飾的に処理している。後期に登場する小林古径の代表作の一つである“木莬図”(みみずくず)や竹内栖鳳の“蹴合”は大好きな絵であるが、何度も見たのでパスすることにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.25

菱田春草の雀に鴉

668
669
東近美の企画展は当分パスするつもりなので、楽しみはもっぱらお馴染みの平常展。昨年末から、ここも平常展は何度でも無料となる1000円のパスポート券を売り出したので、これからは格安で名品を楽しむことが出来る。これは有難い。

今回(3/4まで)の目玉は40mもある横山大観の“生々流転”が全部みられること。人気の絵なので例年でてくるが、いつも前期と後期に分けて展示されていた。そして、プラスαが豪華。“或る日の太平洋”や“南溟の夜”などここが所蔵する大観の名品をずらっと揃えたという感じである。が、“生々流転”(拙ブログ05/11/26)をはじめこれらの絵はこれまで何度もみたので、最後にさっとみるだけにした。

時間をかけてみたのは小林古径の大作、“機織”、岸田劉生の“五福祥集”、松岡映丘の“屋島の義経”、川端龍子の“金閣炎上”(06/1/13)、中村正義の“源平海戦絵巻・第一図”、そして上の菱田春草の“雀に鴉”など。このなかで、はじめての絵は“屋島の義経”。この義経と安田靫彦が“黄瀬川陣”で描いた義経とは随分感じがちがう。頼朝の前でひざまずく顔がきりりと引き締まった凛々しい義経に対し、屋島の義経は顔がふっくらしており、その立ち姿は美少年のイメージというよりは百戦練磨の実力武士といった風。顔の描写には違和感があるものの、松岡映丘の兜や鎧の鮮やかな色使いや精緻な紋様描写は見事である。

春草の“雀に鴉”を観るのは二度目。04年10月、はじめて対面したときの感動が蘇ってくる。鴉が一羽、雀が5羽しか出てこない右隻より、上の沢山の雀が枝にとまっている左隻のほうが観てて楽しい。今はこういう光景をみる機会はほとんどないが、小さい頃みた雀の大群はこんな風に小枝にとまってしばし体を休めていた。春草は小さい生きものに対する愛情が細やかで、枝と枝の間の余白を充分とり、一羽々の雀が美しく映るように描いている。

この絵を見るたびに思い出す絵がある。それは下の長澤芦雪が描いた“花鳥虫獣図”(千葉市美術館)。4mちかくある巻物で、その中に雀が沢山出てくる。昨年、京都と奈良で2回みたが、奈良県美の“応挙と芦雪展”に出てたのは子犬が描かれた場面で、残念ながら雀には会えなかった。こちらの雀はまるまるしてとても可愛らしい。花鳥画を得意とする画家はごまんといるが、雀描きの名手は芦雪と春草。芦雪が描く雀は元気がよく可愛い。そして、春草の絵に登場する雀は美しく、ときには寂寥感を漂わせている。

雀は鳥の中では最も身近な存在で羽の色も綺麗ではないのに、これほど観る者をいい気持ちにさせてくれるのは芦雪と春草の心根が優しく、愛情に満ちているからだろう。今回の平常展も○だった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.01.24

川村記念美術館のステラ・コレクション

666
667
川村記念美術館の平常展にステラの作品が展示されるのを2年半近く待っていたが、やっと現在開催中の“コレクションハイライト展”(3/11まで)に登場した。ここがステラのコレクションでは世界的に有名なことは随分前からわかっていたのに、横浜を離れていたこともあり、作品を観る機会が長いこと無かった。今回所蔵する大作17点、版画30点のなかから版画以外の13点がいつもは企画展で使用される展示室に制作された順に並べてあった。

図録で眺めていた作品が目の前にある。嬉しくてたまらない。いずれも大きな絵や立体作品。ステラは1958年、ミニマルアートの先駆的な作品、“黒の絵画”でデビューした。黒色のエナメル塗料で描かれた単純なストライプを反復させる“ブラックシリーズ”は18点制作されたが、その一枚“トムリンソン・コート・パーク”(1959)がある。当時はポロックらの内面の感情や情熱をカンヴァスにぶつける抽象表現主義の絵画が主流だったから、この絵はすぐには受け入れてもらえなかった。

その隣の“ポルタゴ侯爵”(1960)は描く形に合わせて、カンヴァスの形を変えた作品。ストライプを途中で横にズラすためにできた余白をステラは切っちゃったから、カンヴァスの4辺は中央が中へ凹んでいる。橙色の“タンパ”(1963)はこのシェイプト・カンヴァスの典型的な作品。ステラは“色と形で表現された直接の衝撃や瞬時のインパクト”を絵画に追い求め、喜びとか悲しみといった感情や情熱を作品の中にもちこむのは極力排除しようとしたから、カンヴァスだって、要らない余白はスパッとカットしてしまう。

モノトーンからカラフルな正方形や円弧の色面にシフトした作品が3点ある。目の覚めるような赤、黄、青の三原色や橙、緑、紫など色彩の競演に気分は一気にハイになった。“同心正方形”(1964)、“フリン・フロンⅡ”(1968)、そして上の“ヒラクラⅢ”(1968)。長らく待っていたのはステラの図抜けた色彩感覚が全開したこれらの絵なのである。ダーツの的のような円形がペアになっている“ヒラクラⅢ”は分度器シリーズのひとつ。福岡市美術館にも一番外のピンクの色面が印象深い“バスラ門Ⅱ”(1968)がある。また、“フリン・フロンⅡ”と似たフォルムと色使いの“リヴァー・オブ・ポンズⅣ”を愛知県美術館が所蔵している。

下の“アカハラシキチョウ”(1979)は半立体作品。壁から子供が遊ぶ飛び出し絵本のようにゴールドやシルバー、ラメで装飾的に彩られた柔らかい曲面のパーツや網目のようなものが出ている。そして、裏面にも丁寧に彩色したり、表面にガラスを貼るなど複雑な細工が施されている。他にも同じような大型コラージュというか半立体作品、“スフィンクス”、“モスポート”、“恐れ知らずの愚か者”がある。

ステラは新しい作品にどんどん挑戦する。館の入り口のところにある“リュネヴィル”
(1994)は高さ7m、重量は30t以上もある巨大彫刻。館が発注してつくってもらったそうだ。念願のステラ作品を観たので、足取りも軽くこのグロテスクな作品を横目に観ながら家路についた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.01.23

ブランクーシの接吻

665ブリジストン美術館の所蔵展、“じっと見る 印象派から現代まで”(1/2~
4/8)をみた。

西洋絵画の常設展示では東近美にある作品を見る機会が多いが、昨年からブリジストン美の名作を定期的に見るようにしている。今回、図録で済みマークのついてない作品が数点展示してあった。このペースでいくとあと一、二回で全点見終わるかもしれない。

出品作は何回も観ている馴染みのものばかりだが、作品の前に立つたびにいい気持ちになる。こんな経験は倉敷の大原美術館とここだけ。古典絵画は無いが、印象派や近代から現代絵画まで名画が揃っているからだろう。近代西洋絵画の流れを追ってじっくり鑑賞したいときはここへ来るのが一番だ。

まず、コローの“森の中の若い女”と対面する。いつもながらの人懐こい笑顔につい声を返したくなる。ルノワールはなんといっても青い衣装と白い肌が目に心地よい“すわるジョルジェット・シャルパンティエ嬢”。ここにある男性肖像画でお気に入りはセザンヌの“帽子をかぶった自画像”。全体は渋めの色調だが、赤茶色の横顔が強く印象に残る。これは隣に飾ってある“サンク=ヴィクトワール山とシャトー・ノワール”とともに日本にあるセザンヌの絵ではトップクラスに位置する作品ではないだろうか。ちなみにMyセザンヌ肖像画ベスト3はこの絵と“アルルカン”と“アントニー・ヴァラブレーグの肖像”(共にポーラ美術館)。

ルオーの作品と言えば出光コレクションをすぐ思い浮かべるが、ブリジストン美のルオーもいいのが揃っている。5点出ているなかで、グッとくるのが“ピエロ”。太い黒で輪郭をとった顔は卵そっくり。両目の下と首のところを赤で彩色したピエロの肌からは強い生命力が伝わってくる。何時間でも向き合っていたくなる絵である。

もう一点、惹きつけられる作品があった。入り口のところに飾ってある右の“接吻”。この石膏彫刻を制作したのはブランクーシ。ユニークで面白いフォルムをしているので、これに会うのがこの美術館へ来る楽しみの一つになっている。前を通るたびに“よおー、仲がいいねえ!”と軽口をたたきたくなる。ブランクーシは黄金の“眠れるミューズ”(拙ブログ05/11/24)をつくったり、こんな肩の力が抜ける作品で観る者を和ませる。ビッグアーティストが生み出す作品はいつの時代でも多彩である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.22

平櫛田中の鏡獅子

539先週土曜日に放映された人気TV番組“美の巨人たち、平櫛田中”を楽しくみた。

最初この彫刻家の作品を広島県立美術館でみたとき、名前が“ひらくしでんちゅう”と読めなかった。

が、顎の下の髭を長くのばし、厳しい顔をした老僧の歩く姿を作品にした“落葉”に少なからず衝撃をうけた。

衣襞がこんなに写実的に彫れるものかとびっくりしたのを今でもよく覚えている。このほかにも、広島にいたころ番組にも紹介された愛くるしい“幼児狗張子”や“尋牛”を観た。

