« 酒井抱一の四季花鳥図巻 | トップページ | イサム・ノグチ展 »

2005.09.16

レオナルド・ダ・ヴィンチ展

171六本木ヒルズにある森アーツセンターギャラリーではじまった“レオナルド・ダ・ヴィンチ展”をのぞいてきた。この展示の主役は絵画ではなく、ダヴィンチが晩年に書いた直筆の研究ノート、“レスター手稿”。

これを現在持ってるのがあのマイケルソフト社のビルゲイツ。この種の展覧会は国立科学博物館のようなところが相応しいと思うが、官僚体質が抜けきらない国立の博物館などでは小回りがきかず、
マーケティングの上手な民間の森アーツセンターが、昨今のダヴィンチコード人気
を多分に意識して、所有者のビルゲイツと交渉したのだろう。

このノートは一年に一度、一カ国だけしか公開されず、日本で公開されるのは
はじめて。万能の天才、ダヴィンチの手稿はこれまで収録したルネサンスビデオで
みたことがあるので、手稿そのものに大感激ということは無い。が、照明を落とした
部屋に展示されてる18枚、全72頁の本物を前にすると、科学にたいする並外れた
頭脳で解き明かした宇宙や自然の謎が、このように図入りで書き留められたの
かとちょっと神妙になる。

右は“第14紙葉表”の一部。水流の変化を決める物体を水の中に置き、それら
障害物による現象を説明している。このノートの全翻訳はまだ無く、一部がなされた
のみ(図録に掲載)だそうだ。これから日本でも作業が進むのだろうか。だが、研究
者でも手強い仕事に違いない。本物は暗くてよく見えないところがあるので、他の
手稿とともに画像がインプットされてるパソコン(出口の所に6台位ある)を操作し
て、じっくり見たほうがいいかもしれない。画面には馴染みの解剖図や人物の
デッサンなど(ウィンザー紙葉)がでてくるので、ダヴィンチの写実的なデッサンを
楽しむ事が出来る。

ルネサンス大好き人間としては見逃せない展覧会であった。展示は11/13まで。
明日から、拙ブログは1週間お休みします。

|

« 酒井抱一の四季花鳥図巻 | トップページ | イサム・ノグチ展 »

コメント

流石いづつやさん。
早いです!

参考にさせていただき
観に行ってきたいと思います。

投稿: Tak | 2005.09.16 22:24

to Takさん
このレスター手稿というのは専門家でないとあまり縁のないもの
ですね。こういうのが今、ビルゲイツの手の中にあるんですね。
日本語だけで無く、他の外国語でもまだ全翻訳がないそうです。
ルネサンスを語るとき、ダヴィンチははずせないので、こういう資料の
本物を見たというのは嬉しいですね。

投稿: いづつや | 2005.09.16 23:08

ビルゲイツの手元にこんな宝があるのですか。。。
とても見たいものです。
こちらでも話題ではありますが日本のダヴィンチコード騒ぎはなかなかすごい様ですね。
ダヴィンチの考案した戦車などを作ってみた話を先日TVで見ました。
しかしこの手に展覧会は暗いのは仕方ないのですが、年のせいでこの頃目に辛くてたまりません(笑(

投稿: seedsbook | 2005.09.17 15:58

「いづつやの文化記号」
良いブログですね!!!
今後も参考にさせていただきたく存じます・・・
私とも趣味が合うようで光栄です・・・

投稿: アンティーク | 2005.09.17 22:09

to seedsbookさん
この企画展、資料を見るだけなので絵画鑑賞とは勝手が違いますが、
ルネサンスの時代、ダヴィンチが書いた本物のノートなので、見入っ
てしまいます。

これをビルゲイツが持ってるのが凄いです。アメリカの石油王、ハマーの
遺族から手に入れたとのことです。日本ではダヴィンチとかルーブル
だと皆駆けつけますから、入場者は多いです。ましてや書店に
はダヴィンチコード関連本が沢山並んでるご時勢ですから。

投稿: いづつや | 2005.09.24 15:43

to アンティークさん
はじめまして。書き込み有難うございます。美術全般について、
広く浅く書いてます。ダヴィンチの直筆ノートですから、興味深々で
す。ルネサンスにタイムスリップして、目の前でダヴィンチ
が論考をしたためているのを部屋の隅のほうで見ている自分を
勝手に想像してました。

投稿: いづつや | 2005.09.24 16:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65878/5973664

この記事へのトラックバック一覧です: レオナルド・ダ・ヴィンチ展:

» 「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」 [弐代目・青い日記帳]
森アーツセンターギャラリーで開催中の『レオナルド・ダ・ヴィンチ展』 天才の予言「ダ・ヴィンチノート」(直筆ノート「レスター手稿」日本初公開)に 行って来ました。 今回の展覧会を観に行く前に、池上先生やイタリアのダ・ヴィンチ研究家の面々が集ったシンポジウムを運良く拝聴する機会に恵まれました。 久々に学生気分に戻り机でペンを走らせダ・ヴィンチ自身に関することや、レスター手稿についての「予習」が出来たことは何ものにも代え難い経験でした。 ・池上先生のblogはこちらです。 ・私... [続きを読む]

受信: 2005.10.06 14:06

« 酒井抱一の四季花鳥図巻 | トップページ | イサム・ノグチ展 »