« 稗田一穂の豹のいる風景 | トップページ | 庄司紗矢香のブラームスバイオリン協奏曲 »

2005.12.23

小田和正のクリスマスの約束

252昨日、23:50からあったTBS番組“小田和正 クリスマスの約束・大好きな君に”を見た。

昨年も楽しんだが(拙ブログ12/28)、TBSは小田和正ともう4年もこの番組を制作しているという。今年はさいたま市の大きなコンサートホールでのライブだった。

昨年のようなTBSのスタジオでも小田和正の歌をじっくり聴けていいが、ホール
の端から端まで走って歌う小田和正と観客が一体になって盛り上がるのをみるの
もすごく気持ちがいい。コンサートがはじまってすぐ、思わぬハプニングが起こった。
小田和正はリハーサルでエネルギーを温存してなかったのか、2曲目の“ラブス
トーリーは突然に”で“皆さん、お待たせしました”と元気よく走り出したのはいいが、
途中で酸欠状態になり、歌のほうはメロメロ。

皆が一番聴きたがっているテンポのいい名曲だから手抜きするわけにもいかず、
相当きつかったと思われるが、観客にマイクを頻繁にさしむけて、息を整えていた。
“さよなら”になり、やっと本来の高音の響きが素晴らしい小田和正の歌声に戻っ
た。歌い終わったあと、“やっと普通の心拍数になりました”と苦笑い。

ビートルズの“LET IT BE”と短いクリスマスソングを聴いて、その英語の発音
の良さに驚いた。外国人を相手にコンサートをやると大うけするのではなかろうか。
小田和正は日本のクリストファー・クロス。素晴らしい高音の張りと甘い歌声で
80年代に一世を風靡したクリストファー・クロスは好きなシンガーの一人。なかで
も爽やかで美しいメロディーの“ニューヨーク・シティ・セレナーデ”を夢中になって
聴いた。小田和正が好きなのはなんといってクリストファー・クロスのように高音
の伸びが飛びぬけているから。

このコンサートで微笑ましかったのは子供たちと共演した“生まれ来る子供たち
のために”と“明日”。子供たちと一緒に歌うシーンはNHKのおはこと思っていたが、
流石TBS。純真そうな男の子や女の子を舞台に上げてくれた。オリンピックの
開幕・閉幕ショーを思わせる心温かい演出。また、この場面をみて、世界的なテノ
ール歌手、パヴァロッティが故郷、イタリアのモデナで99年開催した“パヴァロッティ
&フレンドコンサート”で、大勢の子供たちがリッキー・マーチンやマライヤ・キャリー
などと一緒に“ウイアーザワールド”を歌ってたのを思い出した。

スパイク・リーが監督をしたこのコンサートビデオはカメラワークが秀逸で、いろん
な角度から歌い手や観衆の表情や動きを美しく映像化していたが、小田和正の
コンサートでも沢山のカメラを使い、会場の熱気と観客の感動ぶりを捉えていた。
特に詩が素晴らしい“たしかなこと”になると、あちこちで涙を流す女性が映し出さ
れる。昨年、生命保険会社のCMに使われているこの曲をはじめて聴いたときは
いい歌だなと思ったが、今年はそれ以上に多くの人の心を揺すぶる名曲に感じられ
たのはこの映像のせいかもしれない。一緒に歌いたくなった。
       
      ♪雨上がりの空を見ていた 通り過ぎていく人の中で
       哀しみは絶えないから 小さな幸せに気づかないんだろ
       時を越えて君を愛せるか ほんとうに君を守れるか
       
       空を見て考えてた 君のために 今何ができるか
       忘れないで どんな時も きっとそばにいるから
       そのために僕らは この場所で
       同じ風に吹かれて 同じ時を生きているんだ
       
       自分のことを大切にして
       誰かのこと そっと想うみたいに
       切ないとき ひとりでいないで
       遠く 遠く離れていかないで
       疑うより信じていたい たとえ心の傷は消えなくても

       なくしたものを探しにいこう
       いつか いつの日か見つかるはず
       いちばん大切なことは 特別なことではなく
       ありふれた日々の中で 君を
       今の気持ちのままで 見つめていること

       君にまだ言葉にして 伝えてないことがあるんだ
       それはずっと出会った日から
       君を愛しているということ
       
       君は空を見てるか 風の音を聞いてるか
       もう二度とこゝへは戻れない
       でもそれを哀しいと 決して思わないで
       いちばん大切なことは 特別なことではなく
       ありふれた日々の中で 君を
       今の気持ちのまゝで 見つめていること
       
       忘れないで どんな時も きっとそばにいるから
       そのために僕らは この場所で
       同じ風に吹かれて 同じ時を生きてるんだ
       どんな時も きっとそばにいるから

今回のコンサートの録画で小田和正の保存版ビデオが出来た。年末までは
これを聴きながら、今年の出来事をあれこれと振り返ろう。

|

« 稗田一穂の豹のいる風景 | トップページ | 庄司紗矢香のブラームスバイオリン協奏曲 »

コメント

はじめまして。
私もクリスマスの約束みました~。
よかったですよね☆ミ
2001~2004のクリスマスの約束は見たことなくて・・・録画してあったりしますか?
もしあったらダビングさせてほしぃんですm(__)m
いきなりごめんなさぃ!!

