« マチスの切り紙絵 | トップページ | ヴェネツィアのエル・グレコ »

2004.12.10

ミラノスカラ座

オペラファンなら一度はミラノスカラ座にいってみたいと思う。その
憧れのスカラ座の改修が終わり、公演を再開したそうだ。今回の改修費
は84億円。最新鋭の舞台装置になり、座席数も増え、座席の
背に英語などの字幕がみえる小画面が設置されているという。
ロンドンのコヴェントガーデンオペラ劇場も1、2年前にリニューアル
を完了している。

スカラ座でオペラを楽しんだことはないが、かわりにビデオを集めてきた。

オペラを放映してくれるBS2との付き合いも長くなってきた。もうかれこれ
17年くらいになる。最初のころはパヴァロッテイ、ドミンゴ、カレーラス
の3大テノールや女性ではグルベローヴァ、リッチャレリ、フレーニが
よく登場していたが、最近は世代交代が進み、才能豊かな歌い手が
でてきている。ホセ・クーラ、リチートラ、アラーニャ、ソプラノの
ゲオルギュー、マリア・グレギーナの面々である。

スカラ座公演を収録したビデオのなかで一番多いのはやはりヴェルデイの
オペラ。指揮はムーテイがほとんどだ。
     ★オテロ (86年、マゼール指揮、ドミンゴ、リッチャレリ)
     ★ナブッコ (86年、ムーテイ指揮、ブルゾン)
     ★トロヴァトーレ (00年、ムーティ)
     ★運命の力 (00年、ムーティ、ホセ・クーラ)
     ★仮面舞踏会 (01年、ムーティ、リチートラ、グレギーナ)

ヴェルディのオペラはどれも聴かせどころのいいメロディがあり、甲乙つけ
がたいが、一番のお気に入りはナブッコ。スカラ座合唱団のすばらしい歌声
を聴くと気分が高揚される。ほかのオペラ劇場に比べ図抜けている。
また、ドミンゴ、リッチャレリのオテロも評価が高い。役者が違うという感じ。

仮面舞踏会に出演したマリア・クレギーナには魅了される。この人が
今、ソプラノ歌手ではトップだろう。ブランド歌劇場から引っ張りだこだ。
圧倒的な声量と歌唱力は歴代ソプラノ歌手のなかでも上位にランク
される。00年にはムーテイ指揮のプッチーニ“トスカ”でスカラ座
に登場し、大喝采をうけている。

次回イタリアに旅行するときはスカラ座でオペラを聴こう!
でも、チケットをとるのは難しそう。

|

« マチスの切り紙絵 | トップページ | ヴェネツィアのエル・グレコ »

コメント

ここ工事している時に行きました(T_T)
できたのですね、やっと。
いつかいけるかな~

投稿: Tak | 2004.12.10 21:48

to Takさん
Takさん、こんばんは。ミラノへ行ったのは20年前ですので、
かなり記憶が薄れてきました。新スカラ座とか
ブレラ美術館、それに修復が終わったダビンチ
の“最後の晩餐”を見たいですね。イタリアでの
優先順位は今のところ、ナポリ、ポンペイ、ローマなん
ですけど、ミラノにも行きたくなりました。

投稿: いづつや | 2004.12.11 00:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミラノスカラ座:

« マチスの切り紙絵 | トップページ | ヴェネツィアのエル・グレコ »