また、出身地、岡山県井原市の隣のJR福山駅前には“釣り人”の彫刻があり、同僚とこの像の前で待ち合わせたりしたから、鑑賞した作品は少ないが、平櫛田中が昔から馴染みの彫刻家のようになった。東近美の平常展では大きな“岡倉天心像”を観る機会が多い。そして、昨年はいい作品を3点みた。

一つは東京美術倶楽部で開催された“大いなる遺産 美の伝統展”にでてた“禾山像”。口を開け、頭を天に向けて大笑いしている僧がなんとも奇怪な感じがして、ぐるぐる回ってみた。モデルとなったのは天心とともに田中に大きな影響を与えた伊予の僧、西山禾山(かざん)。これは幸運にも“日曜美術館展”(9月、東芸大美)で再会した。五浦にある天心記念美術館には天心からこっぴどく批判されたという“活人箭”が展示してあった。最初、男は弓と矢を持っていたが、天心から“そんなもんでは豚も撃てん”と指摘され、田中は弓矢をとった形で仕上げたという。

三つ目の作品はこれまでのイメージをガラッと変えるものだった。それが5月頃、野間記念館でみた右の“獅子奮迅三昧”。これまでの痩せこけた僧侶とか釣り人とは全く異なる華やかな歌舞伎役者像である。“ええー、平櫛田中にこんな人形みたいな作品があるの?”というのが率直な感想。彩色無しの木彫像と落差がありすぎてちょっと戸惑った。このときは、こんな作品も手がけていたのかという程度で、制作のいきさつなどについては関心を持たなかった。

それが、“美の巨人たち”のお陰で平櫛田中が大変な時間をかけ、また持てるかぎりの感性と技を使って、六代目尾上菊五郎が演じる“鏡獅子”を制作したことがわかった。野間記念館で見たものは試作の一つで、2mもある完成作は国立劇場のロビーに置かれているらしい。完成まで20年もかかったという。話しを聞くと大変な作品である。制作にあたり、田中は歌舞伎座に25日間通い、“鏡獅子”を場所を色々変えて観察し、菊五郎と相談してポーズをきめたそうだ。いつか、国立劇場に行き、この大作、“鏡獅子”を観てみたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007.01.21

松岡美術館の玉彫工芸品

663ドラマでは時々脇役が主役を食うくらいのいい演技をみせるときがあるが、美術品の鑑賞でもメインよりも思ってもみなかった作品に魅了されることがある。

今回の松岡美術館ではそれがあてはまった。お目当ての“日本美術院の画家たち展”(4/22まで)に出品されている絵が期待はずれのレベルだったというのではなく、一度観た作品が多くあり、刺激が少なかったのに較べ、これと同時開催されている“中国の工芸展”の翡翠に目を奪われてしまった。

驚愕の翡翠の前にまず、日本画のほうから。新春なので橋本雅邦、横山大観、下村観山、菱田春草、川合玉堂、小林古径、前田青邨など蒼々たる巨匠の作品が展示されている。これは壮観。お気に入りは雅邦の縁起のいい“七福神”、春草の“落葉”、古径の“丹頂”、青邨の“紅梅”。大き目の掛け軸に一羽の丹頂が安定感よく描かれた古径の絵が素晴らしい。これぞ花鳥画といった感じで大変魅せられた。2年前の大回顧展に大方の名画は出たと思っていたが、ここにまだこんないい絵が残っていた。隣にある青邨の“紅梅”も心を揺すぶる。絶妙に配置された枝にまるまるとした白い鳥がとまっている。梅の赤と白の対比が美しく、装飾性豊かな描写であるが、余白をとるところはちゃんととり枝振りをビジーにみせないところがいい。

春草の“落葉”には目を疑った。永青文庫が所蔵する“落葉”(重文)と構成が全く同じなのである。“ええー、どうして同じ絵があるの?”と唖然としてみていた。永青文庫の絵は何回もみたので、隅から隅まで個々の描写が頭に入っている。三羽のスズメの配置、空中に舞う枯葉まで寸分違わない。春草は6つのヴァージョンの“落葉”を描き、同じ構成の絵を2点描いたことになる。春草の最高傑作といわれ、6点のなかで一番いい永青文庫の“落葉”を2枚制作したのは依頼者からの強い要望に応えるためだったのかもしれない。

日本画を観終わって、時間もあるので隣の部屋に飾ってある中国の工芸品でもみようかと、軽い気持ちでいたら、いきなり右の“翡翠白菜形花瓶”が目にとびこんできた。そして、瞬間的に台北・故宮博物院でみた翡翠の名品、“翠玉白菜”を連想をした。“翠玉白菜”のような玉彫工芸品は台北や中国以外では絶対見られないだろうと思っていたから、目の前の“翡翠白菜形花瓶”にびっくり仰天。日本にもあった!

制作は故宮のと同じく清朝乾隆帝の時代である。故宮蔵の白菜の葉とキリギリスが彫られた緑の部分や白菜の茎の灰白色と較べるとと、色の明るさはないが、白菜のリアルな形は見事。これは感動ものの一品である。いいものをみせてもらった。翡翠の作品はこれを含めて全部で11点ある。他の美術館であまりみる機会のない翡翠の工芸品だけに感慨深かった。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007.01.20

江戸城展 これを見ずして江戸は語れない

662江戸東京博物館で開催中の“江戸城展”(3/4まで)はサブタイトルーこれを見ずして江戸は語れない、が効いているのか、会場はかなり混雑している。

このため、全部見終わるのに2時間近くかかった。観たい屏風をみて引き上げるつもりであったが、予想とは違い関心のある展示品がいくつもあったので、時間がたつのも忘れてみた。

一番関心が高かったのが江戸城ができてから3回建て直し、明暦3年(1657)正月の大火で焼け落ちた天守閣。図面、50分の1の模型、天守閣が描かれた江戸の風俗屏風、大型スクリーンに上映されるCG映像により立体的にかつ詳細に解説されているので理解はぐっと進む。天守閣の高さは60m。30mの松本城の天守閣模型が一緒に展示してあるから、そのスケールの大きさがイメージしやすい。

風俗屏風、“江戸図屏風”(国立歴史民族博物館)と“江戸名所図屏風”(出光美術館)は昨年、三井記念美であった“日本橋展”にも出品されていた。天守閣は明暦の大火で消失して以来、再建されることがなく、天守閣の無い江戸城のイメージが定着しているので、時代を遠く遡ってこんな天守閣だったと言われても現実感がない。が、CDや屏風でみる限り、圧倒的な威容を誇る建造物であったことは間違いない。城のリアルな出土品としては、中心部から発見されたという金箔が一部残った瓦片が興味深かった。金箔の瓦はもう1点あるらしい。

正月年始のため大名が登城する際の下馬先の光景を描いた右の“江戸城年始登城風景図屏風”(右隻部分)は思わず足をとめてじっくりみた。理由は愛読している佐藤雅美の江戸物小説(拙ブログ05/8/8)にでてくる“下馬先”の面白い話を思い出したから。

“下馬評”という言葉はこの“下馬先”からきている。江戸城へは大手門、内桜田門(右隻)と坂下門、西丸大手門(左隻)から入るようになっているが、門前で下馬しなくてはならない。藩主に随行できる家臣は限られているから、大半の家来は門前で待機することになる。で、殿様の帰りを待ってる最中、供の者があれやこれやと噂話をする。例えば“○○殿の屋敷で騒動があったとか。。”、“○○殿は御役を退かれる、その後は○○殿が就かれるそうだとか。。”

面白い話しとは。下馬先で大名の籠の交通整理を担当していたのが大座配や中座配。実際に列の順番や待機場所を指示して動き回るのは彼らに雇われている六尺手廻り(籠を担ぐ人足)。座配は公儀の役人ではなく、業務を委託された民間の業者で、現在でいえば、ホテルで開催された財界人の新年パーティーが終わったあと、出口の前で社長が出てくるのを待っているお抱え運転手にマイクで“○○株式会社様”と呼びかけているホテルの担当のようなもの。

この座配や六尺手廻りが下馬先を取り仕切っており、登城する大名や旗本など屁とも思ってなく、鼻息も荒かったそうだ。座配の協力がないと藩主の動きもままならなかったから、気の利く藩は盆暮れの付け届けを欠かさなかったらしい。ここで文化13年(1816)、ある事件が起きた。

遠州浜松六万石の井上河内守は百姓の女房を強姦し、騒動を起こしたが、家来が揉み消した。そして、ほとぼりが冷めるのを待って、河内守が登城する。内桜田門(右の画像の門)から登城しようと、橋にさしかかった時、六尺手廻りから“いよオ、密夫大名!”、“待ってました、強姦大名!”と野次が飛び、河内守はさんざん野次り倒された。さあー、大変!。公儀も穏便に済まそうとしてたのに、六尺手廻りが騒いで半ば公然の不祥事になってしまったので、やむなく河内守を罰し、痩せ地の奥州棚倉に国替えにした。下馬先では大名を野次り倒すほどの“がさつで不法”な振る舞いが罷り通りっていたのである。

この特別展に下馬先の屏風があったのは大収穫。思い出深い展覧会になりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.19

江戸東京博物館の北斎展

660
661
現在、両国の江戸東京博物館では“北斎展ー風景画の世界”(2/12まで)を開催中。ここへは何回も足を運んでいるのに、平常展示(5、6階)をみたのははじめて。ここで“江戸ワールド”をみせていたのだ!なぜいつも沢山の観光バスが駐車しているのか、大勢の小中学生はどこへ行くのだろうと不思議に思っていたが、これを見学するためだったのだ。