投稿: いちご | 2005.12.24 17:34

to いちごさん
はじめまして。書き込み有難うございます。小田和正のコンサートホール
でのライブよかったですね。多くの女性が涙を流してるのをみて、
小田和正が作る音楽の力はすごいなと思いました。子供たちと一緒
に歌ったシーンを外国の方にも観てもらいたいですね。日本にもこんな
素晴らしいアーティストがいます。

カメラワークが大変うまく、いい保存版ビデオになりました。昨年は収録し
たのですが、残念ながら消してしまいました。ご免なさい。

投稿: いづつや | 2005.12.24 18:14

声が本当にすっごくきれぃですよね。
感動しました。

そうですか。丁寧に答えてくれてありがとうございました(*^_^*)

投稿: いちご | 2005.12.24 19:01

to いちごさん
小田和正の美しい歌声を聴くと、心が洗われますね。カリスマ性の
高い(普段は面白い人)井上陽水に対して、小田和正がひたすら歌い
続ける“君と僕の愛の歌”は、幅広い年代にまたがって多くの人の心を
とらえています。

どこかの寺の住職が今年のキーワードを墨で“愛”と書いてましたね。
今、まさに時代が小田和正の歌を求めてます。

投稿: いづつや | 2005.12.24 22:00

こんばんは はじめまして
クリスマスの約束 今年は見逃してしまいました ここ数年は保存版としてしっかり残してあったのに今年は、日にちを間違えていてすっかり忘れていました 何とか見たくて探しているのですが 貸して頂く事って無理でしょうか
色々と探しまわっていづつやさんの所にたどり着きました 突然すみません 必死で探しているんです

投稿: TAKE | 2005.12.29 00:27

to TAKEさん
はじめまして。ビデオをお貸しするのはちょっと勘弁してください。ご免なさい。

投稿: いづつや | 2005.12.29 00:38

いづつやさん どうもです
ですよね でもダビングお願いするってのも著作権で.......って難しい問題もあるし
お貸しくださいってしか言えないんですよね
今まで取った数年分のVHSをDVD化して保存版作ったのですが今年は馬鹿やっちゃって見れなかったんです
本当はダビングでも.........
とにかく見たいんです 何とか方法ないのかな
あれこれ考えてまだ起きてます

投稿: TAKE | 2005.12.29 04:12

to TAKEさん
再度ですが、ご免なさい。

投稿: いづつや | 2005.12.29 10:00

変なこと頼んじゃって ゴメンなさいね
ありがとうございました
先ほども昨年のクリスマスの約束みて感動していました
またこのブログ遊びにきますね
それにしてもあの小田さんの高音素晴らしいですね
井上陽水、ハイファイセット時代に育ち、昔はよくコンサートにもいきました
中学、高校時代は、S&Gにのめり込んでいました
セントラルパークコンサートと比べるとアートガーファンクルの高音の伸びが少し衰えたかな、やはり年は感じますね
小田さんいつまでも頑張って欲しいですね
変な書き込みしちゃってゴメンなさい
純粋に音楽が好きなだけですから気にしないでください


投稿: TAKE | 2005.12.30 08:48

to TAKEさん
小田和正は声もいいですが、人柄もよさそうですね。これからもいい曲を
期待したいです。クラシックやオペラ以外の音楽ネタは多くないのですが、
琴線にふれる曲があれば、取り上げようと思いますので、よろしくお願いします。

投稿: いづつや | 2005.12.30 18:23

いづつやさん 初めまして。

今、小田さんのライブが見たくて2001から2005の
クリスマスの約束の音源を捜しております。
変な書き込みで申し訳ありませんが、もし宜しければダビング
を願えないでしょうか?

投稿: sakusaku | 2006.05.10 02:07

to sakusakuさん
はじめまして。ビデオのダビングはご勘弁ください。ご免なさい。

投稿: いづつや | 2006.05.10 18:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小田和正のクリスマスの約束:

« 稗田一穂の豹のいる風景 | トップページ | 庄司紗矢香のブラームスバイオリン協奏曲 »