« 佐渡の能楽 | トップページ | ラ・トゥールのマグダラのマリア »

2005.03.17

大リーグオープン戦

今年の大リーグは楽しみが一杯。新たにリーガーになろうとしている日本人選手が
多く、マスコミの取材も日本のプロ野球並み。で、彼らのオープン戦での
成績を毎日、関心をもってを見ている。

今、最も注目している選手はドジャーズの中村。今日、2本目のホームランを打った。
左足を大きく上げたバッティングフォームが新聞に載っていた。この選手はグラブ
さばきは一流なので、いかに打撃力をアピールできるかで大リーグ昇格が
決まる。今の調子を維持し、ヒットと大きいのを重ねれば一塁のポジションが
獲れるのではないか。

期待のホワイトソックス、井口も無難にオープン戦を戦っているようだ。守備も良く、
積極的に走っている。ここ2,3年で打撃が格段に上手くなったので、大リーガー
として充分、期待される成績を残すと思う。このチームはスピードを重視した選手
編成を目指しているので、井口は新人ながらチームの勝利に欠かせない選手
になっている。

井口に注目があつまり、2年目のメッツ松井の影が薄い。2塁
が専門の井口に対し、ショートからコンバートされた松井ではどうしても
井口のほうがいい状態でシーズンに入れるのではと予想してしまう。松井
はとにかく持ち味のチャンスに強い打撃を見せつけることだ。もし、今シーズン
結果を残せなかったら、新GMからトレードを通知される可能性もある。
メッツはいい選手を補強したので、地区優勝に松井がどのくらい貢献
するか楽しみ。

真打、イチロー、松井の評価がまた上がりそう。イチローについては、ボンズや
ジオンビーなどの薬物使用疑惑で大リーグ全体の人気が落ちるのではと懸念
されるなか、トレーニングと厳しい自己管理で年間最多安打の記録を作った
スーパースターがこの危機を救ってくれるのではと米国マスコミの期待が
高い。

3年目を迎えるヤンキースの松井はチームの中心選手としてトーリ監督の
信頼が厚い。ランディ・ジョンソンを獲得して先発投手を整備したが、チームの
防御率はまだふたを開けてみなければわからない。リリーフのリベラが肩の
痛みを訴えたとかで不安材料も出てきた。打撃陣は今年は打ちまくるような
気がする。松井のホームランも40本はいくのではないか。
今年は松井の活躍に目が離せない。昨年のイチローのように全米に松井
ブームを起こしてもらいたい。

|

« 佐渡の能楽 | トップページ | ラ・トゥールのマグダラのマリア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大リーグオープン戦:

« 佐渡の能楽 | トップページ | ラ・トゥールのマグダラのマリア »