« マリー・ローランサン | トップページ | カルミナ・ブラーナ »

2005.01.20

香月泰男

472昨年は香月泰男に出会ったので絵画鑑賞という私的な趣味の世界ではいい年であった。香月の絵は衝撃的だった。代表作のシベリアシリーズは一枚一枚の絵に画家の悲しみ、せつなさが感ぜられ、心がゆさぶられた。絵にこれほどの力を感じたのはピカソのゲルニカ以来。

4月、山口県立美術館であったこの話題の展覧会では、シベリアシリーズ以外にもいい絵が展示されていた。
右の“草上”という絵だ。1950年の作。1940年~50年、香月は少年をモデルに
した絵をいくつも描いている。この絵をみたとき、ちょっと不思議な感じがした。
少年がみんなこちらに背中を向け、顔が見えないのである。“草上”も
裸の坊主頭の少年が背中をこちらにむけて青い空をみている。
手前に白いシャツと棒がおいてある。これまで見た絵画のなかで顔をみせない
絵というのはあまり記憶に無い。この構図と青、緑、白の配色に魅せられた。

ひろしま美術館にあるピカソの“酒場の2人の女”がこの香月の絵の
ように背中をこちらに向けるポーズになっている。そこで、2枚の絵をじっと観て、
関連性があるのか考えている。このピカソが青の時代に描いた
作品を香月はひょっとして見たのかなと?

この頃の香月の絵は確かにキュビズム風だ。いままで香月はどうして
あんな顔をみせない少年の絵を描いたのか疑問だった。ピカソの絵が
影響しているかは不明だが、ピカソと香月の絵に似た構図があることが
わかったのはよかった。

|

« マリー・ローランサン | トップページ | カルミナ・ブラーナ »

コメント

初めまして。
めるがっぱと言います。
Juneさんの掲示板から時々
お邪魔しています。

香月泰男の絵で人物を正面から
描いた絵は生涯を通じてほとんど
なかったのではと記憶しています。
戦前に芸大の卒業作品やら数点、
戦後はシベリヤシリーズ(とその関連)で
死者?の顔を正面から描いたものが
幾つかあるだけだったかと。
(もともとこの画家は人物を描くことが
少なかったと言えるかもしれません。)


投稿: めるがっぱ | 2005.01.21 02:09

to めるがっぱさん
はじめまして。書き込み有難うございます。JuneさんのBBSでお名前は
存知あげています。よろしかったら、これからもお気軽にお越し下さい。

香月泰男の絵は昨年まとまったかたちでみることが出来ました。名前は
知っていたのですが、こんなにシュールで、カラリストとは随分
イメージが違っていました。顔をみせない構図がユニークですね。それと、
広重の風景画のように対象物や人物をトリミングして画面の外にはみ出さ
せているのが面白いです。コピー屋の多い日本の洋画家にあって、
香月は独自の画風と色をもった才能豊かな画家ではないでしょうか。

投稿: いづつや | 2005.01.21 20:23

こんばんは、

昨年の香月泰男展は衝撃的でした。皇后さまも草薙さんの批評を読んで、自分でステーション・ギャラリーに出かけられたそうですね。

戦争に行く前の香月の画には、ゴッホ風のものやピカソ風のものもあり、彼が戦争に行かなければ、いづつやさんが取り上げられた「草上」のような画を描き続けていたような気がしています。

投稿: とら | 2005.01.21 21:59

to とらさん
こんばんは。香月泰男の図録を時々みるのですが、そのつどこの画家
の才能に感服させられます。昨年7月、生地、三隅町にある香月美術館を
訪問しました。ちょうど、クレヨンや水彩で描いたタヒチの風景画が
展示されてました。カラリスト、香月がタヒチの自然を伸び〃と描いてる感じでした。

多才なひとですから、重たい絵もやさしい絵も何でも描けるんですね。
ますます好きになりました。

投稿: いづつや | 2005.01.21 23:26

いづつやさん 香月泰男さんを教えてくださって、ありがとうございます。お名前を知っていただけで、図書館に4冊あったので、まずは「香月泰男 一瞬一生の画業」を借りてきました。
いづつやさんが香月泰男さんに出会えた喜びをお書きになっていますが、私も夢中で鑑賞しています。本当にすばらしい!幼少時代の苦労、そしてシベリヤへ・・・いろいろな思いを奥の深い絵で表現していますね。「草上」、そして、「水浴」の左側の少年は「青の時代」の思いにつながります。それから、シベリヤから日本に帰国する時の「点呼」。これには香月さんのコメントも書かれていて、ジーンときました。ああ、こういう思いだったんだ。こういう時代だったんだ。と。それが、絵に苦しいほど、表されています。すばらしい絵、そして香月さんの思い。とても感動でいっぱいです。いづつやさん、本当にありがとうございます。

投稿: Yuko | 2005.01.23 01:10

to Yukoさん
香月泰男のシベリアシリーズを画家の書いた詞書と一緒に観ましたが、
大変感動しました。会場では隣にいた年配の女性がハンカチで涙をふいて
おられました。絵画を長く見ていますが、こういう光景に出くわした
のははじめてです。香月泰男の絵は世界的レベルで評価されるくらいスゴイ作品
だと思います。

投稿: いづつや | 2005.01.23 15:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 香月泰男:

« マリー・ローランサン | トップページ | カルミナ・ブラーナ »