« 華麗なる吉田屋展 | トップページ | 謹賀新年 展覧会情報 »

2005.12.31

洛中洛外図屏風(舟木本)の踊り

260今年最後のブログは大変気に入っている踊りの絵で締めくくりたい。12/6から東博平常展に展示してある“洛中洛外図屏風”(拙ブログ12/9,来年1/15まで)を4回も見た。

それは一つは購入したパスポート券(3000円)、もう一つは奥平俊六著の解説本“洛中洛外図舟木本”(小学館、01年4月)のせい。

パスポート券だと平常展は無料なので、つい上野に足が向かう。Takさんやおけ
はざまさんから聞いてたのだから、もっと早く購入しておけばよかったと今頃悔やん
でいる。刊行された年に手に入れた解説本が今、フル回転で役立っている。
この本は、六曲一双の屏風に出てくる人々の姿を色々ピックアップし、吹き出しの
せりふまでつけ面白人物図鑑のように編集してくれてるので、読んでて楽しい。
とくに艶っぽい情景をみるとついニヤニヤしてしまう。

で、折角本物と向き合ってるのだから、この本に出てくる場面と人物を全部確認し
ようと単眼鏡でつぶしているうち2回、3回。。と回を重ねてしまった。大半は“右隻
6扇下”とかが書いてあるのですぐ見つけられたが、吹き出しがついてる人物にはこ
の注がついてないので手間取った。実際これを実行された人なら(あまりいない
だろうが)、多くの場面の中からピンポイントで該当する人物を見つけるのは大変だと
いうことがわかるはず。2回目のとき、ボランティアの方が“熱心ですね、何かお聞きに
なりたいことがあればお答えしますよ”と親切にも声をかけてくださったので、渡りに
舟とばかりにどうしても見つからない座頭を一緒に探してもらったが、この方もわか
らず、次回へ持ち越すことになった。

家に帰り、このことを隣の方に話すと“最初にあれだけ見たんだから、ポイントの場面
だけでいいではないですか。どうでもいいことにこだわってるのですね”と呆れられた。
確かに傍からみると、そうかもしれない。でも、次回の展示は3,4年先だろうから、
なんとしても見ておきたい。結局、単眼鏡を頼りに4回通って、全部クリアした。お陰で
この洛中洛外図は細かい描写を含めて相当詳しくなった。

中でも行く度にしっかり楽しんだのが右隻に見られる踊りや歌舞伎舞台の場面。とく
にダイナミックな体の動きや顔の表情から踊りを心底楽しんでいる様子が伝わっ
てくるのが、“五条大橋”の上で桜花を手に、老若男女が入り乱れて踊り渡る場面と、
右の“六条三筋町遊里”の一角で笹や菖蒲、牡丹をもち体を左右に傾けながら踊っ
ている女たち。また、着ている衣装の繊細な文様や鮮やかな色の組み合わせは、
装飾性豊かな日本の工芸美を受け継いでおり、都市文化における意匠感覚や美
意識の高さを窺がわせる。

今年は風俗画の名作をみる機会に恵まれた。年初の山口蓬春記念館でみた“十二ヶ
月風俗図”、MOAの岩佐又兵衛作、“浄瑠璃物語絵巻”、念願の“上杉本の洛中洛外
図”、そしてそれこそ隅から隅までみた“舟木本”。日本画の中では水墨画、絵巻、
仏画などと較べて風俗画の代表作をまだ沢山見残しているので、来年はピッチを上げ
ようと思っている。風俗画の原点である洛中洛外図屏風の代表作を時間をかけてみた
ので、これからは今年以上に風俗画が楽しめるような気がする。

今年一年、拙ブログにお付き合い頂きまして誠に有難うございます。皆様、よいお年
をお迎え下さい。

|

« 華麗なる吉田屋展 | トップページ | 謹賀新年 展覧会情報 »

コメント

あけまして おめでとうございます

映画のように大画面を楽しむ屏風もイイ感じですが,単眼鏡で世界に入り込むように見る屏風も楽しいですよね.

今年最初は東博に行こうと思っています.
「松林図屏風」も楽しみですが,「洛中洛外図舟木本」もじっくり見てきたいと思います.

昨年はいづつやさんのblogから多くを学ばせていただきました.また拙blogへのコメントもありがとうございました.

今年もよろしくお願いいたします.

投稿: おけはざま | 2006.01.01 10:46

to おけはざまさん
あけまして おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

洛中洛外図を見る前に買った単眼鏡が大活躍してます。米沢でみた
上杉本に較べると全体が暗いですね。ですから、上のほうは単眼鏡で
ないとよく見えません。この舟木本は岩佐又兵衛の工房で描かれたもの
ですから、人物描写が生き生きしてますね。解説本と照らしあわせな
がらみると、たしかに人物の喜怒哀楽がでてます。時間が経つのも
忘れて、顔の表情や着物の文様、色を丹念に見ました。

江戸時代初期における、京都の町並み、神社、寺、人々の仕事ぶりや
遊びの様子がこの絵でわかるのですから、洛中洛外図というのは風俗史を
研究する上でも貴重な資料ですね。十二分に堪能しました。どうか、
お楽しみください。

投稿: いづつや | 2006.01.01 12:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/7922258

この記事へのトラックバック一覧です: 洛中洛外図屏風(舟木本)の踊り:

« 華麗なる吉田屋展 | トップページ | 謹賀新年 展覧会情報 »