« 俵屋宗達の鹿図 | トップページ | 王子江個展 »

2005.12.06

華麗なるマイセン磁器展

235東京都庭園美術館では現在、“華麗なるマイセン磁器展”(06/1/22まで)が開催されている。

この美術館は過去、アンソール展のとき訪れただけであまり馴染みが無い。今回はJR目黒駅から行ってみたが、10分くらいで着いた。

マイセン磁器をみる機会が普段あまりないので、200点近くが出品されるこの展覧会への興味は高かった。売り物と
してのマイセン展は日本橋三越などでみたことがあるが、まとまったコレクション
を鑑賞したのは広島県にあるウッドワン美術館しかない。

2年前の中欧ツアーでマイセンの町を訪れ、マイセン磁器の製作所で作品が出来
る工程や彫像や食器類をみて、目が少し慣れていたので、ウッドワンにある色鮮や
かな壷の前では、推定購入価格を想定したりした。この大瓶はおよそ3000万円
くらいかな。。ここのは全部合計すると○○億円は下らない。。勝手に俄か鑑定人に
なっていた。余談だが、ここはアールヌーボー作家、ガレの素晴らしいガラス作品
を何点も所蔵している。

“華麗なるマイセン磁器展”では、ベットガーによって欧州ではじめて白い磁器がつく
られた1709年以降の作品から20世紀はじめまでのマイセン磁器の名品が飾ら
れている。日本にあるマイセン磁器コレクションでは数、質ともにトップクラスという。
“柿右衛門の写し”、“猿の人形”、“彫像”、“カップ&ソーサー”、“装飾鏡”、“シャン
デリア”など小さな置物から豪華で見栄えのする作品まで色々ある。これらが展示
されてる部屋がまた洒落ているので、王侯貴族の館で鑑賞している気分になる。

右は1735~45年頃つくられた柿右衛門様式をアレンジした“色絵獅子昆虫花鳥
図”。東洋の鳥や動物の文様にまだ慣れてないためか、見込みに描かれた獅子や
鶴はわれわれが知る姿態とはかなり違う。獅子には翼がある。ドイツでは“朝鮮
の有翼の獅子”とか“緑の獅子”というらしい。意匠的には、縁のレリーフが欧州独
自のフォルムで東洋とヨーロッパのデザインが組み合わさった皿になっているが、
見込みの昆虫・花鳥、鶴、獅子、縁の蝶や花はともに三角形のように配置さ
れており、やはりあちら風。

柿右衛門の写し以降はバロック、ロココ、新古典主義の作風を取り込み、マイセン磁器
は黄金時代を迎える。磁器の人形やギリシャ神話を題材にした壷や瓶の優品が
所狭しと並んでいる。人物像の白の磁肌に描かれた美しい紫、黄色、薄ピンク、緑
の衣装にしばしうっとり。タイトル通り、華麗なるマイセン磁器の数々であった。


|

« 俵屋宗達の鹿図 | トップページ | 王子江個展 »

コメント

いやいやこの展覧会今日行ってきましたが、美を観る喜びここにきわまれりという感じです。
何しろ「猿のオーケストラ」ですからね、指揮者もヴァイオリン奏者もちゃんといる。
いづつやさんには釈迦に説法ですが、職人のこだわりというのがここまで反映されているとは!
憎憎しいめがねの「仕立て屋」とか上げていったらきりがありません。
これは今年の僕のベスト五にはいる展覧会でした。

投稿: oki | 2005.12.13 23:38

to okiさん
最初の部屋に飾ってあった“猿のオーケストラ”は目を惹きましたね。
緑とか紫は好きな色ですので、楽しめました。西欧の美術品のなか
に猿はあまり見かけませんが、楽器を演奏させるのは確かに猿が
いいでしょうね。これは圧巻です。

この猿とokiさんご指摘の眼鏡をかけた“仕立て屋”にちょっと毒が
ありますね。綺麗々ばかりのなかにこういう作品があるのが冴えて
ます。観てて飽きない、気持ちがハイになる豪華な展覧会でした。
コレクションするのに○○億円くらいはかかりそうですね。

投稿: いづつや | 2005.12.14 11:34

いづつや様
こんにちは。最終日前のかけこみで庭園美術館に行ってまいりました。
おっしゃる通り、アール・デコ様式の宮家のお部屋にマイセンはしっくり合っていました。
初期のマイセンは景徳鎮や伊万里もどきで日本人の目から見ると絵柄等は珍奇な感じがしましたが、西洋独特の縁模様とシノワズリーの絵柄がしっくりと合っていたのは新たな発見でした。また全盛期の色絵つけの見事さには目を見張りました。
遅くなりましたがTBさせていただきます。

投稿: アイレ | 2006.01.23 13:06

to アイレさん
ここがアール・デコ様式の建物になった経緯は知らないのですが、
展示する美術品としてはマイセンほど相性のいいものはないで
しょうね。やきものや装飾品などの工芸品をこいう部屋で鑑賞できる
のは最高にいい気分です。

今回のマイセンは量、質ともに一級品のように思います。日本でマイセン
をこれほど多くみれる機会はあまりないでしょうね。色使いが素晴らしい
全盛期の名品に釘付けになりました。

投稿: いづつや | 2006.01.23 17:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 華麗なるマイセン磁器展:

» 華麗なるマイセン磁器 [青色通信]
華麗なるマイセン磁器 シノワズリー、ロココからアール・ヌーヴォーまで 1月21日 東京都庭園美術館(〜1月22日)  ヨーロッパで初めて磁器の製造に成功したドレスデンのマイセン。現在でも洋食器の1ブランドとして人気がとてもありますね。そのマイセンの流れが概観...... [続きを読む]

受信: 2006.01.23 03:29

» 西暦1710年 - マイセン陶磁器製作所の創立 [ぱふぅ家のホームページ]
【更新】1710年、ドレスデンに王立ザクセン磁器工場が創立され、硬質磁器製造の独占権が与えられた。これが現在の「国立マイセン磁器製作所」のはじまりである。 [続きを読む]

受信: 2014.04.28 01:04

« 俵屋宗達の鹿図 | トップページ | 王子江個展 »