« 東博平常展の名品 | トップページ | 英一蝶の布晒舞図 »

2006.11.30

歌川広重、国貞、国芳

568港区立港郷土資料館で開催中の“UKIYO-E展”(12/3まで、拙ブログ11/16)にとりつかれている。

全点観たくて3回も通った。Ⅲ期(11/21~12/3)に出た作品も目を楽しませてくれた。

まず、贔屓の広重の風景画から。グッとくる構図が目を惹くのは“名所江戸百景 芝愛宕山”。“毘沙門天の使い”に扮する男が右手に持っている大きなしゃもじをどんと画面中央に描くところが面白い。“江戸名所 赤羽根水天宮”で魅せられるのは、朱色の橋が幅広く左から右斜めに描かれる一方、これと交差するように雨を表す細い線が右から左斜めに何本も引かれていること。傘をさし橋を渡る人々の姿が実にいい。

風景画と美人画をミックスした“江戸名所四季の昹 高輪月の景”はよく画集に載っている作品。右半分に座敷の楼台から日が暮れる様子を眺める3人の女、そして遠景には月をバックにした鳥の群れが小さく描かれている。対比の妙を感じるのが手前の3人と下の道を行く男女や裸の駕籠かき。こうした大小の対比により広がりのある空間が生まれている。

今回、大名の奥方の行列を描いた“行烈高輪之図”でハットするような発見があった。それは奥方の駕籠の後ろを歩くお付の女たちが身に着けている衣装の柄。緑や青、黄色の取り合わせがいいのと三角や四角の幾何学的な模様がすごくモダン。広重の作品はかなり観てきたが、こんなデザイナー感覚が現れた絵に出会ったのははじめて。

国芳の絵はあまりないが、色で圧倒されたのは三枚続の“白縫姫為朝婚姻契約之図”。この画面に登場する人物の衣装の赤が輝いている。その赤と白い桜の見事なコントラストが晴れやかな婚約の場面にぴったり。

今回の一番の収穫は右の歌川国貞の“絵兄弟忠臣蔵”(全部で11枚の組物)。発色と女の衣装の精緻な描写が素晴らしい。手前は美人画で、後ろには“仮名手本忠臣蔵”の各段の名場面が描かれている。興味をひくのは女のしぐさやポーズと背景の場面との関連性。右は十一段目の“討入り”。義士は手にもつ提灯を、炭小屋から引きずり出された吉良のほうに向けている。手前は寝巻姿の女が行灯を持って移動するところ。両者に共通するのは何か重要なことを発見したという点。これは浮世絵鑑賞のなかでは忘れられない作品になるだろう。

無料で3回もいい浮世絵を見せてもらった。感謝々である。

|

« 東博平常展の名品 | トップページ | 英一蝶の布晒舞図 »

コメント

こんにちは
わたしもやっと見に行けました。
すごくよかったですね、大満足です。
後期しか見れなかったけど、本当にいいのを見せてもらいました。
やはり忠臣蔵がよかったです。
絵兄弟は面白かった。
国貞の児雷也に惹かれました。本には掲載されなかった分ですが。
発色も見事でしたね。
次も何か企画があれば行きたいと思います。

投稿: 遊行七恵 | 2006.12.01 09:15

to 遊行七恵さん
国貞の“絵兄弟”にKOされました。国貞の美人画で
着物がこれほど精緻に描かれているのは観たことがあり
ません。形の関連性を一枚の画面で見せるというのも
すごく興味深いです。

今回、国貞は三代豊国としての作品をあわせると相当数
出てましたね。豊国、国貞、国芳を一緒にした展覧会
をやってくれないかといつも思っているのですが。。それ
まではせっせと太田記念館と東博へ通います。

七恵さんにはいい情報を頂き、本当に感謝してます。
有難うございました。

投稿: いづつや | 2006.12.01 15:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 歌川広重、国貞、国芳:

» 浮世絵 名所と版元 [遊行七恵の日々是遊行]
数ヶ月前チラシを手に入れた。浮世絵である。 場所は三田図書館内の郷土資料館。 国立劇場も後援しているようだから、これはかなり凄いのではと思った。 11/23-11/26までわたしは首都圏と信州を徘徊した。 25の午後... [続きを読む]

受信: 2006.12.01 09:09

» UKIYO-E  ー名所と版元ー (再訪) [Art & Bell by Tora]
 第Ⅲ期が始まっているのでもう一度観にいった。なにせ入場は無料である。おまけにこの展覧会のポスターを無料でいただいた。ポスターの画は↓。歌川国貞の《女子教訓狂哥合》。芝の神明宮にお百度参りをする女性。お参りのたびに手に持った藁を置いていくらしい。裾にまつわる仔犬がカワイイ。  第Ⅲ期の見所は、なんといっても歌川国貞の《絵兄弟忠臣蔵》。発色の良い11段の揃い。中央の女性を忠臣蔵の登場人物に見立てたシリーズで、背景には各段の名場面が描かれている。じっくりと眺めてきた。↓の画像は《四段目・城明け渡し... [続きを読む]

受信: 2006.12.02 09:33

« 東博平常展の名品 | トップページ | 英一蝶の布晒舞図 »