« 夏の昆虫 | トップページ | パリ・ギメ東洋美術館 »

2005.08.14

イサム・ノグチ

144彫刻家、イサム・ノグチが昨日放映されたTV東京の“美の巨人たち”に登場した。わずか30分の番組だったが、非常に感激した。

イサム・ノグチの名前は前から知っている。が、この世界的な彫刻家の作品を実際に見たことがほとんどない。箱根の彫刻の森にあったかどうか?覚えてる彫刻は04年4月、森美術館であった“MoMA展”に出てた右の大理石でつくられた“柱頭”。ジャン・アルプの
作品と似ていた。もう一つ、横浜美術館にある黒と緑の海蛇みたいな彫刻もよく
記憶している。

このイサム・ノグチがマスタープランを作った札幌市にある“モエレ沼公園”が今年7月、
17年の歳月をかけて完成したという。ノグチが1933年の頃構想したプレイマウンテン
(遊び山)がようやく日本で実現したのだそうだ。189ヘクタールの公園に造られた
人工の山、噴水、黄色や青の色をした球体や立方体の遊具などをみて、北の大地、
札幌に世界に誇れる素晴らしい公園が出来たなと、拍手をしたい気持ちになった。
番組のタイトルは夏休みに行きたい所とあるが、機会があれば訪ねてみたい。

ピラミッドの階段に使われている3000個の石は香川県牟礼町産の花崗岩だそ
うだ。イサム・ノグチは48歳の時(1952年)、牟礼町に住み、花崗岩を使った彫刻を
制作している。若い頃、仕事で高松に1年住んだことがあり、職場にも牟礼から通
ってくる人がいたりで、懐かしい感じがする。が、その頃は花より団子という調子が
強く、イサム・ノグチのことなど知りようがない。今から思えば、もっと早くイサム・ノグ
チ庭園美術館に気がつけばよかったなと悔やまれる。美術鑑賞には得てしてこんな
ことがある。

この番組でイサム・ノグチの経歴がすこしわかった。パリに留学してたとき、ルーマニア
の抽象彫刻家、ブランクーシの影響を受けたらしい。そういえば、ノグチの作品に
はブランクーシを感じさせるものがある。イサム・ノグチの本を持ってないので、作品群
がどこにあるのかわからない。MoMAやブッゲンハイムにありそうな気がするが、どう
いう訳かここでノグチの彫刻を見たという記憶がない。常設展示ではない?観る側
の意識にノグチの名前が希薄なため、見ててもすぐ忘れたのかもしれない。次回、
NYを訪れるときはきっちり作品を目に焼き付けようと思う。

|

« 夏の昆虫 | トップページ | パリ・ギメ東洋美術館 »

コメント

東京都現代美術館での展覧会
今から楽しみですね!!

TBさせていただきました。

投稿: Tak | 2005.08.18 16:52

to Takさん
東京都現代美術館で9/16から11/27まで“イサム・ノグチ展”
が開催されるのですね。知りませんでした。情報有難うございます。
これは楽しみです。

札幌のモエレ沼公園に行ってみたくなりました。長年の構想が日本
で実現するなんて素晴らしいですね。イサム・ノグチの経歴がわかりまし
たので、この作家の作品をこれからしっかり見ようと思います。

投稿: いづつや | 2005.08.18 17:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イサム・ノグチ:

» イサムノグチの集大成!モエレ沼公園 [ダイエットの旅【Diet Blog】]
先日8月13日テレビ東京系、ソラのお気に入りテレビ番組「美の巨人たち」にて北海道・札幌市にあるイサムノグチ・作『モエレ沼公園』について放送された。その広さ189ヘクタール、標高差50メートルもの広大な空間に表現されたイサムノグチの構想50年の「プレイマウンテン」。..... [続きを読む]

受信: 2005.08.16 12:23

» イサム・ノグチ切手 [弐代目・青い日記帳]
これ(「真夜中の太陽」)と  これ(「Akari」)足して、 この芸術家の顔をさらに重ねると・・・ 平成16年11月4日。 彼の生誕100年を記念して発売された この切手になります。    彼の名前はイサム・ノグチ。Isamu Noguchi (1904-1988) 一度や二度は耳にしたことある名前だと思います。 横浜美術館の展示作品解説シートにあった彼の略歴です。 イサム・ノグチ(1904-88年)は、詩人の野口米次郎を父に、アメリカ人を母としてロサ... [続きを読む]

受信: 2005.08.18 16:51

« 夏の昆虫 | トップページ | パリ・ギメ東洋美術館 »