« サイモン・ラトルのダフニスとクロエ | トップページ | エゴン・シーレ »

2005.02.04

スイスのチョコレート

バレンタインデイが近くなり、デパートやショッピングセンター、専門店における
チョコレートの販売が熱を帯びてきた。デパート売り場で目立つのがベルギー
の老舗ブランドのゴディバ。高島屋でも三越でもゴディバのショーケースの前は
お気に入りのチョコレートを買う客で一杯。

昔、スイスのジュネーブに住んでいたのでスイスのチョコレートを沢山食べた。
スイス人一人が1年で食べるチョコレートは12キロくらいだそうだ。同じ
くチョコレート国のフランスやベルギーの人々の消費量は7~8キロ。
スイスは世界のチョコレート王国である。

スイスで最初にチョコレートが製造されたのは18世紀末のこと。当時、世界の
チョコレート製造の中心であったイタリアのトリノからやってきた職人がその
製造技術をスイスに持ち込んだのがはじまり。
19世紀に入ると、ローザンヌの近くの町、ヴェヴェにトリノのカファレル社で
チョコレート作りの技術を習得した弱冠23歳の青年Cailler(ケイラー)が
1819年、スイスで最初のチョコレート工場を建設した。

以来、Cailler社は幾多の困難をのりこえて、創業11年で16種類のチョコレート
を売り出すほどに成長した。このCaillerの成功を契機にチョコレート産業への
新規参入が相次ぎ、品質の向上と独創的な製品開発をめぐって各社は
激しい競争を繰り広げた。この競争の中から生チョコやチョコレートの歴史的
発明品とまで評されているミルクチョコレートができ上がった。

スイスのチョコレートの基本はミルクチョコレート。すごく甘くて美味しい。
1828年、オランダ人のバンホーテンがココア豆の搾油用プレス機を開発した。
これにより、ココア豆からココアバターの抽出やココアを粉にすることが
できた。その後、1875年、ネッスルのスイス人マスターたちがココアバター、
ココアの粉、砂糖とミルクを混ぜ、世界ではじめてのミルクチョコレートを
生み出したのである。

チョコレートは好きで食べたくてしょうがないが、今はウェイトコントロール
しているので食べる頻度は少なくなった。カロリーが高いので食べすぎは
肥満のもと。ひとつの目安として、りんご1個、あるいはパン一切れの
カロリーに相当する板チョコ1列が一日の適量だそうだ。
これくらいじゃ、チョコレート好きの女性には全然足りないだろうが。

|

« サイモン・ラトルのダフニスとクロエ | トップページ | エゴン・シーレ »

コメント

いつづやさん、おはようございます。チョコレートのシーズンですね。
デパートでもスーパーでもチョコのオンパレード。チョコ本体よりも
その包装の仕方で、選んでしまうこともあります。(^^;

以前、飛行機が墜落して奇跡的に生存した人が、ポケットに入っていた
板チョコ1枚で1週間生き延びて発見されたというニュースを聞いたことが
あります。それほどチョコレートの栄養価は高く、ほぼ完全食品だと
聞きました。それ以来、飛行機に乗るときは「ポケットに板チョコ」って
思うようになりました。(^_-)-☆

疲れたときに板チョコ一列。
甘いものをあまり食べない私は、まさにこれが適量です。

投稿: リセ | 2005.02.05 07:26

こんにちは。
桂田さんのブログで美味しそうな
レンコンのお話と絵を拝見して、
こちらへお邪魔したら
今度はチョコレート(^^♪

お昼まだ食べていない私には
かなり胃袋その他刺激される
エントリです。

投稿: Tak | 2005.02.05 12:31

to Lyceeさん
甘いものをあまり食べられないLyceeさんと違い、間食でこの誘惑に
どう打ち勝つかが日々のテーマです。元来が甘い物好きなのでうまく
いかないのが実情です。今は、週末にコージーコーナーの
ジャンボシュークリームを食べるのが習慣になりました。楽しいひと時です。
チョコレートは1ヶ月に一度くらいです。チョコレートは食べだすと
止まらないのでほどほどにしてます。

投稿: いづつや | 2005.02.05 18:53

to Takさん
ゴディバのチョコレートはヨーロッパを旅行したとき、お土産に買い
たくなりますね。贈った相手にも喜ばれますので。また、自分たちが
食する分も含めて結構買い込みます。同じことをしている観光客が
目に付きます。日本人得意の十人一色現象です。

2,3日前、横浜そごうでは入り口のすぐ前でゴディバの店員が試食
を呼びかけていました。美味しいのでついつい買ってしまいます。
Takさんもチョコレートは好きなほうでしょう?

投稿: いづつや | 2005.02.05 20:22

私もゴディバのビターなチョコ、大好きだったりします。この時期にはあちらこちらで売り場が出現するのでついつい自分用に買ってしまいます。ちなみに、北海道のロイスという会社の生チョコも大好きでしてバレンタインセールに女性たちに紛れて大男が並んでおります・・・。

投稿: 桂田 | 2005.02.05 23:06

to 桂田さん
チョコレートは食べだすととまらないですね。食べ過ぎないように
注意してます。北海道のロイス、隣の方は知ってました。スイスに
いたころ、チョコレートの専門店ではじめて生チョコを買いました。

ですが、すぐとけてしまうことを知らないものですから、クルマであち
こちまわって家に帰り、とりだしてみたら、後部座席でべちょべちょ
になっていました。苦い思い出です。
生チョコは美味しいですね。ロイスを食べてみます。

投稿: いづつや | 2005.02.06 00:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スイスのチョコレート:

« サイモン・ラトルのダフニスとクロエ | トップページ | エゴン・シーレ »