再現された日本橋を渡りながら、ここなら子供たちも楽しみながら、江戸のことを勉強できるだろうなと納得した。ミニ北斎展も子供たちの元気のいい声がとびかい、太田記念館の静けさとは対照的だが、熱心に見ている子も結構いる。浮世絵コーナーに展示してあった“北斎の家”では男の子が解説文をノートに書き写していた。

今回は北斎の風景画を若い頃から晩年まで50点ほど集めている。展示替えがあるため、図録に載ってる作品のいくつかは観れなかった。春朗時代の絵に“江都両国橋夕涼花火図”があった。橋の上に描かれた花火は広重の花火の描き方と同じで、大きな朱の点10個で表現されている。思わず“10の朱のまる点で花火?”と声がでてしまうほどリアルさを感じない花火であるが、この頃の花火は現在の精巧な仕掛けとちがってシンプルだったのであろう。それで、広重も北斎も似たような花火を描いたのかもしれない。

代表作“富嶽三十六景”(7点)のほかにシリーズ物が3つある。“琉球八景”が2点。“諸国瀧廻り”は8点全部でている。05年の大北斎展でも6点だったから、これは貴重な体験である。そして“諸国名勝奇覧”は全11点のうち6点ある。橋では雲のなかに橋がかかっているようにみえる“足利行道山くものかけはし”、ユニークなアーチ型5連橋“すほうの国きんたいはし”、“かうつけ佐野ふなはしの古づ”がお気に入り。

上の“佐野ふなはし”は雪の描写が上手い広重の風景画をみるようである。舟橋は舟をつなぎ、その上に板を渡して橋にしたもの。板に雪が残る中、4人の旅人が向こう岸にむかって等間隔で歩いている。徒歩なので動感は下の“富嶽三十六景・隅田川関屋の里”(今回展示なし)で疾走する馬と人物のスピード感と較ぶべきもないが、舟橋は同様に手前から左上に進み、それから斜め右に曲がっている。

また、ギメ美名品展に展示してある“百人一首宇波か縁説 藤原道信朝臣”(昨日の拙ブログ)にみられる籠が通る道もこれと同じ画面構成。広重の風景画がスナップ写真のような“静”的な表現であるのに対し、北斎の絵にはスピード感があり、その“動”的な描写は映画のワンシーンを観るような感じがする。

図録になにかの本に載っていていつか見てみたいと思っている“登龍の不二”(75歳の頃の作品、墨田区蔵)があった。展示替えで後半にでてくるはずだから、もう一回出かけるつもり。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007.01.18

ギメ東洋美所蔵 浮世絵名品展 その二

658
659
ギメ美術館浮世絵コレクション展(太田記念美術館、拙ブログ1/4)の鑑賞パート2は1/16~26に展示される18点がお目当て。このほかに前期出ずっぱりの57点があるので、前期の後半は75点の浮世絵が楽しめる。

開幕日と較べると、明らかに入場者は多い。展示リストをいつものように貰うと、隣にいた年配女性グループが“この方が持ってるのは頂けるの?”と受付の女性に尋ねていた。これは東近美の平常展と同じでリクエストしないとくれない。2階に作品の展示替え情報が書き込まれたパネルがあるが、再度足を運ぼうと考えている方はリストを貰われたほうがいいかもしれない。

今回は最初に18点をみて、そのあと前回見たものをさらっとみた。パート2で気に入ったのは鳥居清倍の“一の谷合戦 熊谷直実”、一筆斎文調の“二世市川雷蔵の松若丸”、歌麿の“浄瑠璃十二段草子”、歌川豊国の“役者舞台之姿絵 やまとや”、広重の“花菖蒲に白鷺”と“播州名物 高砂ノ浦真景”。

東博に清倍の見てて元気の出る絵、“市川団十郎の竹抜き五郎”(重文、拙ブログ06/3/23)があるが、“一の谷合戦”と最初から出ている“羅生門”はこれと変わらぬ優品。熊谷直実の顔の表情や馬の躍動感溢れるフォルムに釘付けになる。北斎や広重と較べるとあまり馴染みの無い絵師が描いたこんないい絵をギメは集めているのである。流石というほかない。

また一筆斎文調の“松若丸”、背景の黒と薄緑の鮮やかな対比が目に焼きつく“二世市川八百蔵の奴軍助”(1/14までで終了)も名品。こんなに魅せられる文調の役者絵をみるのははじめて。豊国の出世作である“役者舞台之姿絵”に出会ったのは大きな収穫。このシリーズは国内でもなかなか見る機会がない。しかも“やまとや”は“かうらいや”(拙ブログ06/11/16)と組になっていたというから二重の喜びである。

上ははじめて見る広重の“高砂ノ浦真景”。あまりに発色がいいので夢中になってみた。小さな橋を渡る二人をはさむ土手の緑、河に浮かぶ舟の屋根の黄色、そして水面の濃い青の組み合わせが見事。広重の緑と同じくらい感激するのが下の北斎作、“百人一首宇波か縁説 藤原道信朝臣”(前期中展示)に描かれた坂の石段を駆け下りる籠の緑。この絵は緑、黄色(屋根の内側)、青(手前の男が担いでいるまるい入れ物の布カバー)のコントラストだけでなく、動きのある大胆な構図に唸る。道を急ぐ籠は一旦左下に消えたあと、真ん中の道では右に向かっている。絵巻に使われる異時同図法で描かれた場面をみるような気分。

世界一と言われる写楽の大首絵あり、北斎の龍虎図あり、広重の風景画あり、、本当に贅沢な展覧会である。次回は後期の前半(2/1~12)。念願の歌麿の美人画に会えるので今から楽しみ。

<展覧会プレビューの更新>
太田記念館がギメ名品展のあと、またまた大ヒットを打ってくれた。ロンドンにあるヴィクトリア&アルバート美術館が所蔵する浮世絵を日本に持ってくるという。また、千葉市美術館が待望の鳥居清長展を開催してくれる。

4/28~6/10  鳥居清長展                千葉市美術館
5/1~6/26   ヴィクトリア&アルバート美浮世絵名品展   太田記念美

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007.01.17

たばこと塩の博物館の川柳と浮世絵展

657渋谷パルコのすぐ近くにある“たばこと塩の博物館”は浮世絵作品の追っかけでは目をつけているところ。

現在行われている“川柳と浮世絵で楽しむ江戸散歩展”(2/4まで)に喜多川歌麿の絵がでているのではないかという期待があり、でかけた。

今回も前来た時同様、いい絵がいくつもあった。しかも料金を100円しかとらないので、帰り際はつい頭を下げてしまう。主催者の狙いは川柳の面白さと浮世絵の魅力をセットで味わってもらおうというもの。だが、俳句や川柳に熱心でないので句はあまり読まないで、グッとくる浮世絵の方に軸足を置いて見て回った。

狙い通り、歌麿の見たかった絵があった。もうこれだけで大満足。川柳が詠まれた江戸の事象は名所、旅、生業(なりわい)、吉原、歌舞伎、信仰などで、“柳多留”収蔵の句から200点が選ばれている。歌麿の絵は10点ある。“江の島遊覧”、“青楼十二時 戌の刻”、“々午の刻”、“張見世”、“吉原青楼年中行事”、“当時全盛似顔揃 扇屋内花扇”、“児戯童の三笑十艶名”、“咲花ヶ言葉の花 おかみさん”、“両国羽根遊び”、“二美人首引”。

追っかけていたのが右の“二美人首引”と“張見世”。首引を詠んだ句は“首っ引帆柱立てるように負け”。首が引っ張られて前に傾く様を舟の帆柱が立つのに見立てている。絵に登場する女は寛政の三美人の二人。右が“難波屋おきた”(拙ブログ06/12/10)で、左が“高島おひさ”。この状態ではどっちが勝ってるかは分からない。ともに超美人なのだから、どちらが美人かを首を引き合って競う必要もないと思うのだが。見世を張る遊女12人と壁に描かれた鳳凰が妓楼の豪華で艶やかな雰囲気を醸し出している“張見世”から生まれた川柳は“鳳凰が雁首を出す格子先”。鳳凰の首と遊女の持つキセルの雁首とを掛けている。

念願の2点のほかで最も惹きつけられたのが歌川豊国の五枚続きの大作、“江戸両国すゞみの図”。こんな横長の浮世絵を見るのははじめて。斜めの構図で画面いっぱいに描かれた両国橋には大勢の人。豊国が描く男や女の顔は目に力がある。いつも目がつりあがって怒っている感じで、手前の道を行き交う人たちがつりあがった目で睨みあっているから、今にでも喧嘩をはじめるのではないかと心配になる。

今回意外な一枚があった。それは広重が“東都名所之内 両国花火之図”で描いた花火。赤の点々が大きく、造形的にもあまり美しくない花火なのである。感動することが多い広重の風景画なのに、こういう感想をもったのははじめて。普段は訪れることのない美術館だが、企画展の質は高い。狙いの歌麿の美人画をはじめ、広重や渓斎英泉のいい風景画、国芳の人物画などと出会い、大きな満足が得られた。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007.01.15

竹久夢二の宝船

656平木浮世絵財団が“ららぽーと豊洲”のなかにつくった常設展示コーナー“UKIYO-e TOKYO”で今、新春展“江戸 正月の賑わい”が行われている(1/28まで)。

