« 洛中洛外図屏風(上杉本) | トップページ | 吉野石膏コレクションのルノワール »

2005.11.10

羽黒山五重塔

212洛中洛外図とともに今回の山形旅行の目玉、“羽黒山五重塔”は山形自動車道の庄内あさひICで降りて、30分くらい走ったところにある。

雪道を運転する経験が無いので、11月上旬がここを訪れる最後のチャンスと心得、計画を練っていた。出羽、羽黒山の五重塔(国宝)をこの目で見てみたいと思った直接のきっかけは、2年前、BS2であった“国宝100選”に冬の五重塔が登場し、その古くて凛々しい姿
に魅せられたため。ちょうど右の写真のような感じだった。

海抜436メートルの羽黒山の麓から出羽神社の表参道ははじまっており、歩い
て間もなく、樹齢2、3百年を超える鬱蒼とした杉並木に囲まれる。中でも千年を
超えるという巨杉、“爺杉”にびっくりし、ため息をついたあと、顔を右に向けると、
杉木立の間から五重塔が姿をあらわす。小さな石が敷き詰められた道の両側にそ
びえる、垂直線から少し内側に傾いた老杉が奥に立つ五重塔を引き立てている。
ううーん、これは立派な五重塔。。とつい唸ってしまう。誰もがここで写真を撮りたく
なるのではないだろうか。

この塔は、承平(じょうへい)年間、(931~938)平将門(たいらのまさかど)の
創建と伝えられるが、現在の塔はその後の再建によるものであることが分かっている。
おおよその時期は応安年間(1368~75)。世は鎌倉のあと、南北朝時代のころ
である。五重塔は三間五層の木造で、高さは30m。屋根は柿葺(こけらぶき)。
長年の風雪により、木肌が風食し、白くなっている。白さが時の流れを教えてく
れると同時に、その古さが極上の美をつくりだしている。

歴史的にみると、五重塔はその存在が危うい時期があった。明治の廃仏毀釈で、
まわりの石地蔵が谷底に捨てられたり、仏像が売り払われる中、五重塔も百日以内
に破壊せよと命じられたが、幸い、豪雪の時期に入ったため、破壊を辛うじて免れ
たという。五重塔を見た後、クルマで山頂まで行き、月山、羽黒山、湯殿山の三神
を祀っている“三神合祭殿”(重文)を参拝した。急な石段を慎重に登りながら、
上を見上げると、白が鮮やかな龍の彫り物がこちらを睨んでいた。日光東照宮の
豪華な彫刻の小型版である。現在、修復中で残念ながら、祭殿全体の姿をみること
ができなかった。

案内の人に月山までクルマで行けるか訪ねると、もう冬期なので無理とのこと。
次回の月山登りに思いを馳せながら、羽黒山を後にした。

|

« 洛中洛外図屏風(上杉本) | トップページ | 吉野石膏コレクションのルノワール »

コメント

この五重塔は山形に旅した時に見ましたが、雪景色の中ではいっそうきれいですね
私の忘れられない五重塔は、山口市の瑠璃光寺・五重塔です 
もう一度行きたいのは、萩でも津和野でもなくてココなんですよ

屏風、根津美術館で燕子花図観てからやけに心惹かれます

投稿: えみ丸 | 2005.11.11 05:26

to えみ丸さん
羽黒山五重塔、まだ雪は被ってなかったですが、冬は写真のようになるん
でしょうね。木肌の白が長い年月を感じさせ、大変感激しました。

私も山口の瑠璃光寺・五重塔が、五重塔の中では一番好きです。
前に池があり、カメラアングルとしては最高ですね。山口は西の京都
といわれるだけあって、この五重塔には雅な雰囲気が漂っています。

My五重塔ベスト5は、1位は瑠璃光寺ですが、あとは順位無しで、
東寺、法隆寺、興福寺、羽黒山(いずれも国宝)です。

投稿: いづつや | 2005.11.11 10:19

あれを観たのはまだ学生時代、
とてもキレイだと思ったことしか覚えていないのに、忘れられないんですよ(^^; 
土地の友だちに案内してもらいましたが、友だちはさほどどうとも思っていませんでした(笑)
ベスト5、私もみな好きです
東寺の五重塔は、帝釈天を追いかけて行ったら出会ったキレイな塔でした 
室生寺の五重塔は入りませんか? 

投稿: えみ丸 | 2005.11.11 13:58

to えみ丸さん
お寺を沢山回られてますね。ベスト5にしたので、書きませんでしたが、
室生寺の五重塔もいいですね。石段を上っていったところにあります
から、感動しますね。また、岡山と倉敷の間にある、備中国分寺
にも遠くからよく見える立派な五重塔があます。来年は醍醐寺の
五重塔を見に行こうと思ってます。

屏風に興味がおありでしたら、江戸東京博物館で開催中の“川端龍子”に
行かれるとよいかもしれません。近代日本画の大作が沢山でてます。
観てのお楽しみですが、琳派風の作品が2点あります。

投稿: いづつや | 2005.11.11 17:36

室生寺の五重塔は大好きで、
再建されてどう変わったのかこわごわ見に行ったら、
清らかですがすがしく、建てられた時はこうであったろうという姿に感動しました 
白壁に夕日があたり金色になるのが
極楽浄土を意味すると友だちが教えてくれましたが、
午前中行ったのでソレは見られませんでした

備中国分寺の五重塔、心に留めておきます
“川端龍子”も行けたら良いな

投稿: えみ丸 | 2005.11.11 21:26

to えみ丸さん
再建された室生寺の五重塔はまだ、見てません。次回、クルマで
京都・奈良美術巡りする際は、寄ってみたいです。

投稿: いづつや | 2005.11.11 22:44

はじめまして。
私も先日羽黒山へ行ってきました。
ここの五重塔は本当に時の流れを感じさせる塔でした。
写真のような雪の五重塔も美しいでしょうね。
今年の夏に東寺の五重塔の中に入ってきました。
造りがすごくしっかりしていて、高さの縮みを予測して、中心の柱を切っていくというのには驚きました。
昔の人の技ってすごいですね。

投稿: るみ | 2005.11.23 16:34

toるみさん
はじめまして。書き込み有難うございます。羽黒山の五重塔は今頃、
雪を被って写真のようになってるでしょうね。美しい五重塔を前にし、
感動しました。雪深く険しい出羽の地に、こんな塔を建築するのですから、
当時の木造建築技術はかなりのレベルにあったんですね。驚きます。
東寺の五重塔もしかりです。
これからもよろしくお願いします。お気軽にお越し下さい。

投稿: いづつや | 2005.11.23 19:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羽黒山五重塔:

« 洛中洛外図屏風(上杉本) | トップページ | 吉野石膏コレクションのルノワール »