« 映画「オペラ座の怪人」 | トップページ | 世界遺産・黄山 »

2005.02.17

大リーグ、キャンプイン

アメリカ大リーグのキャンプが17日からはじまる。昨日、今日はヤンキース
松井の渡米、そしてヤンキース球場での練習をマスコミが報じていた。
いよいよ、日本人大リーガーも始動しだした。

今年は新たに4選手が挑戦する。阪神の藪がアスレチックス、
ダイエーの井口がホワイトソックス、近鉄の中村がドジャーズ、横浜のデニー
がレッドソックスへ入団。

一番期待できそうなのは井口。3年くらい前の打撃成績は2割4、5分だったの
がこの2年で右方向への打法に開眼し、昨年は3割4分まで打率をあげた。
この著しい成長がメジャーにも評価され、ホワイトソックスで2塁のレギュラー
を保証された。井口と比較されると辛いのが中村。ケガでここ2年は成績が
落ち、ドジャーズではマイナー契約しかしてもらえなかった。年俸は5千万円と
昨年の10分の一。

中村は心機一転の気持ちで大リーガーを目指す覚悟だろうが、
この選手の潜在能力からすれば、ケガに気をつけて頑張ればレギュラーは獲れる
のではないかと思う。グラブさばきは上手いし、豪快なバッティングだけでなく
右にも打てるので、状況に応じた打撃を見せれば評価されるだろう。
近鉄時代とは違って、ドジャーズタウンでは5万人の大観衆の前でプレー
するのだから、出場機会が増えれば本人も嬉しいだろうが我々ファンも
観てて楽しい。夢に向かってあせらず、精進してもらいたい。

すでにメジャーリーガーとなってる選手のなかではヤンキースの松井が今年も
活躍しそうな気がする。とにかく松井は頑丈。精神も強い。大リーガーのなかでの
スーパースターのような雰囲気がある。空港を歩く姿がカッコよくみえた。今年、
ホームランを40本くらい打つと確実にヤンキースのキーマンになる。
ジョンソンほか先発投手を3人獲得したのでヤンキースの戦力は投打のバランス
がよくなった。A.ロッドも成績を上げるだろうし、ジータ、A.ロッド、松井
の3選手が軸になり、レッドソックスと競い合うことは間違いない。

イチローのいるマリナーズも今年は期待がもてる。名将ワーグローブが監督
になり、ドジャーズからFAでホームラン王ベルトレーを獲得したし、長打力の
あるセクストンも入団した。これでイチローの得点力も上がるだろう。ライバルの
アスレチックスは主力先発投手が二人いなくなったので、打撃力の上がった
マリナーズは巻き返しのチャンス。エンゼルスも昨年の大補強でチーム力が
アップしたが、決して負ける相手ではない。マリナースが勝たないとイチロー
を観てても面白くない。天才イチロー、今年も大暴れしてくれ。がんばれ、イチロー。

ちょっと心配なのがメッツの松井とドジャーズの石井。松井はケガをしないで
1年をのりきれるか?これが今年いい成績を残せるかの一番のポイント。
イチローやヤンキースの松井のようにケガをしない体力をつけないとコンスタント
に高い打率で打ち続けるのは難しい。メッツはあの喧嘩投法のP.マルチネス
を獲得するなど投打に戦力を強化したので、プレーオフ進出の可能性も出てきた。
2年目の松井は今年が正念場。エラーは気にせず、打撃でアピールすることを
心がけたほうがいい。

元ドジャーズの野茂と今年もドジャーズの石井は厳しいシーズンになるかも
しれない。頑張って欲しい。寡黙な野茂をメジャーの入ってからずうっと応援して
している。野茂のフォークは特別。まだまだ大リーガーとしてやれる。新天地
デビルレイズで復活することを期待しよう。

|

« 映画「オペラ座の怪人」 | トップページ | 世界遺産・黄山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大リーグ、キャンプイン:

« 映画「オペラ座の怪人」 | トップページ | 世界遺産・黄山 »