文字通り小さなコーナーなので展示してある浮世絵の数は40点くらいと少ないが、平木浮世絵財団のコレクションは定評があるので期待して足を運んだ。

狙い目の広重の正月や初春にちなんだ風景画が期待にたがわず10点あった。広重の風景画をとことん鑑賞しようと東博や太田記念美へ頻繁に通っているが、まだまだ初見の作品がでてくる。今回も半分ははじめて見る絵。三枚続きの“東都名所 洲崎弁財天境内全図 同海浜汐干之図”で惹きつけられるのは遠くにみえる海岸にいる大勢の人が米粒のように小さく描かれていることと地面の鮮やかな黄色。

羽ねつきを楽しんでいる3人の女性を画面手前に大きく描き、背景に風景をもってくる“正月の景色”も新春に相応しい絵。“江都名所 かすみかせき”や“湯しま天神社”には凧揚げがでてくる。小さい頃、凧揚げを夢中になって遊んだのが懐かしい。初日の出を描いた“江戸名所 洲崎はつ日の出”や宝船の絵もあった。広重以外では歌川国貞の羽子板絵“岩井杜若の熊谷妻さがみ”と菊川英山の“門松娘の羽ねつき”がいい。

正月にちなんだ浮世絵のほかに、“宝船”の版画が39点展示してある。宝船というと七福神が乗り込み、鯛、海老、米俵、財宝などが満載されたワンパターンの絵しか頭になかったが、今年の干支の猪が描かれたものなどいろいろな図様があった。これは楽しめる。

真ん中に大正9年(1920)の節分に発売された竹久夢二の版画、右の“宝船”が飾ってある。この絵を見るのは3度目。2年前、渋谷東急店であった回顧展にでていた。ハッとする色の組み合わせに目を奪われる。題名がまた“命も鎌椀宝船”(いのちもかまわんたからぶね)とカッコいい。で、黒の小船には命を示すハートマークが、帆には鎌とお椀が描かれている。真っ赤な着物を着て、三味線をつまびく島原の太夫は櫓をこぐ異国の男と二人の愛を宝にして、荒波に乗り出すのだろうか。

ここで夢二の絵と対面するとは思いもよらなかったが、千葉市美術館でもうすぐはじまる“竹久夢二展”(1/20~2/25)と開幕前からシンクロしているのかもしれない。チラシによると350点でるというから期待がもてる。

<展覧会プレビューの更新>
okiさんから教えてもらった損保ジャパンの展覧会と戸栗美の記念展を追加した。
4/1~6/24   開館20周年記念名品展      戸栗美術館
4/21~7/1   ペルジーノ展             損保ジャパン美術館            

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.01.14

福やござれ展の七福神

647美術館で行われる新春展へせっせと出かけてるので日本美術に対する興味が薄い人や展覧会で作品を鑑賞することが無い人と較べると、忘れられつつある懐かしい日本の正月を思い出すことが多いかもしれない。

三の丸尚蔵館の“福やござれー寿ぎの美・新春に集う展”(前期:~2/4、後期:2/10~3/11)で吉祥の文化記号を目にすると、せめて1月くらいは寿ぎの美を感じて生活しなくてはと思う。

今回は皇室の御慶事に際し献上された寿ぎを表す絵画や工芸品の中から34点が展示される。HPでみて関心が高かったのが狩野探幽の“唐子遊図屏風”と橋本雅邦の“寿老人”。昨年6月、板橋区立美術館の“これが板橋の狩野派だ展”で楽しんだ狩野典信の絵(拙ブログ06/6/23)の原画がこの“唐子遊図”。

右隻は鶏合と花合に興じる場面だからすこしおとなしいが、左隻では子供は獅子舞にあわせて体を動かしたり、瓢箪を上に投げたりして心から遊びを楽しんでいる。これをみて奈良県美に飾ってあった長澤芦雪の書画を描いたり、囲碁をさしている子供がでてくる“唐子琴棋書画図”を連想した。可愛い子犬の絵なら俵屋宗達と円山応挙が一番だが、唐子の絵は探幽と芦雪がとびっきり上手い。

唐子図を注文した人は正月とか慶事の時にこれを飾り、鑑賞していたのだろう。今でも京都にある老舗の商家などでは、親族などが集まる祝いの席に限って鶴亀、松、七福神などの吉祥図像が描かれた秘蔵の掛け軸や屏風を披露する習慣があるようだ。

橋本雅邦の“寿老人”(三幅対)は長寿を象徴する絵。真ん中に鹿を連れた寿老人、右に松と2羽の鶴、左に親子亀が描かれている。寿老人が持っている杖に結ぶつけられている巻物には寿命は何歳までと書かれているのだろうか。三井記念館にもあったように見慣れた寿老人の頭は異常に長く、これが笑いを誘うのだが、この老人は普通サイズの頭をしている。

絵のほかに布袋のやきものや宝船、牙彫の七福神などがある。右はその七福神の“恵比寿(右)、大黒天(真ん中)、寿老人(左)”。残りの4人は布袋、福禄寿、毘沙門天、弁財天。さて、今年は大黒天様、恵比寿様が商売繁盛、財運をもたらしてくれるであろうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.01.13

戸栗美術館の古九谷展

262今年、開館20周年を迎える戸栗美術館では4月以降、所蔵名品展が昨年の出光美のように何回かにわけて行われる。

04年から定期的に通い、古伊万里、古九谷、柿右衛門、鍋島の優品を目に焼きつけてきたが、記念展はまだ観てないものが鑑賞できるまたとない機会なので、開幕を心待ちにしている。

今回の“古九谷ー謎を秘めた躍動美展”(2/28まで)は記念展の前奏曲みたいなもの。出展数106点のうち、17世紀中葉にやかれた古九谷様式の作品は40点あまり。古九谷様式には“五彩手”、“青手”、“祥瑞手”などがある。お目当ては黄色と緑の対比が観る者を惹きつけてやまない“青手”。

4点あったなかで最もグッときたのが右の“色絵瓜文大皿”。径45cmの大皿なので、見ごたえがある。周囲を緑の流水文で囲み、黄色地を背景に緑と濃い青で瓜文様をどんと描いている。緑と黄色の色面からは強力なエネルギーが出ており、青手の大皿をみるといつも元気がでる。緑と黄色の二色を効果的に対比させる意匠は江戸前期、さかんに制作された金碧障壁画をヒントにして生まれたといわれる。金屏風の緑と金に対する、大皿の緑と黄色である。

東京にある美術館で“青手”の優品を多く所蔵しているのは出光美、松岡美とここ戸栗美。出光の青手コレクションは日本一。昨年の名品展Ⅱにトップクラスの菊文と山水文の大皿2点がでていた。径は47cmあり、これより大きな皿は他にみたことがない。目が眩むばかりの素晴らしい発色に驚かれた方も多いはず。松岡美にもいい青手があり、数も戸栗より多い。

今回、青手のほかに大きな収穫があった。それは館自慢の“色絵牡丹文瓶”。高さが47cmもある大瓶で、形のよさと鮮やかな色彩に心底魅了された。白地に赤い細線で装飾的に描かれた牡丹花が実に美しく、絵画をみているような気がする。また、真ん中の円窓に葡萄を啄ばむ鳥を描き、周りに菊花と鳳凰の文様を交互に配した“色絵葡萄鳥文 輪花皿”にもしばし足がとまった。ここはいつも期待を裏切らない。気持ちよく館を後にした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.12

世田谷美術館の富本憲吉展

628
630
629
世田谷美術館でみた“富本憲吉展”(3/11まで)の余韻に浸っている。富本の生誕120年を記念した回顧展は予想を上回る大展覧会だった。

04年と昨年、東近美と松下電工汐留ミュージアムで見た回顧展と較べると感動の総量は2、3倍あった。数が多い(250点)だけでなく、日本中にある富本の名品のほとんどが集まっているのだからすごい。過去みた人気の名品に加え、初見の素晴らしい色絵の壺や飾筥が目の前に次々と現れるので、興奮スロットルが開きっぱなしだった。お気に入りはやはり色絵更紗模様の皿(拙ブログ04/12/19)や四弁花が連続する色絵金銀彩(06/2/23)、羊歯模様の作品。

今回、感激度が高かったのが上の“色絵竹と菱更紗模様瓢箪形大壺”と真ん中の“色絵紫四弁花模様飾箱筥”。“瓢箪大壺”を富本の生地、奈良県の安堵町にある“富本憲吉記念館”が所蔵していることは松下電工の展覧会(06/9)に置いてあった館のパンフレットで知った。モダンなデザインにいっぺんに魅せられ、いつか記念館を訪ねてみたいと思っていた。その作品がなんと出品されていたのである。天にも昇る気持ちだった。

青地に赤や黄色、緑の更紗模様と白地に同じ色の組み合わせの竹が渦巻きのように描かれている。渦巻きタイプは同じだが、模様の異なる3つのヴァージョンがあるが、この瓢箪のデザインが一番リズミカルで美しい。これは富本が世田谷の上祖師谷に住んでいた頃の作品。昨年、東京倶楽部であった“大いなる遺産 美の伝統展”に出品されて多くの愛好者をびっくりさせ、今回も展示してある“色絵飾筥”(06/2/9)と同様、濁りのない明るい色合いに心がとろけそうになる。“紫四弁花模様”はチラシで強い磁力を発していた作品。地の緑と花弁の紫の対比がなんとも素晴らしい。富本は天性のカラリストではなかろうか。言葉を失うくらい感動した。

形で唸ってしまうのが下の“色絵金彩羊歯模様飾壺”(京近美)。これをみるのは4度目だが、毎回いい気持ちになる。これほど美しいまるい壷はほかにない。白地に金彩と赤の羊歯模様が菱形で軽快にかつ精緻に描かれている。こうした連続模様を仕上げていくにはかなりの集中力が要るだろう。羊歯が様式的に見えず、自然界にあるように生き生きしているところがいい。名品の数々を前に一日中でも見ていたい気持ちだった。この展覧会は一生の思い出になるだろう。

