« 梅原龍三郎の紫禁城 | トップページ | ピカソの肖像画 »

2005.02.10

ワールドカップアジア最終予選

昨日行なわれたワールドカップアジア最終予選を興奮してみた。
野球に較べ、サッカーの試合はかなり縁遠い。だが、ワールドカップの本大会
や予選では日本チームをTVで応援している。この時期だけにわかサッカーファン
。普段はサッカーの試合は点がはいらなくてイライラすることが多いのに、
ワールドカップの予選の試合になると、これがあまり気にならず、
90分間前のめりになって見る。これがワールドカップの魔力かもしれない。
こういう試合はとにかく1-0でも勝ってくれればいい。0-0でもまあ
いいかとサッカー通のような気持ちでなっている。いまやサッカーワールドカップ
は日本のスポーツ文化の中では大きな関心事。

さて、日本対北朝鮮の試合である。結果は2-1で日本の劇的な勝利。
勝ち点3をゲット。初戦白星は上々のスタート。残り5試合にもいい影響を与える
だろう。試合を振り返ってみると、開始4分、小笠原選手の見事なフリーキックで
1点とった。サッカーの試合をあまり見てないので、シュートのあれこれを比較
できないが、ビデオの再生をみると凄いファインシュートであった。予想もせぬ
早い得点で嬉しいやらあっけにとられるやら。

素人はこの得点で3-0かなと安直な予想をしてしまった。楽勝だな。世界
ランキングこちらは19位?向こうは97位?だもんなと。。。
ところがその後点が入らない、FWはシュートをあまり打たない。鈴木選手は
ワールドカップで知ってるが、ストライカーという感じがしない。後ろからいって
北朝鮮ボールを奪ったりするが、こちらとしてはそんなとこにエネルギー
使わないでゴールを狙ってよ思うのだが。それにしてもこの選手はよく
倒れる、いや倒される。フィジィカルが弱いのかな、

サッカーの戦術とかはあまり知らない。だから、いまどういう戦い方をしている
のかがわからないのだが、1点をとったあと、素人目にも守りに入ってる
ように見えた。とにかくFWらしい働きがない。

後半戦で北朝鮮に1点入れられてしまった。GKの名手川口選手は読み違え
たのか、瞬間的に左に反応してしまった。こういうのは川口選手のミス?
解説の人はミスと言っていたが、厳しいような気もする。

ジーコ監督は同点に追いつかれて高原、中村選手を投入してきた。日ごろ
サッカーを見ないのでなぜこの2選手がスタメンでないのかわからない。
いつも見ているフジテレビすぽるとでウッチーがナレーションするマンデー
フットボールをみるかぎる、この二人は直前まで所属チームでいい働きを
いていた。高原選手は2ゴール決めていた。彼は誰もが認めるエース
ストライカーだとおもうのだが。

高原、中村選手が入り、チーム全体の動くがガラッと変り、皆の動きが
よくなった。中村選手はちょっと格が違うというボールさばきでゴール前に
いい球を出していたし、高原選手も惜しくもゴールにはならなかったが2本も
シュートした。最後に劇的なゴールを大黒選手が決めてくれた。
これがFWの動き。はじめて代表に選ばれて勝ち越しのゴールをきめるなんて、
大黒選手はスゴイ。

次の試合はアウェイのイラン戦。スタメンで高原、中村の両選手を使って
欲しい。ところで、小野選手が足を痛めているのは知っているが、
中田英選手や稲本選手はもう使って貰えないの?こういう海外組の選手を
起用しないとイランには勝てないのではないかと思うのだが。

|

« 梅原龍三郎の紫禁城 | トップページ | ピカソの肖像画 »

コメント

いつづやさん、こんばんは。
サッカーネタだと、きっとこのあとTakさんが詳しく説明してくれると思いますよ。(^_-)-☆

私も同様ににわかサッカーファンになっちゃうタイプですから、あまり確かなことはいえないのですが、今朝仕入れたネタでは、高原や中村のような超一流選手を最初からから投入するリスクというのもあるようです。世界で活躍している選手ですから、それだけ研究し尽くされているでしょうから、最初から集中的に狙われ、怪我をするというようなこともあるらしいです。

もちろんこれからの試合では中田や稲本など海外組もどんどん起用するのではないかと思います。そうでないと勝てないと思います。いい意味で、海外組と国内組が競争意識をもって切磋琢磨するのが一番ですよね。

私は何よりも川口GKの復活がうれしかったです。黒のユニフォームを着てゴールを守る川口選手はとても凛々しかったです。(^o^)丿

投稿: リセ | 2005.02.10 23:58

to Lyceeさん
残り2分で大黒選手がよく決めてくれました。こういう勝ち方もあるん
ですね。もう引き分けかと諦めていたのですが。スタジアムの興奮は
凄かったでしょうね。サッカー人気はワールドカップに向けてこれから
どんどん上がってくるでしょう。私のようなワールドカップの時だけの
サポーターも増えますから。
日本のプロ野球はしっかり改革しないと、これから2年間はサッカーに負け
そうですね。

投稿: いづつや | 2005.02.11 09:51

いづつやさん 解説ありがとうございます。私、すごく楽しみにしていたのに(というよりも、アツク応援しそう)、見れなかったんです。というのも、無理して半休とって、ミュシャ展に行ったのに、そのあたりで風邪をうつされた模様。サッカー当日はフラフラ状態で家に帰ったら、熱が38度6分で、寝てしまいました。でも、勝ってうれしい!劇的なシュートだったんですね。本当に野球はまたもやサッカーに負けてしまうかも。私、未だにサッカーのルールがわからないのに、楽しめるのが不思議。

投稿: Yuko | 2005.02.11 16:22

to Yukoさん
普通のサッカーの試合で点が入らないときは90分みたあと、ぐったり
疲れて、観戦したのが嫌になることが多いのですが、ワールドカップでは
不思議とこういう気持ちにならないんです。逆に応援に熱くなりますね。
ビッグゲームをみるとサッカーも結構面白いなと思います。この試合、
日本チームには3点くらいとって欲しかったです。

投稿: いづつや | 2005.02.11 19:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ワールドカップアジア最終予選:

« 梅原龍三郎の紫禁城 | トップページ | ピカソの肖像画 »