« 平家納経と俵屋宗達 | トップページ | レンブラントの夜警 »

2005.03.31

サッカーワールドカップ予選 日本対バーレーン戦

ワールドカップ予選、日本対バーレーン戦を興奮してみた。後半、点が入った瞬間は
誰が入れたのかわからなかった。解説者の言葉で相手の自殺点に気がついた。
相手のミスでも、ゴールはゴールだから大拍手。やはり、嬉しい。オリンピックで
選手が金メダルをとったときの感動と似ている。このあたりがプロ野球の観戦と
ちがうところ。

個々の選手で目を引いたのが中村選手。3バックとか、4バックとか戦術のことはよく
分からないのだが、この選手が前線にいい球を出していた。素人目にも彼がだす
柔らかいキックから得点がうまれるような予感がする。それと三都主、彼のボール
をキープするテクニックは素晴らしい。左からの攻めはいつも彼が起点になっていた。

中田英の動きもイラン戦とは見違えるようによかった。この選手の凄いところは強靭な
体力。とにかく、かなりのハードアタックにも倒れない。そして、味方の選手、相手方
の動きを読むのが上手く、いいところにパスをだす。中田、中村のN&Nが
日本チームの軸であることに間違いない。

次回の戦いで奮起を促がしたいにが高原選手。FWらしく、点をとってほしい。この
選手はビッグゲームに弱いのかな?頑張って欲しい。
日本はこの勝利により勝ち点6で2位となった。イランをホームで破り、1位で予選を
通過したい。6月以降の3戦に目が離せない。

4/1から9まで、拙ブログはお休みいたします。

|

« 平家納経と俵屋宗達 | トップページ | レンブラントの夜警 »

コメント

こんにちわ♪
コメントはあまり残さないですが、いづつやさんのブログ見るのいつも楽しみにしています。

4/1~9までお休みかぁ。残念ですね。
ひょっとして旅行? それともお仕事ですか?

再開心待ちにしておりますね。

投稿: シルフ | 2005.04.01 12:50

to シルフさん
オランダ、ベルギーを旅行してました。いい絵を沢山
観ましたので、これからオランダのチューリップなどとともに
アップしようと思います。いつも拙文を読んで頂いて
有難うございます。

ベルギー王立美術館にシルフさんが好きそうなマグリッド、
デルボー、クノップスなどの絵がいくつもありました。今、どの
作品を紹介しようかと考えています。

投稿: いづつや | 2005.04.10 14:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: サッカーワールドカップ予選 日本対バーレーン戦:

« 平家納経と俵屋宗達 | トップページ | レンブラントの夜警 »