なお、この展覧会は世田谷美の後、下記の美術館を巡回する
岐阜県現代陶芸美術館:4/7~5/27
山口県萩美術館・浦上記念館:6/30~8/19

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007.01.11

アルフォンス・ミュシャ展

624日本橋高島屋で行われている“アルフォンス・ミュシャ展”(1/23まで)をみた。

ミュシャの絵はリトグラフやポスターなので、浮世絵のように同じ作品が何点もある。

05年1月、東京都美術館であった大規模なミュシャ展を観たから、同じものがあることが予想される今回の展覧会はパスしてもいいのだが、ファンの心の中というのは特殊で少しでもまだ観てない作品が含まれていれば、それだけでも観たくなるのである。

今回はチェコのモラヴィアギャラリーとプラハ工芸美術館(ともに国立)が所蔵する作品が165点でている(プラハ国立美術館にあるミュシャ作品は拙ブログ04/12/5)。東京都美のとき飾ってあった金メッキのブロンズ胸像やペンダントなどの宝飾品はなく、絵画のみ。予想した通り、前回見た劇場ポスターや工業製品ポスターが次から次とでてくる。でも、はじめてみるのも結構あるので、満足の高さは変わらない。

女優ベルナールが主演した舞台のポスターが全部ある。出世作の“ジスモンダ”、“椿姫”、“ロレンザッチオ”、“サマリアの女”,“トスカ”、“メディア”、“ハムレット”。縦2mもある細長ポスターは豪華に描かれた人物とそのまわりの様式的な紋様や花々で装飾性豊かに構成されている。“トスカ”の背景に埋め尽くされた蛇を思わせる鶴の首がとても印象的だった。ミュシャがアール・ヌーヴォーの寵児としてパリで一気にブレイクしたことはこれらの華のあるポスターをみると容易に理解できる。

ミュシャが描く女性は正面向きより横顔の方がより美しさを感じる。“黄道十二宮”(拙ブログ05/1/29)とともに大のお気に入りは右の“羽根を持つ女性”。異常に長くアラベスクのように様式化された髪をもつ女性が多いなか、この女性は普通の髪形をしており、横顔の美しさに見蕩れてしまう。

製品やイベントのポスターもいろいろある。自転車、シャンペン、リキュール、ビール、ビスケット、前回もあった煙草(銘柄JOB)。イベントではパリ万博のオーストリア館とかセントルイス万博のポスターにもミュシャ様式(拙ブログ05/2/12)が使われている。

今回の収穫の一つはミュシャが関わった装飾芸術に使われたデザインをまとめた“装飾資料集”。いわゆるデザイン帖だが、とくに興味深かったのが植物や花の文様。連続するフォルムと淡い色調の色使いが素晴らしく、夢中になってみた。祖国モラヴィアへ帰って以降制作された作品で魅せられたのは花の鮮やかな赤と女性の眼が忘れられない“モラヴィア教師合唱団”。また、“ロシア復興”や“南西モラヴィア挙国一致宝くじ”も胸にズキンとくる。

2回も回顧展をみたから、ミュシャは当分お休みできる。

<展覧会プレビューの更新>
下記の展覧会を追加した。“パリへー洋画家たちの夢展”は東芸大の創立120周年を記念する特別展。
2/17~3/25   加山又造展            茨城県近代美術館
4/19~6/10   パリへー洋画家たちの夢展   東芸大美   

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.01.10

横浜そごうの有元利夫展

623有元利夫の絵はこれまで4点しか見たことがない。

だから、この画家については何も知らないのと同然だが、その作風になにか惹きつけられるものがあり、現在横浜そごうで開催中の回顧展(1/2~1/25)へ足を運んだ。

有元がいつごろ活躍した画家かということは会場の解説パネルで知った。生まれた年は1946年で現在まで生きていれば
60歳だが、なんと1985年、38歳の若さで亡くなっている。死因は癌?それとも事故?それで、よくプロフィールに夭逝の天才画家と書いてあったのか!東芸大のデザイン科を卒業して、電通に入社している。少しサラリーマンをやり、その後画家になったようだ。

最初に見たこの画家の絵は“室内楽”。過去2回、東近美の平常展でみた。ぱっと見たとき、ピカソの“新古典主義時代”の作品、“海辺を走る2人の女”(パリ、ピカソ美術館)を連想した。画面の中央、彫刻を思わせるような顔をした裸婦が異常に長い腕をテーブルの上において座っている。平面的な画面構成で、女の背景にはマグリッド風の白い雲がいくつも浮かぶ空が描かれている。

今回わかったのだが、この絵が安井賞を獲得した代表作らしい。東近美の図録に掲載されているのも納得である。あと3枚の絵は昨年、世田谷であった“アンリ・ルソー展”でみた。その一枚、“一人の夜”はルソーの“カーニヴァルの夕べ”とよく似ていたので、有元利夫はアンリ・ルソーの絵に霊感を受けたのかと理解した。

今回、57点の絵画をみて、絵の特徴がすこし見えてきた。だが、わからない方が多い。右は結構大きな絵、“厳格なカノン”。有元が描く女性は両腕で動きをつくることが多い。横に曲げたり、笛を持ったり、両手で青や緑の四角の布?ハンカチ?を持っていたりする。この絵では足が動き、梯子を登っている。梯子を立てかけている縦にのびるうす青緑の色面は何であろうか。家の壁?カーテン?大きな樹木?女性は梯子の上にいようが、顔はいつも正面向き。女と青い色面は大きく描き、遠景の山々は小さく足の下に配する。これはなかなか面白い構成。観てる者は梯子の女よりもっと高いところから眺めている感じである。

有元は花が好きだったのだろうか、花びらがひらひらと空中を舞っている。また丸い紙風船や金の球もよく飛ぶ。これはフレスコ宗教画にでてくる金の光輪の影響なのか、細いゴールド線の束がストレートにあるいは斜めにのびたりする。女性以外でインパクトがあるのは白い雲が沢山浮かぶ青い空。シュールな表現だなと思のは“雲のフーガ”や“雲を創る人”。空の雲を映したガラス板を女性が手に持っている。

この画家の絵は不思議なイメージがあり、絵のなかに吸い込まれそうになる。それは平面的な描写で、女性の体が彫刻のように量感があり、しかも柔らかさがあるからだろう。“厳格なカノン”のほかでは、“春”、“花降る日”、“望郷”に魅了された。西洋画のコピーのような感じもするが、やはりコピーとは違ういろんな画家が消化されてできあがった有元独自の絵という印象が強い。満足度の高い回顧展であった。

| | コメント (10) | トラックバック (2)

2007.01.09

新春の寿き展の東福門院入内図屏風

622国立新美術館(1/29)とサントリー美術館(3/30)がまもなくオープンするが、両美術館は既にある森美術館と連合で“六本木アートトライアングル”と称し、六本木をアートの中核地にしようと意気込んでいる。

いいネーミングを考えたものだ。“ポンピドーセンターの名品展”や“モネ展”など期待の開館記念展が続くので、ここへは頻繁に通うことになりそう。

そして、日本橋も六本木新名所のような名前は誰もつけないが、今や熱いアートスポット。現在、三井記念美術館、日本橋三越、日本橋高島屋で開催中の展覧会はどれもいい。“新春の寿き展”(三井、1/31まで)、“川崎小虎と東山魁夷展”(三越、1/14まで)、“ミュシャ展”(高島屋、1/23まで)。

三井記念美の新春展には05年10月の開館記念展と変わらないほどの名品がでている。東博の平常展で“松林図”や“楼閣山水図屏風”をみたあと、ここへ来たら、満ち足りた気分になることは請け合いである。

陶磁器では人気の名品がずらっとある。志野茶碗、“銘卯花墻”(うのはながき、国宝)、天目茶碗、“中興名物 玳皮盞”(重文)、黒楽茶碗、“銘雨雲”(重文)、赤楽亀絵茶碗、野々村仁清作、“色絵鱗文茶碗”、“青磁浮牡丹文不遊環耳付花入”。工芸のコーナーにもいいのがあった。薩摩の沈壽官作、“色絵鶴形向付”と仁阿弥道八の“寿老人置物”。“寿老人”は福をもたらしてくれそうないい顔と大きな頭をしていた。この置物に遭遇したのは大収穫。観てのお楽しみ。

絵画では“銘卯花墻”とともに館自慢の“雪松図”(円山応挙、国宝、拙ブログ05/10/14)が中央に飾られ、両サイドには狩野常信の“寿老人・松竹図”や応挙の“山水図屏風”、“郭子儀祝賀図”などがある。流石、応挙のパトロンだった三井家。まだみてない“福禄寿図”や“大黒図”がさらっと展示してある。応挙の絵はこれまで図録に載っているのは全部みていたから新規の作品は期待していなかったのに、この調子だとまだまだでてくるかもしれない。

今回のお目当ては昨年重文に指定された右の“東福門院入内図屏風”(左隻の部分)。画面、真ん中の行列の牛車に入内する和子(秀忠の五女)が乗っており、画像ではよく見えないが、牛車の周りにいる女たちは手を合わせている。上の列の左端にいるのは雅楽の楽人たち。徳川家の娘が天皇家に嫁ぐ場面なので、牛車の前後を行進する武士や従者たちの行列は整然としており、一部の走ってる馬以外は動感はない。また、これを見物する民衆もお行儀よく座っている。強く印象づけられるのは画面いっぱいの金地、横に流れる金雲とこれと鮮やかな対比をみせる大きな日よけ傘や衣装の赤。

