« ベルニーニ | トップページ | コレッジョとギリシャ神話 »

2005.05.23

大相撲夏場所

大相撲夏場所は朝青龍の4場所連続優勝で幕を閉じた。今年に入ってから
3場所で朝青龍が負けたのはたったの1回だけ。朝青龍の強さだけが
目立つ大相撲である。

相撲は小さい頃から好きで、いまでも後半戦になると各力士の勝ち負けが
気になる。贔屓の力士は昔ほどはいないが、強いて挙げれば
今場所怪我で休場した魁皇。優勝すると次は綱だと、応援にも力が入るが
、いつものパターンで期待を裏切る。精神力が朝青龍みたいに強くないのが
致命的。少ないチャンスを何回も逃すのをみてると、もうこの力士は終わった
なと思ってしまう。もちろん、横綱にチャレンジできる力士という意味で。
大関なら申し分ない実力者であることに間違いない。

今の朝青龍は昔の千代の富士のよう。朝青龍のほうがまるいが、筋力の強さや
スピードは千代の富士そっくり。今場所は8日目の若の里戦で左肩を傷め、
心配されたが翌日は何もなかったような動きで勝ち、そのまま千秋楽まで
白星を重ねた。全勝優勝は4回目。そして、優勝はもう12回もしている。
大きな怪我で休場しない限り、どんどん優勝回数を増やしそうである。

関脇の白鵬はすぐにでも大関に駆け上がると思ったが、ちょっと足踏みしている。
受けの形が強いので負けは少ないが、積極的にがむしゃらに出て勝つのがあまり
ないのが気になる。四つ相撲の型がよく、久しぶりにでた逸材なので、今は
強さを見せつけるような取り口で勝つほうがいいのではないかと思う。
早く白鵬に朝青龍を脅かす存在になってもらいたい。

今場所で嬉しかったのは琴光喜が13勝をあげたこと。よくぞ戻ってきた。
大関にあと一歩だったのに、怪我でずるずる下に落ちていた。体も大きいし、
技のキレもいい。来場所も10勝以上あげると、次の場所で大関になれる
かもしれない。頑張れ、琴光喜。

|

« ベルニーニ | トップページ | コレッジョとギリシャ神話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲夏場所:

« ベルニーニ | トップページ | コレッジョとギリシャ神話 »