« 絹谷幸二のイタリア天空の調べ | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード展 »

2006.05.30

ポンペイの輝き展

3914,5年前にあったポンペイの遺跡展は残念ながら観る機会に恵まれなかったが、今回の“ポンペイの輝き展”
(Bunkamura、6/25まで)はわれわれがイタリアから帰ってすぐ後に開幕したので、期待度がいつになく高かった。

なにか関心のあることへの理解を深めようとするなら集中的に本を読んだり、作品と実際に接するのがいい。ポンペイで遺跡を見てきたばかりなので、展示してある犠牲者の石膏型取りや壁画にもすこし目が慣れている。

しかも、ここにあるものは最新の出土品なのである。この20~30年の間にヴェスヴィオ山周辺の遺跡で見つかったものが、考古学や建築学、人類学、地質学などの最先端の知識を使って学際的に研究された分析結果を添えて地区ごとに展示してある。観光ではポンペイのことしかわからなかったが、ここではヴェスヴィオ山の大噴火で埋もれた他の町における犠牲者の状況もみせてくれるので、大噴火がもたらした被害の全体像をイメージすることができる。

出土品のなかで一番目を惹くのは装身具と壁画。指輪、耳飾り、首飾り、腕輪などの装身具は当時の人たちが息を引き取る瞬間まで体の一部のように身につけてたものだから、いわば死んだ人の分身みたいなものである。使用人、普通の女性、ちょっと裕福な商人の妻、貴族の女性などが所有していたものが色々ある。王侯貴族が集めた高価な宝飾品のコレクションではないので、“ほおー”とため息をつくようなものはないが、ヘビ形の金の腕輪やいくつもの半球をつないだ腕輪などが印象深い。ヘビ形の腕輪が好まれたのはヘビの身体が腕の周りにするものとして適してたのと魔除けになったから。

犠牲者のそばでみつかったもので興味深かったのは海に面する町、エルコラーノにあった外科医療の器具。青銅製のメス、ピンセット、針などは現在使われているものとよく似ている。これらはローマ時代の外科医療が高い水準にあったことの証だという。

壁画やモザイク画では右の“竪琴弾きのアポロ”(部分)がなかなか魅力的。これらの壁画は一度1959年に発見されたが、高速道路の建設を優先するため、いったん埋め戻され、1999年からまた掘り起こしたものだ。アポロはふっくらした顔立ちで、竪琴を横にもち、体を右斜めにむけるポーズがきまっている。背景は赤一色なので、風になびく青い衣装を着たアポロは宙に浮かんでいるようにみえる。“秘儀荘”の赤ほどではないが、これほどの鮮やかさが残っていれば充分感動する。

建物の北壁にあるこのアポロは古代ローマの皇帝、ネロを表しているという説があるらしい。そして、西壁のカリオペはネロの母のアグリッピーナ、東壁に描かれているタリアはネロの二番目の妃ポッパエアを表すという。この説の真意はともかく、“ポンペイの赤”を背景に神々が描かれたこのフレスコ画がこの展覧会のハイライト。

また、図録が秀逸。“ヴェスヴィオ山噴火のドキュメント”によると、ポンペイでは西暦79年8月24日午後1時に噴火が始まり、翌25日の午前8時に第3波の土石流で廃墟と化した。これから先、どんな発見があるのだろう。興味の尽きないポンペイ遺跡である。

|

« 絹谷幸二のイタリア天空の調べ | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポンペイの輝き展:

» ポンペイの輝き [Art & Bell by Tora]
BUNKAMURAで今日から開催の「ポンペイの輝き」をグループ4人で観てきました。 会場の一部には凍りつくような当時の状況が再現されています。 出口にタッチパネルで映像を見られるようになっていましたが、このDVDは販売していません。残念。 初日の夜とあって非常に空いていました。しかし美術館の入り口には黄色のロープが張ってあって、大勢の観客に対応する準備が整っていました。 全部で365点、小さなものが多いので、混雑するとパニックになりそう? 百聞は一見に如かずですが、ホームペ... [続きを読む]

受信: 2006.06.07 21:19

» ポンペイの輝き 古代ローマ都市 最後の日 [ナナシ的エンタメすたいるNet]
先週の土曜にBunkamuraのザ・ミュージアムで開催中の 「ポンペイの輝き 古代ローマ都市 最後の日」を見てきました。 古代ローマ帝国の絶頂期に差し掛かったとき、 南イタリアでヴェスヴィオ火山が噴火。 噴火は翌朝まで続き、ポンペイなどふもとの町々が埋没し、 復興するこ..... [続きを読む]

受信: 2006.06.14 23:02

« 絹谷幸二のイタリア天空の調べ | トップページ | ダ・ヴィンチ・コード展 »