« アムステルダム国立美術館のフェルメール | トップページ | ゴッホ美術館のドンゲン »

2005.04.12

ゴッホ美術館

43ゴッホ美術館入場はアムステルダム観光の目玉。ここは昨年10月にも訪問したので、今回は他の人とは離れ頭に入ってる展示コーナーを効率的に回った。

2階はいつも混雑している。飾られている絵はあれもこれも教科書やカタログに載ってるおなじみの作品。まさに名画のオンパレード。

時代順に並べられているので、ゴッホの画業の変遷が良く分かる。オランダ時代
の傑作、“じゃがいもを食べる人たち”、パリで描いた“クリシー大通り”などに足
が止まる。そして、ハイライトであるアルル時代の絵があるところにくると、もう気分
は最高潮。

イエローパワー溢れる“ひまわり”、“寝室”、“収穫”や“種まく人”に釘づけになる。
時間が限られてるので次のサン・レミ、オーヴェール・シュル・オワーズ時代の作品
へと急ぐ。ここも名画が揃っている。“花咲くアーモンド”、“アイリス”、“荒れ模様
の空の麦畑”、“カラスの群れ飛ぶ麦畑”。

右の絵は非常に魅せられた“収穫”。アルルに近いラ・クローの広大な平野を描い
た見事な風景画である。昨年も感動したが、今回も心うたれた。見渡す限り、黄色
と緑の畑。中央に描かれた青色の荷車、赤の犂(すき)が強いアクセントになって
いる。中景には馬車や収穫に精をだす農夫たちが描かれ、遠景の丘や空の青は
畑の黄色や緑とうまく調和している。上の空の部分がすくないため、奥行き感が
あり、高い地点から風景を眺めているような感じがする。

ゴッホはこの絵を最も成功した作品のひとつと見なしていたようで、弟のテオへの
手紙に“この絵に比べると、他の絵はみんな負けてしまう”と書いている。

|

« アムステルダム国立美術館のフェルメール | トップページ | ゴッホ美術館のドンゲン »

コメント

ここでは、初めまして~♪
今回オランダベルギーご一緒させていただいた、母&娘の娘の方です。
娘と書くのも恥ずかしいほどの年齢ですが…。^^;)
ゴッホ美術館の所蔵作品は素晴らしかったですね。
小品達の展示がもう少し工夫されたら見やすくなるでしょうね。
旅行中、絵画好きないづつやさんならではの観点からのお話しも伺うことが出来て楽しかったです。
楽しい旅をありがとうございました。
またお邪魔させていただきますね。^^)v

投稿: d'argent | 2005.04.13 11:38

to d'argentさん
名取裕子の写真を見ながら、レスしております。冗談です。。
書き込み有難うございます。また、旅行中は色々お世話になり
ました。とても楽しいオランダ、ベルギーの旅でした。皆さんと
お知り合いになれたこと、そして拙ブログへのコメントを頂いたことを
隣の方と共に喜んでいます。これからも気楽にお越し下さい。

ゴッホの黄色に魅せられてまして、西洋画のなかではモネとゴッホの
絵を一番沢山観ています。名画揃いのゴッホ美術館を
半年で2回も訪問できたのは本当にラッキーでした。
もうすこし、アムステルダムのことを書き、キューケンホフ公園に行きます。
しばらくおつき合い下さい。

投稿: いづつや | 2005.04.13 20:35

いづつやさん、こんばんは。
暫く更新がなかったと思ったら、随分遠くまで行ってこられてたのですね。
ゴッホのこの絵、2002年に神戸に来ましたよね。私、この絵がとても気に入って、特殊な加工をした絵はがきを購入し、今も手元に持っています。一面の黄色に鋤の赤、そしてあちこちにちりばめられた青が絶妙のバランスだと思います。

>ゴッホはこの絵を最も成功した作品のひとつと見なしていたようで

そうだったのですね。知りませんでした。
でも、そうだとすると、私の見る目もなかなかってことかなぁ・・・ナンチャッテ。(*^o^*)

投稿: リセ | 2005.04.13 22:45

to リセさん
こんばんは。オランダ、ベルギーに行ってました。今回はいい絵を
沢山みたので、少しずつアップしようと思ってます。

ゴッホのこの絵、いいですね。日本画も含めたMy風景画の上位に
入る傑作です。02年神戸に来たんですね。うかつでした。
リセさんと同じくこの“収穫”がお気に入りでよかったです。前田青邨でも
評価が一致しますよね。ひょっとすると2人の眼力は高いレベルにある?

先週の日曜美術館でゴッホ特集をやってましたが、ゴッホの画才を
深く分析してましたね。よくわかりました。

投稿: いづつや | 2005.04.13 23:05

いづつやさん こんにちは。ベルギーとオランダの旅、とても読み応えがありました。凄い!凄い!と。ゴッホの「収穫」はゴッホもゴッホの家族もお気に入りの絵のようですね。
どんなイエローなんでしょう。いづつやさんのオススメの「夜のカフェテラス」もゴッホ展で観ることができました。あのランプの光。本当にすばらしいです。一度だけ空いている日に行けて、目の前に誰もいないところで少し遠くから観ましたが、それがもうたまらなくよかったです。激混みの中、やっとの思いで、一番前まで行ったら、結構反射してしまって・・・
私は3日から、短期ニューヨークの旅に行ってきます。いづつやさんがお書きになったピカソの「ガートルード・スタインの肖像」を再度読ませていただきました。前回よりも理解度が増すと思います。とても楽しみです。

投稿: Yuko | 2005.04.30 18:59

to Yukoさん
NYへの旅行ですか、いいですね。メトロポリタンやMOMAをお楽しみ下さい。

ゴッホ美術館に半年に2回行き、東京では豪華なゴッホ展を鑑賞し
ましたのでゴッホの作品にたいする密着度がグッと増しました。
収穫にはまたまた見入ってしまいました。本当にいい絵だなと思います。
太陽が燦燦と輝くアルルで描いた明るい黄色が一杯の収穫、
夜空の青とカフェの壁の黄色が美しい夜のカフェテラス、同じく青と黄色の
配色が見事な黄色い家に魅せられてます。

夜のカフェテラスをまた見ようと思ってるのですが、混雑のことばかりが
気になり、足が美術館のほうに向いてません。

投稿: いづつや | 2005.04.30 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゴッホ美術館:

« アムステルダム国立美術館のフェルメール | トップページ | ゴッホ美術館のドンゲン »