« 分離派館とクリムト | トップページ | 金子みすゞと中島潔 »

2004.12.28

井上陽水と小田和正

この日曜日、BS2で井上陽水、TBSで小田和正のコンサートをやっていた。
2人はシンガーソングライターのビッグネーム。井上陽水はこの世界のドン、
キングだろうか。そして、小田和正も堂々たる実力者。ともに声がよく、
高音がのびる。この二人とチャゲ&飛鳥は好きな歌手だ。生の歌
を聴いたことがなく、衛星放送の番組を収録したビデオを楽しんでる
程度なので、熱烈なファンというのとはちがう。

井上陽水は最近BS2と仲が良く、陽水企画の番組を作っている。今回は
今売り出し中の平原綾香などが出演し、陽水の歌を歌っていた。番組を
仕切っている時の井上陽水はもうただの話を合わせるのがうまい
お父さん、顔をみればおじい。。。。でも歌をうたわせると相変わらず、
高い音が苦もなくでるし、“今、あなたにグッドバイ”のような語るような
歌も上手い。やはり、キング。

小田和正の曲をこんなに聴いたのははじめて。ヒット曲の名前をちゃんと言える
のは2,3曲だったのだが、これでメロディーと曲名がつながった。

TBSのスタジオでのライブだが、歌の合い間のおしゃべりが面白かった。
昔、オフコースが売れてないころ、当時人気絶頂のかぐや姫の前座
でステージにあがり、“これから○○を歌います”というと、観客の拍手も
ぱらぱらで“ええー歌うの”という感じ、そして“最後になりましたが、○○
を歌います”というと、観客はこれが終わればかぐや姫だとばかりに大きな
拍手をくれたと、苦笑いしながら喋っていた。彼にもこんな時期があったのだ。

この話を聞きながら、シェークスピアの小説にでてくる文章を想い出した。
“招ばれなかったのに来た客は、とかく帰る時間になって最も多く歓迎される”
(ヘンリー6世)

小田和正の歌で一番好きなのは大ヒット曲“ラブストーリーは突然に”。
このうたは日本の音楽史に残る名曲だと思っている。サビのところの
“あの日 あの時 あの場所で 君に会えなかったら 
僕等はいつまでも 見知らぬ二人のまま” は詩とメロディーがぴたっと
合っている。

他では“さよなら”、“言葉にできない”、“YES-YES-YES”
“たしかなこと”、“風のようにうたが流れていく”がいい。“さよなら”と
“言葉にできない”は知っていたが、あとの曲ははじめて聴いた。

これらはみんな君と僕の愛のうた。これ、いま流行の冬のソナタのテーマと
同じでは?冬のソナタは見たことないのではっきりしたことは
言えないが。日本ではラブストーリーは突然に(TVは見てないが話は
知っている)でワンラウンド、愛の物語が流行った。いまもその
流れが続いてるかはTVドラマをみないのでわからないが、冬の
ソナタはシニアレディー世代におきている2ラウンドの愛の純情物語
ではないか。小田和正の歌を聴きながらふと冬のソナタのことが
頭をよぎった。

|

« 分離派館とクリムト | トップページ | 金子みすゞと中島潔 »

コメント

小田和正、先日テレビで見て驚きました。
老けました。ビックリです。
そして更に驚いたのが、その歌声が
変っていないことでした。

あの日 あの時 あの場所で 君に会えなかったら♪

目を閉じて聴いても15年前の歌声のままでした。 

投稿: Tak | 2004.12.28 21:27

いづつやさん、おひさしぶりです。
「ラブストーリーは突然に」
カンチとリカのラブストリーは今こちらで再放送中です。
どうやら織田裕二の「ラストクリスマス」の影響のようです。
カンチの時は新鮮だったけど、ラスクリはイマイチだったので
ほとんどみていません。

最近、往年のビッグスターのリバイバル多いですね。
私の記憶に鮮明に残っている歌は、財津一夫(?)の
「虹とスニーカーの頃」です。
♪わがままは男の罪 それを許さないのは女の罪
・・・ってこの歌、ちょっと変じゃない?
つまり両方とも男のわがままじゃないの?って思ったものです。

投稿: リセ | 2004.12.28 23:06

to Takさん
小田和正、好きなんです。この人の声はほんとにいいですね。
聴き惚れちゃいます。今回、TVのフリップで歌詞を見てましたら、シンプルに
君への愛を切々と、ときには失恋の寂しさを歌ってますね。
ラブストーリーは突然には15年前ですか。
8年くらい前かと思ってました。

投稿: いづつや | 2004.12.28 23:28

to Lyceeさん
風邪が治られてよかったですね。ご自愛下さい。短歌のお上手なLycee
さんの影響で、歌詞をかみしめて小田和正の歌を聴きました。
シンガーソングライターは才能が要りますね。詩が下手くそでは話に
なりません。しかも詩にメロディーラインがあってなければいけない。

聴いてみるとそんなに難しいことばは出てきませんね。君への想いが
上手く表現されているのでしょうか?
私にとってはテンポがよくて、琴線にふれるメロディーの歌であればいうことは
ありません。ラブストーリーは突然にをやっとビデオ収録しました。

投稿: いづつや | 2004.12.28 23:51

年賀状を見て早速ホームページにおじゃましました。難しいことが書いていたらいやだなと思っていたら、大好きな小田和正と陽水の欄があって嬉しかったです。小田和正のTBSのテレビは見ていました。おしゃべりはそんなに上手でないのが特に良かった。まもるは何だかドリカムだとかミスチルだとか言ってるけれどー
私は小田和正の詩と声が大好き!胸キュンです

投稿: まもるの妻 | 2005.01.01 23:17

to まもるの妻さん
書き込み有難うございます。あれこれ、感じたことを書いています。
また、お気に入りの話がありましたら、お越し下さい。
守ちゃんはドリカムですか。分かります。カラオケでマイク離さないクチでは?
元旦の夕食では先に収録した和正のビデオをビール飲みながら聴いてました。
この人の歌は愛の歌ばかりですね。声がいいのが一番の魅力です。

投稿: いづつや | 2005.01.02 00:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 井上陽水と小田和正:

« 分離派館とクリムト | トップページ | 金子みすゞと中島潔 »