« 中国の猫図 | トップページ | 五島美術館の茶の湯名碗展 »

2005.05.31

名大関貴ノ花死す

往年の名大関貴ノ花(二子山親方)が昨日、口腔底がんで亡くなった。
まだ55歳なのに、誠に残念である。新聞報道により危ないのでは
と思っていたが、それが現実のものとなった。

二人の兄弟横綱を育てた名師匠としての功績もさることながら、
大関まであがった力士、貴ノ花の相撲人生に心打たれる。

現役時代の貴ノ花は柔らかい足腰を生かし、粘り強い相撲をとっていた。
軽業師的な動きをするので牛若丸というニックネームがついたほどである。
今でも鮮明に覚えているのは高見山との一戦。大きな高見山の寄りを
そり身になって残し、一瞬高見山のほうが先に土俵を割ったかに見えたが、
貴ノ花のまげのほうが早く土俵についたため、勝負は負けとなった。

大関で初優勝したときの北の湖との決定戦は凄い一番だった。北の湖の
圧力を食い止めた後、前みつをとりじわじわと北の湖の体を下から
起こして、寄り切った。優勝パレードでは優勝旗を持った僚友、輪島と
オープンカーに乗りファンの声援に応えていた。このときが力士としての
絶頂期だった。相撲人気も貴ノ花を軸に非常に高かった。

晩年は粘りがなくなり、10勝あげるのに汲々という状態だった。でも、
体力に恵まれない貴ノ花は精一杯戦っていた。当時の上位陣は強い
力士が揃っていた。北の湖、輪島、琴桜、三重ノ海など。みんな
大型力士。こんななか、貴ノ花はよく頑張り、大関を50場所勤めた。

日本画家の橋本明治が1973年、貴ノ花をモデルにして描いた絵がある。
画家は横綱になって欲しいという願いをこめて、実際より10キロ太らせて
描いたという。名大関貴ノ花に合掌。

|

« 中国の猫図 | トップページ | 五島美術館の茶の湯名碗展 »

コメント

小学生の時、大相撲を見始めた頃、
輪島と貴乃花が人気力士でした。

貴乃花が大好きでした。
カッコ良かったです。

もしかして、同じ世代?

私の世代のスターは「山口百恵」かなあ・・
俳優さんは、いっぱいいますよ。

中井貴一、佐藤浩市、真田ひろゆき、時任三郎、渡辺謙・・・・男盛り?

貴方も十分・・・・・修業僧じゃないよ。

投稿: 恭子 | 2005.05.31 23:04

はじめまして、恭子さん、書き込み有難うございます。
元大関、貴ノ花が亡くなったのはとても残念です。

今の相撲と違って、貴ノ花、輪島、北の湖
などのころは活気がありました。あまり強くて、
愛想の無い北の湖にたいして、口数の少ない貴ノ花は
人気がありましたね。大相撲が楽しかった時代です。

投稿: いづつや | 2005.06.01 11:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名大関貴ノ花死す:

« 中国の猫図 | トップページ | 五島美術館の茶の湯名碗展 »