1620年、14歳で後水尾天皇(25歳)のもとに入内した和子(まさこ)は後水尾天皇の退位に伴い、23歳で東福門院になる。亡くなったのは72歳(1678年)だから、50年間くらいを東福門院として過ごした。入内のとき、輿入れの呉服を調達したのが尾形光琳が生まれた京都の呉服屋、“雁金屋”。このときは光琳の祖父、宗柏が店を経営していた。宗柏の後、本家の雁金屋は先妻の子が継ぎ、光琳の父、宗謙(後妻の子)は分家で商いをするが、やがて本家の跡取りが死んだため、東福門院の御用達になり、店は繁盛する。

徳川幕府は京都を政治から引きはなし、もっぱら文化の都とするために、東福門院に巨大な資金を注ぎ込んだ。で、東福門院を中心に王朝ルネサンスともいうべき広範な芸術運動が生まれる。このなかに金森宗和の優雅な茶道、仁清の華麗な色絵陶器、雁金屋の染織がある。東福門院は72歳で亡くなる前のわずか半年の間に着物代に現在のお金にして2億円も使ったといわれている。その注文を一手に引き受けたのが雁金屋。宗謙は東福門院が死んだ年に家業を光琳ら息子に譲る。が、東福門院が亡くなったので店の売り上げはガタ落ち。当然ながら商売もだんだん苦しくなっていった。

こんなことに思いをはせながら、“東福門院入内図”を眺めていた。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2007.01.08

池大雅の楼閣山水図屏風

621東博の新春平常展には例年いい作品が登場する。

ここは本館の2階と1階にある長方形の形をしたかなり大きなドーナツ型の展示空間を回る感じで、作品を一点々丁寧にみていくと結構疲れる。で、最近は時間配分にメリハリをつけている。

国宝室に飾ってある長谷川等伯の傑作、“松林図屏風”(1/28まで)は何度もみているので今回はパス。隣の部屋の国宝、“十二天像”や“男衾三郎絵巻”も12月にみたのでどんどん通りすぎて、右の池大雅作、“楼閣山水図屏風”(国宝、1/28まで)がある部屋へむかう。

この絵は2年前くらいに観た。“松林図”のような超人気の絵は毎年展示されるが、いい絵は大体2年サイクルででてくる。この絵で目を奪われるのは琳派の絵のような金箔地と文士の衣装の青、赤の鮮やかな対比。一般的な南画では見ない作風である。池大雅の作品は鮮烈な赤がアクセントになっているのが多いが、金地と青、赤の組み合わせはこの絵しかない。

大雅の絵には国宝が3点ある。これは雪舟についで多い。この“楼閣山水図屏風”と
03年にあった“空海と高野山展”(京博)にでてた“山水人物図襖絵・山亭雅会図”(和歌山、遍照光院)、そして与謝蕪村との合作、“十便十宜帖”(拙ブログ05/6/19)。大雅の作品の中に登場する人物はまるく太った体つきで顔が福々しいのが特徴。このおおらかさ、親しみやすさがなんともいい。とくに“十便帖”の中の文士が釣りを楽しんでいる“釣便”がお気に入りで、心からほっとしたいときはこの絵をみることにしている。

1階の近代日本画(2/12まで)にも名作が並んでいる。これも2年ぶりの登場となる菱田春草の大作、“微笑”、横山大観の“松並木”と“雲中富士”、土田麦僊の“明粧”、そして下村観山の“修羅道絵巻”。“明粧”とは10年ぶりに再会した。名古屋であった回顧展でみたときは個人の所有だったが、現在は東博へ寄贈か寄託されたのであろうか。東近美の“舞妓林泉図”と較べると華やかさが薄まり、畳や後ろの襖の白と舞妓の白い顔、扇子が溶け合い、やわらかくて、揺るやかな空気が感じられる舞妓図である。

“修羅道絵巻”は昨年の三渓園で開催された下村観山の回顧展でみたが、ここで対面するのははじめて。三渓園のときは、最後の燃え盛る火の粉の中、仁王立ちする怖い鬼の場面しかみられなかったのに、幸運にも最初の僧が立っているところから最後までみれた。また、浮世絵のコーナーには、太田記念館のギメ美展に展示されていた広重の“冬椿に雀”や宮川長春のお正月にふさわしい“万歳図”などいい絵がいくつもあった。浮世絵の展示は1/14まで。

1回目の平常展はいつものように○ 今年もここへはMy展示部屋の感覚で訪問することにしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.07

今夏の金刀比羅宮展

620今日の朝日新聞に跳びあがるくらい嬉しい展覧会情報が載っていた。

香川県の金刀比羅宮にある円山応挙の障壁画や右の伊藤若冲の“花卉図襖”などがごそっと東芸大美術館にやってくるようだ。

“金刀比羅宮 美の世界展”と銘打ち、会期は7/7~9/9の2ヶ月間。書院を飾る障壁画のなかで応挙の40点近い襖絵がまとまって展示されるのははじめてとのこと。そして、これらは08年日仏修好150周年を記念し、パリでも展示される予定だという。

金刀比羅宮へは一度訪れ、応挙の絵はみたことがある。が、04年、若冲の襖絵が公開されたときは広島から横浜へ戻っていたので泣く々鑑賞を断念した。日本美術を楽しむためには忍耐力が必要なことは重々わかっており、またいつか見れるだろうと慰めてはみたものの、この先10年は無理だろうなと思っていた。その若冲の襖絵が東京で見られるのである。これは有難い。

昨年あたりから盛り上がりをみせている若冲、応挙、芦雪、蕭白らの江戸絵画人気が金刀比羅宮を動かしたのであろうか。これを実現してくれた東芸大美に拍手々である。日本での展示のあと、パリに持っていくというが、こちらの企画のほうが先にあったのかもしれない。

OkyoやJakuchuの傑作がこうした展覧会を通してヨーロッパの人々の目に触れるのは大変意義深いことではなかろうか。日本絵画といえばいつもHOKUSAIやRIMPAが定番では新鮮味がない。時代が江戸の絵画を求めており、若冲や応挙が新定番になるかもしれない。ところで、日仏修好150周年の日本側の美術品の公開はわかったが、フランスからは何が目玉でくるのだろうか?要チェックである。

これで今年の若冲鑑賞の流れができた。相国寺で開催される“若冲・動植綵絵展”(5/13~6/3)で再度若冲ワールドに浸り、得意の夏は東芸大で念願の“金刀比羅宮の襖絵”に会う。まだ確認してないが、相国寺では動植綵絵のほかに“金閣寺大書院障壁画”(重文)もあわせて展示してくれるのではないかと秘かに期待している。勝手な夢はさらに続く。それは昨年10月、“ららぽーと豊洲”のなかに開館した“平木浮世絵財団・UKIYO-eTOKYO”でここが所蔵する“花鳥版画”6点(拙ブログ06/8/19)を観ること。

今心に描いている理想の若冲作品コースがはたして実現するだろうか?こういうときは美の女神、ミューズの優しい心におすがりするしかない。ミューズへのお祈りを日課としよう。

<展覧会プレビューの更新>
1/1以降、下記展覧会情報を入手したので“展覧会プレビュー”に追加した。また、茨城県陶芸美術館で開催される“景徳鎮千年展”(1/20~3/21)は7/31~9/17、渋谷の松涛美術館に巡回することがわかったので、削除した。

2/27~3/21   フンデルトヴァッサー展      日本橋三越
3/15~4/2    川合玉堂展             日本橋高島屋

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.01.06

即席めんの生みの親、安藤百福氏死去

619即席めんの生みの親、日清食品の安藤百福氏が5日亡くなった。享年96歳。

この人のお陰で人類はどれだけ麺類を食べることが身近になり、幸せになったことか!

日清の“チキンラーメン”は小さい頃よく食べたし、学生の時分は下宿でいろんな商標のインスタントラーメンを食べ較べた。今はヨーロッパ旅行の行き帰りの飛行機のなかでサービスされる小さめのカップラーメンしか縁がない。

面白いのは行きはアイスクリームかミニカップめんかをスチュワーデスから聞かれるとアイスクリームを選択する人が半分くらいいるのに、帰りの機内では大半がカップめんにすること。日本食を1週間でもはなれていると、この小腹がふくれるカップめんがものすごく美味しく、有難い。

インスタントラーメンが世に出たのは1958年。安藤氏が48歳のときだそうだ。そして、“カップヌードル”が登場するのが1971年。米国へ視察旅行した際、アメリカ人が即席めんを紙コップに入れ、フォークで食べていたのを見て“カップヌードル”を思いついたという。いつの世もアイデアがひらめく人は超観察力の持ち主である。05年には宇宙飛行士の野口さんがスペースシャトル・ディスカバリーのなかで宇宙食用の“スペース・ラム”を食べた。

現在、即席めんの需要は世界的に伸びているそうだ。05年における世界の総需要は857億食で、そのうち中国・香港が442億食と全体の52%を占める。2位はインドネシアで124億食。これに日本(54億食)、アメリカ(39億食)、韓国(34億食)が続く。01年と較べてベトナム、中国、ロシア、メキシコでは伸び率が100%を超えており、需要はさらに拡大する勢いである。これに対して、日本や韓国は横這い状態。

