« モネの積み藁 | トップページ | ゲルハルト・リヒター展 »

2005.11.22

ミラノ展のセガンティーニ

22212/4まで千葉市美術館で行われてる“ミラノ展”は一つの都市に焦点を当てた珍しい展覧会である。

昨年のフィレンツェに続き、今年はプラート(9月、損保ジャパン美)とミラノが取り上げられた。都市に関わるものなら、美術品、文献など何でも展示できるので、作品のバラエティと博物館スタイルの展示が見る側にとっては魅力かもしれない。

ただ、都市の変遷のどの時期にスポットを当てるかは都市間で違いがある。パス
したフィレンツェ展は、確かルネサンスが中心だったように記憶しているが、
プラート展でも作品はルネサンス、バロックの絵画だけであった。これと較べるとミラ
ノ展は、都市の歴史をかなり長いスパンでとらえ、出品作はローマ時代のブロンズ
胸像からダヴィンチのデッサン、現代絵画のフォンタナまでカバーしている。作品は
68点ある。

目玉はチラシに使われてるダヴィンチの素描、“レダの頭部”。作品数の少ない
ダヴィンチの絵なので、貴重な機会だが、思った以上に小さい。チラシでは髪の毛一
本々が緻密に描写されているが、顔をぐっと近づけないとこのようには見えない。
紙の表面に塗られた赤色がかなり落ちているが、ダヴィンチならでは目元や
唇の表現にうっとりする。

この展覧会で期待してたのはこの素描とセガンティーニの絵。若い頃、ミラノの夜間
美術学校で絵を学んだセガンティーニ(1858~1899)の作品を所蔵するミラノ市立
美術館から2点出ている。スイスアルプスの牧草地の牛を描いたのと右の“ギャロ
ップで走る馬”。とくに馬の絵には衝撃を受けた。過去、動きのある馬の作品で魅せ
られたのはロートレックの版画、“騎手”(プーシキン美展にも出品されている)だっ
たが、セガンティーニのこの馬にも心揺さぶられる。宙を飛んでるように見える馬の体
は陰になってる前足の一部と頭部を除いて、アルプスの光を受けて輝いている。

この信じられないような輝きはセガンティーニ独自の技法、色を混ぜないで細長いタッ
チで描写する“分割法”により生み出されている。これは色彩を最大限に明るく見せ
る描き方。28歳からスイスに移り住んだセガンティーニはこの技法でアルプスの澄ん
だ空気と光に照らされた風景を描き、名画を沢山残している。今回の出品作2点は
スイスにおける最初の地、サヴォニンで描かれたものである。

セガンティーニの作品をみる機会は少ないが、光輝く画風にはモネの絵と同様、魅了さ
れている。昔、スイスのジュネーブに住んだことがあるのに、サンモリッツにあるセガン
ティーニ美術館を知らず折角の機会を逃してしまった。悔やまれてならない。2年前、
ウイーンでこの画家の絵を見て、ますます興味が涌いてきた(拙ブログ1/23)。

BunkamuraのHPによると、来年、開催される“スイススピリッツ展”(3/4~4/9)に
セガンティーニ美の名画、“アルプスの真昼”(1891)が展示されるようだ。これは
有難い。ほかにも何点かでてくることを期待して開幕を待ちたい。

|

« モネの積み藁 | トップページ | ゲルハルト・リヒター展 »

コメント

いずつやさん

私もセガンティ-ニの馬と牛(とくに前者)に感動し、思わずHPに画像をアップしてしまいました。
しかし、面白かったのは、その手前にあったジャポニズムの画で、セガンティーノのイニシャルを勝手に付け加えて高値でこの画を売ろうとした画商グルビッチと縁を切ったロンゴーニの潔癖さと、それを容認せざるをえなかった思われるセガンティーニの現実性の対比です。

投稿: とら | 2005.11.23 20:30

セガンティーニ。私もウィーンで見ています。後最近どこかで一つ見たけれど。。。忘れました。この人の光は本当にすごい。
走るうまは見た事がありませんでした。絵の前に立ったら思わずのけぞりそうないきおいですね。

投稿: seedsbook | 2005.11.23 21:51

to とらさん
セガンティーニのこんないい絵がでてるとは思ってもみなかったので、
満足感一杯でした。馬は今にも画面から跳び出してきそうでしたね。
ダヴィンチとこの馬の絵で元はとれました。江戸絵画のビッグなおまけも
ついてましたし。ロンゴーニはエライです。自分の絵に自信をもってる証拠
ですね。

投稿: いづつや | 2005.11.23 23:12

to seedsbookさん
ウィーンにあるセガンティーニの絵は以前から抱いていた画家のイメージ
と随分違った象徴的な絵だったので、とまどいました。ミラノ市立美が
所蔵してる“ギャロップで走る馬”には光の表現と馬の姿でKOされました。
世の中にはいい絵が沢山ありますね。楽しいです。

投稿: いづつや | 2005.11.23 23:25

ミラノ展良かったです。
千葉だとちょっと遠い感じがしますが、テーマがはっきりしていて良かったです。
ダ・ヴィンチが目当てだったのですが他にもいろいろといいものがあってお得感ありました。
TBさせていただきます。

投稿: ふとんちっと | 2005.11.26 13:58

to ふとんちっとさん
はじめまして。書き込み、TB有難うございました。作品を通じて、少しミラノ
が近くなりました。作品の少ないダヴィンチのデッサン、セガンティーニの
いい絵がみれましたので、満足です。これからもよろしくお願いします。

投稿: いづつや | 2005.11.26 23:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミラノ展のセガンティーニ:

» 「ミラノ展」レオナルドの素描がかぶりつきで見られます [お台場を遊ぼう!ふとんちっとのお気に入り]
金曜日は遅い時間まであいているので千葉まで行った来ました。私の住んでいるところからだと乗り換えが多くて結構遠いのでした。千葉県立美術館と千葉市立美術館とかってに勘違いしてて、京葉線の千葉みなとのすぐそばかと思ってました。到着は4時すぎちゃったけど、すご...... [続きを読む]

受信: 2005.11.26 13:56

« モネの積み藁 | トップページ | ゲルハルト・リヒター展 »