« MOAの速水御舟 | トップページ | 竹内栖鳳の花鳥画 »

2006.03.19

WBC,日本決勝進出

335WBC,ワールド・ベースボール・クラシックで日本は韓国に6-0で快勝し、決勝に進出した。

7回、代打の福留が放った2ランホームランに、トリノオリンピックのフィギュアで荒川静香選手が金メダルを獲得したときと同じくらい感動した。

福留はアテネオリンピックのアジア予選でもいいところで目の覚めるようなホームランを打って、皆を喜ばせたが、今回
もあのとき以上に価値ある見事な一発を打ってくれた。福留の打撃センスとパワー
は前々から現在の左バッターでは松中、金本、岩村、高橋由伸とともにトップクラスと
思っていたが、それを全国の野球ファンにみせつけた。やはりいいバッターだ。

この一打がチームに勢いをつけ、里崎が二塁打を放ち3点目をとり、ベテランの宮本
が綺麗に三遊間ヒット、真打イチローがレフト前にタイムリーと続き、この回一挙に
5点を奪った。8回には前の打席でバントを失敗した多村が左中間の一番深いとこ
ろへソロホームランを打ち、試合を決定づけた。守っては先発の上原が韓国打線を
3安打に抑え込み、薮田、大塚も8、9回を0点に封じた。

一次、二次リーグで韓国に2敗し、選手たちは相当なプレッシャーを感じてたと思うが、
投打ががっちりかみあい韓国に雪辱してくれた。これほど嬉しいことはない。上原の
好投が打線に火をつけた。イチローとともにチームの柱である松中も7回、先頭打者で
二塁打を放ち、チャンスをつくった。韓国と投打の力を冷静に比較してみると、打線は
やはり日本の方が上。一番の青木からラストの川崎まで切れ目がない。イチローが
3番に入ったので、青木、西岡がヒットを打ち塁に出てもらいたかったが、そううまくは
いかない。西岡の鋭いライナーを三塁手に捕られる不運もあった。

守備では韓国のライトがまたまた小笠原のいい当たりを好捕する場面もあり、堅い守り
をみせていたが、日本も多村が元中日にいたイ・ジョンボムの大きなレフトのファール
フライをフェンス間際で捕った。ディフェンス面が互角であれば、勝負は打力で決まる。
日本は対韓国戦に限っていえばやっと本来の力がでたという感じである。

意図的な誤審を堂々とする審判がいたりで、国旗を掲げ、国歌を流すほどの国際大会
かと、?のつくWBCではあるが、韓国はメジャーリーガーを揃え、日本もイチローや
大塚が入るなど両国は現時点での最高の選手を集めて3戦も熱く戦った。いつもの年
より6ヶ月も早く野球の醍醐味を味わえる機会があったのは大変いいことではないだ
ろうか。韓国の人は2回いい気分になり、日本も運があり、おいしいところをいただいて
決勝戦に進んだ。

さて、キューバに勝てるか?松坂にまた頑張ってもらい、打線もイチロー、松中、福留、
多村、小笠原、西岡、里崎らが打ちまくることを期待するばかりだ。21日はまたTV
に釘付けになりそう。

|

« MOAの速水御舟 | トップページ | 竹内栖鳳の花鳥画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WBC,日本決勝進出:

« MOAの速水御舟 | トップページ | 竹内栖鳳の花鳥画 »