アジアやアメリカ、メキシコ、ブラジルで需要が伸びてるため、市場規模は09年には1000億食に達すると見られている。とくに中国人の即席めんへのニーズは高く、今のペースで増え続けると全需要の60%くらいが中国での消費ということになる。もともとめんを食べる習慣があるから、安くて手軽に調理できる即席めんは高成長で仕事に生活に忙しい中国の人たちにとって欠かせない食べ物になっているのだろう。

日本で生まれた食文化がいまや世界各国の日常の食べ物になり、また災害や戦乱時の非常食として役立っている。この即席めんをつくりだした安藤氏の多大な功績に対し感謝するとともに、ご冥福を心からお祈りしたい。合掌!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.01.05

東博の中国国家博物館名品展

6181/2に開幕した“悠久の美・中国国家博物館名品展”(東博、2/25まで)は出品数は61点と少ないが、最近みた古代中国の文物のなかではレベルの高いものだということは素人目にもわかる。宣伝文句に偽り無しで、満足度は高かった。

毎年のように古代中国の遺跡から発掘された青銅器や玉、兵馬傭などを集めた展覧会が入れ替わり立ち替わり開催されるので、これらは一体どこの博物館のものなのかが整理しきれなくなっている。今回の出品は北京の中国国家博物館が所蔵するもの。

会場にあるパネルで展示物がつくられたのは古代中国のどの時代かを頭に入れながら、観て回った。展示の大半は青銅器が占めているが、過去観たのと較べると形、大きさ、文様の表現の点で群を抜いている。足がとまったのは“四羊尊”、“匽侯盂”、青銅の容器では3番目に重いという“大尊缶”。祭祀用の容器、武器が多い青銅器のなかで、三星堆で出土した“突目面具”は異彩を放っている。何年か前にあった“三星堆展”にも同じような目玉の飛び出した面があった。

右の“犀尊”は最も魅せられた青銅器。これは神前へのお供えものとして酒を蓄えておく容器である。背中に蓋がある。目を奪われるのは量感のある犀の姿と金銀の象嵌で表現された紋様。戦国時代につくられた青銅の象嵌細工では虎の作品(拙ブログ05/11/1)に感動したが、これより後の前漢時代(BC3~BC1世紀)に製作されたこの“犀尊”にも心を揺すぶられた。

その隣にあった雁が魚をくわえる形に釘付けになる“雁魚灯”も印象深い。お馴染みの“金繍玉衣”は多分今回もあるだろうと期待してたものだが、玉の色は黄色に変色しており、05年1月、東博であった“中国国宝展”にでてた玉衣のほうが透明感があり、断然美しかった。多くの人物と動物で祭祀の光景が蓋に表現されている“祭祀場面貯貝器”も見所のひとつ。写真のアップと解説を参照にして、“磔にされた男”や“飼育された虎や豹”、“牛や豚の解体”をしっかりみた。

美的に惹きつけられたのはまるい形と青緑釉が目に心地よい“青磁蓮花尊”。これまで観た同じタイプの尊ではこれが一番いい。大収穫である。また、出口のところに飾ってあった大理石に彫られた“天王像”がよかった。これは唐王朝のあと、五代(10世紀)につくられたもので、朱や緑の色づけや兜、剣に施された金箔にみられる装飾表現とボリューム感のある彫りに圧倒された。今年はギメ美の浮世絵、古代中国の名品と幸先のいい美術鑑賞となった。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2007.01.04

ギメ東洋美所蔵 浮世絵名品展

616
617
太田記念美術館で期待の“ギメ東洋美所蔵 浮世絵名品展”がはじまった(1/3~2/25)。混雑がひどくなり、ゆっくり観れないのは残念だから初日の午前中にでかけた。美術館につくまでは館の外に列ができていることをイメージしたが、人が入り口から溢れるという状況でなくほっとした。でも中に入ると、結構人がいて、後からどんど増えてくるという感じだった。今週の3連休は相当混むかもしれない。

浮世絵コレクションで世界的に有名なギメ東洋美術館が所蔵する189点はあまり広くない展示室では一度に展示しきれないので、会期を前期(1/3~26)と後期(2/1~25)に分けている。多くの作品は各期どちらかに出ずっぱりだが、一部はさらに展示期間が短く10日くらいしか出てこない。で、全点を目におさめようとすると、結局4回訪問しなければならない。並みのコレクションなら一部はパスしても平気だが、図録をみるとそういう気にはとてもならず、10日ごとに通うことになりそう。太田のあと巡回する大阪市立美術館(4/10~5/27)は会場が広いから、一度に観られる作品の数はここよりは多く、ゆったり観られるのではなかろうか。

今回(1/3~14)は81点ある。流石、ギメ。初期の絵師から広重あたりまでの名品がずらっとある。大所で欠けているのは菱川師宣、宮川長春、懐月堂安度の肉筆画くらい。全期展示される肉筆画は北斎3点、広重1点、河鍋暁斎1点の5点。上の北斎の“龍虎図”は話題の絵。左の“雨中の虎図”は太田記念美が所蔵しているものだが、右のギメにある“龍図”は昨年綿密な調査の結果、“虎図”と対幅だったことが判明した。

北斎が最晩年に描いたその絵が“虎図”と一対になって、目の前にある。この龍は頭や口のまわりの髭からは老いた龍のようにみえる。胴体の形がユニーク。頭を真ん中にして胴体は縦に八の字のように曲がっている。こういうポーズをした龍はみたことがない。そして、強いインパクトで迫ってくるのが暗い空を表すところどころ群青が混じった濃い墨色。龍は左の虎と激しく火花を散らして睨み合っているが、龍のほうがどうみても迫力では勝る。

“龍虎図”のほかに気に入った作品はお目当てだった歌麿の“ひら野屋”。全期を通して歌麿の作品は19点みれるが、この大首絵、美人画にはぐっとくる。期待通りの名品に会えて、体が熱くなった。写楽は東博で観たばかりだが、質のいい“嵐龍蔵の金貸石部金吉”などが6点ある。

広重では下の“雪中芦に鴨”(右)と“雪中椿に雀”(左)に魅せられた。“雪中椿に雀”は過去2,3回みたが、中央斜めに走る枝の下に大きく描かれた鴨ははじめての絵。言葉を失うくらい感動した。広重の花鳥画はいつも心に響く。北斎の風景画は05年の北斎展にでていたものが多いが、発色は素晴らしくいいので、夢中になる。あと3回みる機会があるのでじっくりこの名品展を楽しみたい。

| | コメント (10) | トラックバック (3)

2007.01.03

徳永英明の壊れかけのRadio

615大晦日恒例のNHK・紅白歌合戦は毎年見ている。

もともと音楽は大好きなのと、この番組が最近売れているシンガーとかヒット曲の情報を得る貴重な機会でもあるからだ。普段、TVの音楽番組はみないので、名前を知らない歌い手がいい曲を歌うと素直に感動する。

今回、上手だなと感心した歌手が何人かいた。一番びっくりしたのはハーフの女性歌手、アンジェラ・アキが歌った“HOME”。伴奏なしのピアノの弾き語りが素晴らしかった。前々から気に入ってる夏川りみの“花”も良かった。2年前は“涙そうそう”で今回は“花”。沖縄のいい曲なら夏川りみの歌声を聴きたいという感じになってきた。ノルウェーの歌姫、シセル・シルシェプーのクリスマスソングを毎年12月に聴くときと同様、夏川りみの美しい高音に酔いしれた。

アンジェラ・アキや夏川りみは声量があるので、ブレスが滑らかだが、平原綾香やaikoは曲はいいのだが、息つぎが気になってしょうがない。CDや録音だとブレスの音を消せるが、生だと激しい息つぎがそのままでてしまうので聴きづらくなる。NHKホールは歌手にとっては相当タフな舞台にちがいない。声量のないシンガーはスローテンポの歌を歌わないで、この難点がごまかせるテンポのいい曲を選曲したほうがいいのではないか。

ベテラン歌手の歌では、クールファイブの元メンバーと前川清が歌った“長崎は今日も雨だった”がとても懐かしかった。前川清の衰え知らない太い声には感心する。女性歌手の演歌、石川さゆりの“夫婦善哉”と川中美幸が女性軍のトリで感情を昂ぶらせて熱唱した“ふたり酒”はお気に入りの歌。これはMy演歌ベスト50!に入れている名曲。

今回の紅白歌合戦における最大のお目当ては徳永英明の“壊れかけのRadio”。この曲にはちょっとした思い出がある。6年くらい前、広島から鳥取へ旅行したときクルマのラジオからこの曲が流れてきた。その前2、3回聴いた覚えがあり、最後のサビの部分“♪♪本当の幸せ教えてよ 壊れかけのRadio”が耳にこびりついていたので、夢中になって耳を傾けた。

その曲を徳永英明が紅白のステージで歌うのである。はじめて顔をみたが、役者ばりのすごく端正なマスクをしている。この曲が1990年につくられということはブログに書くまで知らなかった。もう16年も経っている。これはアメリカ人かイギリス人が作曲したのではないかと思うほどの名曲である。“Radio”を“ラジオ”と発音せず“レディオ”と歌うところが憎い。

徳永英明の他の曲は全く知らないが、この“壊れかけのRadio”を日本のシンガーがつくった世界に通用する名曲として永く愛していきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.01.02

信貴山縁起絵巻

289本日の朝、NHK総合で“奇跡のエンターテイメント、国宝・信貴山縁起絵巻の大宇宙”という面白い番組をやっていた。

この絵巻はこれまで、昨年、大勢の人がおしかけた“大絵巻展”(京博)をふくめて3回みたので、物語のストーリー展開や一つ々のシーンは頭の中に入っている。

はじめて見る絵巻ではないから、新鮮さというのはないが、この番組はこれまで知らなかった話しや絵師の表現方法の解説をしてくれたり、美術家、森村泰昌の作品をみせてくれたので、“飛倉の巻”、“延喜加持の巻”、“尼公の巻”の魅力をさらに感じることができた。公共放送の役割とはいえ、NHKの美術関連の番組は内容があり、知的な刺激を受けるものが多い。最近はTV東京の“美の巨人たち”がつくりだした“アート・エンターテイメント”も取り込んだ番組づくりになってきたので、見ていて面白い。

“信貴山縁起絵巻”のハイライトは上巻“飛倉の巻”と中巻“延喜加持の巻”。はじめてこの絵巻をみたとき、鉢が浮遊し、その鉢が米倉を持っていく場面に200%驚いた。“こりゃ、何じゃ?!現代のUFO話しが平安時代末(12世紀末)にあったのか!”

