« 八王子市夢美術館の現代日本画名作展 | トップページ | 奇才 長澤芦雪の魅力 »

2006.10.23

アール・デコ・ジュエリー展のポショワール

516現在、東京都庭園美術館で行われている“アール・デコ・ジュエリー展-宝飾デザインの鬼才シャルル・ジャコーと輝ける時代”(07/1/14まで)は事前にイメージした展示内容と異なっていたので、面食らった。

これはチラシをよく読まず、勝手な期待をしたことによるアンマッチ。てっきり、ジャコーがデザイナーした宝飾品がゴージャスにずらっと飾ってあるものと思い、それを期待して1階と2階の部屋を進んだのだが、その気配はない?!だんだん状況がつかめてきた。

今回のメインは166点あるジャコーの描いたデザイン画だった。“カルティエの宝飾品コレクションではなかったのー!”、なんという勘違い。チラシにはちゃんとそう書いてあるが、もう遅い。でも、ブシェロン、ラリックの作品、カルティエのコレクションなどアール・デコ様式の宝飾品、装身具も35点でているので、頭を切り替えて、これらを楽しむことにした。デザインや形の美しさ、光の輝きにうっとりしたのは、ラリックの“ブローチ、4匹の魚”、フーケの“バンドー”、ブシェロンの“ブレスレット”、そしてジャコーのデザインでカルティエが製作した“ブローチ、棕櫚(しゅろ)”。

シャルル・ジャコーのデザイン画に興味深いのがあった。中国の古美術や日本の漆芸、印籠などからもジャコーはヒントを得たようで、1914年頃描かれた“ヴァニティ・ケース”(小物入れ)には印籠の収納機能を取り入れている。円筒状の箱を三つに区切り、胴部に巻きたばこのパイプと煙草を入れ、下にはマッチ、上には白粉箱と口紅を収納する。女性の喜びそうなデザインを生み出すことに創作のエネルギーを注ぐだけでなく、使い勝手にも気を配る親切設計になっているのが面白い。ジャポニスムブームではじまった日本の工芸品への関心がアール・デコの時代ではさらに、細かいところにまで及んでいたことに驚かされる。

ジャコーのデザイン画より見てて数倍楽しかったのが、アール・デコ期に発行された“ガゼット・デュ・ボントン”など高級ファッション雑誌のポショワール(ステンシル版画)。ポショワールは型紙に色をつけたい部分に穴をあけ、そこにインクを含ませた筆やスポンジで色を塗る方法。今回、ルパープ、バルビエら一流イラストレーターが制作したファッションプレートが58点でている。

そのなかで、何点もあるジョルジュ・バルビエの美しいポショワールに魅了された。1920年代のアール・デコファッションで着飾りや煌く装身具をつけた女性のハイカラで洒落た感じがなんともいい。右は中国趣味を取り入れた豪奢な絵、“無慈悲な美しき上流婦人”(1921)。額に優美な幅広バンドームをつけた目鼻立ちの整った女性の背景にはピンクや黄色で着色された大きな鳳凰が描かれている。この絵と空を飛ぶ鳳凰を背にし、ベールのイブニングドレスを着た女性が描かれた“魔力”(1922)を見れたのが一番の収穫だった。

|

« 八王子市夢美術館の現代日本画名作展 | トップページ | 奇才 長澤芦雪の魅力 »

コメント

いづつやさんの「ああ勘違い」にウフフなわたしです。
わたしはわりと事前イメージとマッチしてたので満足しましたし、それ以上に「おお、よく来ておるな」な気分でした♪
ジャコーのデザイン画が本当に良かったです。
あれを見ただけでも行った甲斐がありました。

ところで情報です。12/3まで東京都港区郷土資料館で浮世絵展があります。チラシを見た限りなかなかよさそうです。
来月辺り行きたい私です。

投稿: 遊行七恵 | 2006.10.23 21:38

to 遊行七恵さん
ジャコーはカルティエのお抱えデザイナーなので、
その煌くジュエリーを見れるのだろうと、ワクワク
して行ったのですが、ジュエリーは数点でした。

七恵さんがデザイン画に満足されるというのは通だ
からですね。私は即物的ですから、目の前にダイヤ
モンドがきらきらしないと消化不調になります。
量は少なかったのですが、“ブローチ、棕櫚”が
素晴らしい輝きをしてましたので、一応溜飲が下が
りました。

港区郷土資料館の浮世絵展情報ありがとうございま
した。期待できそうなので、近々出かけてきます。

投稿: いづつや | 2006.10.23 23:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/12392131

この記事へのトラックバック一覧です: アール・デコ・ジュエリー展のポショワール:

» アールデコジュエリー [遊行七恵の日々是遊行]
14日から始まった庭園美術館の『アールデコジュエリー』展に行った。このアールデコの館での展覧会は、どれをとっても優美なものに感じられる。 絵画展であれば、宮様の邸宅にお招ばれして、その壁に飾られた名画を楽しむという... [続きを読む]

受信: 2006.10.23 21:30

« 八王子市夢美術館の現代日本画名作展 | トップページ | 奇才 長澤芦雪の魅力 »