« 京博の京焼展 | トップページ | 静嘉堂文庫の清朝磁器展 »

2006.10.31

三井記念美の楽茶碗展

530今、ビッグなやきもの展があちこちで開かれている。西の京都が華麗な京焼なら、東の東京は赤と黒の芸術、楽茶碗。

三井記念美術館の開館一周年記念特別展、“楽茶碗展”(11/12まで)にも名だたる名碗が集まっている。

この展覧会は9/16から約3ヶ月のロングラン興行だが、右の長次郎作、“黒楽茶碗 銘大黒”(重文)は開幕から2週間と10/24~11/12にしか展示されないため、鑑賞のタイミングを後半の展示まで遅らせていた。

430年の伝統を誇る楽焼の作品をこんなに沢山観たのは過去にない。全部で85点ある。三井はやきものコレクションで有名なので、美術館やコレクターは協力を惜しまないのであろう、これぞ黒楽茶碗、、赤楽茶碗というのがずらっと飾ってある。初代長次郎から15代吉左衛門までの作品を通して鑑賞する機会は滅多にない。出品作のいくつかは五島美術館の“茶の湯 名碗展”(02年、05年)でもお目にかかっているので、今回は総まとめの気持ちでじっくり観た。

数では長次郎と三代道入(俗称ノンコウ)の作品が多い。長次郎は黒楽が10点、赤楽が4点。お気に入りは右の黒楽茶碗“銘大黒”、“銘俊寛”、“銘面影”、赤楽茶碗“銘無一物”。“銘大黒”は五島美では展示替えで観れなかった茶碗。千利休が所持してたもので、長次郎の黒楽茶碗では一番の名碗と言われている。腰の丸みがなんともいい。晦渋な味わいを見せる黒楽茶碗には見た目の美しさだけでなく、作者長次郎の深い精神性が感じられる。

10点ある三代道入では“黒楽茶碗 銘升”と“赤楽茶碗 銘鵺(ぬえ)”にぐっとくる。二つとも3度目の対面。いつも“銘升”の胴にみられる黒釉を掛けはずしでできた素地の黄色み部分に釘付けになる。また、“銘鵺”の刷毛で塗ったような黒の斑文が強く印象に残る。ノンコウの茶碗は光沢があり、形も四角の升のように造形的な面白さがあるので、思わず手に持ってみたくなる。胴に黄色や黒をつかってアクセントつけるのをみると、ノンコウの感性はかなりシャープ。

展示の最後に15代の作品が4点あった。15代楽吉左衛門にぞっこんなので気分は最高。丁度1年前くらいに、智美術館でみた個展の感動(拙ブログ05/10/2)が蘇ってきた。楽家歴代の作品に加え、本阿弥光悦の“黒楽茶碗 銘村雲”がある。1点だけでもこれは嬉しい展示。光悦独特の筒形の腰にすこし丸みのあるこの名品にまた心を打たれた。

|

« 京博の京焼展 | トップページ | 静嘉堂文庫の清朝磁器展 »

コメント

いづつやさん、こんばんは。
ようやく、昨日、行ってきました。
楽茶碗の歴史が流れていましたね。
長次郎は、利休と共に生きた人だったのかもしれないと思いました。
まったく奥行きのある、重厚な佇まいに、すっかり見入ってしまいました。すばらしいお茶碗の展覧会でした。

投稿: あべまつ | 2006.11.04 22:38

to あべまつさん
五島美術館やここは流石、立派な名碗展をやりますね。
楽茶碗をこれだけ楽しめる機会はなかなかありません。
楽焼は一品々焼くのですから製品ではなくて、作品。作家
の作意や精神性が感じられるのが楽茶碗の魅力ですね。
いいやきもの展でした。

投稿: いづつや | 2006.11.04 23:26

いづつやさん、こんばんは。
実は展示を拝見する前、
何故一周年の記念にて茶碗をなどと不届きなことを考えておったのですが、
実際の展示を拝見してその思いは見事覆されました。
まさかこれほど素晴らしいものだったとは…。深いです。

>智美術館でみた個展の感動

今開催中の展示でも、15代の作品が出ているようですね。
是非出向いてみたいです。

投稿: はろるど | 2006.11.08 00:43

to はろるどさん
流石、三井です。楽茶碗の名碗がこんなに沢山みれるの
はめったにないことです。五島美術館、三井のやきも
の展は本物です。15代のが4点ありました。これを
みるといつも感動します。色合いにぞっこんです。

投稿: いづつや | 2006.11.08 05:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三井記念美の楽茶碗展:

» 赤と黒の芸術 楽茶碗  三井記念美術館 [あべまつ行脚]
上野があまりにも混んでいたので、友人達3人で急遽三越前に移動した。 仏様は、後から、見ることに。 三越前のすぐ横にある、三井記念美術館が、開館一周年記念として、 楽茶碗の歴史を一目でわかるような壮大な展覧会を企画したのだ。 名碗、長次郎の大黒がお披露目されているはず。... [続きを読む]

受信: 2006.11.06 13:26

» 楽茶碗と、用の美 [Beautiful Noise]
 楽茶碗を三井記念美術館「赤と黒の芸術 楽茶碗」でみてきました。まとまった楽焼を見るのは初めてですし、この美術館も初めて訪れました。千利休の命により、長次郎がはじめた楽焼。茶陶として代々受け継がれ、現在15代の吉右衛門まで続いている歴史ある個人陶です。  楽焼のことは詳しくなく、また茶道のこともほとんど知識がないので、展示された茶碗をみても、残念ながらその深さまでは到底わかりませんでした。素人の感想を書いてみます。  長次郎の「黒楽茶碗 銘 俊寛」を見たとき、「大きい茶碗だな」と思いました。先日... [続きを読む]

受信: 2006.11.06 22:34

» 「赤と黒の芸術 楽茶碗」 三井記念美術館 [はろるど・わーど]
三井記念美術館(中央区日本橋室町2-1-1 三井本館7階) 「開館一周年記念特別展 赤と黒の芸術 楽茶碗」 9/16-11/12 日本橋の三井記念美術館が早くも一周年を迎えました。記念特別展の名に相応しい充実した展覧会です。楽焼400年の伝統を丹念に辿ります。 楽焼の始まりは今から430年ほど前、桃山時代にまで遡ります。当時、侘茶を大成した千利休(1522-1591)が、自ら理想とする茶の湯のための茶碗を創案しました。そ... [続きを読む]

受信: 2006.11.08 00:32

» 三井記念美術館で「赤と黒の芸術・楽茶碗」を観る! [とんとん・にっき]
新しく日本橋に出来た、三井不動産と千疋屋総本店とが協力して再開発をした「日本橋三井タワー」の中に入っているという「三井記念美術館」に、前々から行ってみたいと思っていたのですが、ちょうどいい機会があって初めて行ってきました。「日本橋三井タワー」は地上39階... [続きを読む]

受信: 2006.11.09 19:46

« 京博の京焼展 | トップページ | 静嘉堂文庫の清朝磁器展 »