信貴山の僧命蓮(みょうれん)は顔をみると普通の坊さんだが、鉢を自在に飛ばす“飛鉢の法”を会得しているスーパー僧。修行僧は托鉢に行くのに、命蓮は鉢を飛ばす不思議な力をもっていたので、自身では出かけずに鉢だけを山の麓にとばして、米や銭を布施してもらっていた。が、長者は家に鉢が飛んできたのに知らんふり。“米をくれないのね、じゃあいいよ”とばかりに、鉢は米倉ごと運んでいく。

慌てた長者は人を送って、倉を返してくれと懇願すると、命蓮は“わかった。倉は返さないが、米は返してやる”と答える。で、今度は米俵が雁のように空を飛び、長者の屋敷に戻ってくる。なんとファンタジックな光景である。鉢が米倉を運んでいくところを、民衆は両手を上にあげ首を思いっきり曲げて真下から見上げている。日本では12世紀末、絵画にこんなオーバーなアクションで描かれた人物が登場するのだからすごい。

“延喜加持の巻”で見せる命蓮の法力も見所のひとつ。右の“剣の護法童子”はカッコいい場面。番組ではあの森村泰昌が護法童子になり、絵巻の中に入り込むことに挑戦している。これが興味深かった。森村の洋画のセルフポートレイトは何点かみたことはあるが、日本画の人物に変身するのははじめてみた。

絵巻は異時同図法が使われ、醍醐天皇の病気加持のため命蓮から遣わされた剣の護法童子が天空を駆け下りてきて、御簾の前に立ち、病気を退ける。森村はこの場面に音を入れ最新のCG技術を駆使して、映像作品に仕上げた。背に負った剣の束が風ではねあがり、童子が足を前に力強く踏み出し、疾走する姿は絵のようにスピード感に溢れている。古典美術を素材にしてこんなアートができるのだから、日本はやはり文化大国である。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007.01.01

謹賀新年 展覧会プレビュー

613今年も“いづつやの文化記号”をよろしくお願いいたします。

美術、野球、音楽など多彩な文化記号をしっかり感じとり、その響き合いを皆様とともに楽しみたいと思います。

恒例の展覧会情報(07年1月~6月)を美術館のHP,チラシや美術関連雑誌からまとめた。4月以降の開催スケジュールをまだ案内してない美術館が多いが、これらが埋まってくれば、適宜更新の予定。

★西洋美術
1/2~25       有元利夫展          横浜そごう
1/2~23       ミュシャ展           日本橋高島屋
1/21~3/19    20世紀美術探検展     国立新美術館
1/23~3/18    マーオリ楽園の神々展    東博
1/27~3/31    オルセー美術館展      東京都美
2/4~3/25     ロダン展            静岡県立美
2/7~5/7      ポンピドー・センター所蔵名品展  国立新美術館
2/21~3/25    シュルレアリスム展      埼玉県近美
2/27~3/11    フンデルトヴァッサー展    日本橋三越
3/6~5/6      イタリアルネサンス版画展      国立西洋美

3/20~6/17    ダヴィンチ・受胎告知展    東博
3/20~6/17    ロシア皇帝の至宝展     江戸東京博物館
3/24~5/27    世田谷時代の岡本太郎展  世田谷美
3/27~6/16    ローランサン展        鎌倉大谷美
4/7~7/2      モネ展             国立新美術館
4/7~6/3      モディリアーニ展       Bunkamura
4/7~6/17     近代絵画の名品展     神奈川県近美鎌倉
4/14~6/4     ユトリロの世界展       MOA
4/19~6/10    パリへー洋画家たちの夢展  東芸大美
4/21~7/1     ペルジーノ展         損保ジャパン美

4/21~6/24    水の情景展          横浜美術館 
4/28~7/8     国立ロシア美術館展     東京都美
5/26~9/24    ル・コルビュジェ展      森美術館
5/29~8/26    パルマ もうひとつの都展  国立西洋美術館
6/9~8/11     ガレ・ドーム・ラリック展    MOA
6/9~7/22     ルーベンス展         Bunkamura
6/16~7/29    シャガール展         千葉市美  

★日本美術
1/2~2/25     中国国家博物館名品展   東博
1/2~3/8      花鳥図展            大倉集古館
1/2~3/4      江戸城展            江戸東京博物館
1/3~2/25     ギメ美蔵浮世絵名品展    太田記念美
1/4~31       新春の寿ぎ展         三井記念美
1/4~3/11     富本憲吉展          世田谷美
1/5~4/22     日本美術院画家展      松岡美術館
1/6~2/4      新春展             三の丸尚蔵館
1/6~2/28     古九谷展            戸栗美術館
1/7~3/25     丹波古陶展          日本民藝館

1/10~3/4     洋画と洋風画展        府中市美
1/13~3/11    鏑木清方展          野間記念館
1/20~2/25    竹久夢二展          千葉市美
1/27~5/6     日本美術が笑う展       森美術館
2/17~3/25    加山又造展          茨城県近代美術館
2/20~4/22    志野と織部展         出光美術館
3/10~6/2     白隠展             永青文庫
3/15~4/2     川合玉堂展          日本橋高島屋
3/15~3/30    VOCA展2007        上野の森美術館
3/17~4/22    動物絵画の100年展    府中市美術館

3/17~5/20    村上豊展            野間記念館
3/30~6/3     日本を祝う展         サントリー美術館
4/1~6/24     開館20周年記念名品展   戸栗美術館
4/1~4/22     浮世絵黄金期への道展    千葉市美
4/1~5/27     狩野派誕生展          大倉集古館
4/3~6/10     琳派ー四季のきょうえん展  畠山記念館
4/7~5/27     和のうるし展           静嘉堂文庫
4/10~6/10    春の名品展           東芸大美
4/12~4/24    日本陶芸展           大丸東京店
4/21~7/16    開館40周年記念名品展   山種美術館

4/24~5/27    藤原道長展           京博
4/24~6/3     福田平八郎展          京近美
4/28~6/10    鳥居清長展           千葉市美
4/28~7/1     肉筆浮世絵展          出光美術館
5/1~6/26     ヴィクトリア&アルバート美名品展  太田記念美
5/13~6/3     若冲・動植綵絵展      相国寺承天閣美術館
5/20~6/19    会田誠・山口晃展       上野の森美
6/9~8/19     青山二郎の眼展        世田谷美
6/16~8/19    水と生きる展          サントリー美
6/16~7/29    近代日本画展         千葉市美

(ご参考)
・西洋美術では六本木に登場する国立新美術館の開館記念展に期待が集まる。“ポンピドー・センター 異邦人のパリ展”、“モネ展”は二重丸。“モネ展” にはオルセー美所蔵が何点も含まれているので、東京都美の“オルセー美展”の出品作とあわせるとパリに行かずして印象派の傑作が沢山楽しめる。 これは願ってもない機会。昨年の“クリーブランド美展”、“大エルミタージュ美展”のゴーギャン、ルノワールの名品に引き続き、印象派ファンにとっては嬉しい展覧会が続く。 

・ダヴィンチの“受胎告知”は昨年4月、ウフィツイでじっくりみたが、これほどの傑作を観ないわけにはいかない。混雑を覚悟で列に並ぶつもり。
・“国立ロシア美展”ではレーピンの絵に期待。Bunkamuraの“ルーベンス展”はプラハ国立美術館所蔵品の初公開展だが、この美術館で感動した名画がどのくらい出てくるだろうか?期待は中くらい。

・日本美術関連の展覧会は昨年よりはちょっとスケールダウン。昨年が凄すぎたからこれくらいのラインナップが普通かもしれない。お目当ては1/3から太田記念美術館ではじまる“ギメ美名品展”。あまり混まない内にみときたいのだが。。山種美術館は今年が開館40年なので、出光美の名品展のように盛り上がるだろう。大げさにいうと今年の山種の展覧会に通いつめたら、近代日本画はもうあまりみなくてもいいくらいになるはず。

・新生サントリー美術館のリニューアル記念展はこれまた館自慢の名品が目を楽しませてくれそう。ここも出光同様、絵巻、屏風、風俗画、陶磁器などの名品をいくつも所蔵しているので、欠かさず訪問したい。
・今年も若冲が京都の相国寺から手招きしている。プラスαの作品に期待して、出かけるつもり。
・やきものの展覧会では“富本憲吉展”が特○。

最後になったが、右の絵について。今年最初の絵は今年の干支にちなんで、猪が出てくる歌川国芳作、“武勇見立十二支 〔亥〕雄略天皇”にした。雄略天皇は奈良時代の天皇で、大和国葛城山で暴れ猪を踏み殺したと伝えられる。
   

| | コメント (13) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »