« 伊藤若冲の桝目描き | トップページ | ホルストの惑星・木星 »

2004.11.30

速水御舟の蛾

626伊藤若冲が一日中、庭で鶏を観察していたという話を聞きながら、近代日本画の速水御舟が軽井沢の家の前で何日も焚き火を見て、名作“炎舞”を完成させたという逸話をおもいだした。

対象物を細部まで、また質感をも写しとろうとすると徹底した観察が必要となる。常人とはみる量がちがう。

この超観察力により御舟は“昆虫二題”をかきあげた。15羽の蛾が同心円的
に飛んでいる。黄色、白、薄緑、青、赤の羽が鮮やかだ。炎舞にも蛾が舞う
が、こちらは炎のなかを飛んでいるので羽の色の鮮明度は昆虫より落としている。
先頃あった山種美術館の御舟展で2つを隣合わせでみると、昆虫二題
の蛾の美しさが際立っていた。花鳥画を革新的な技法で超リアルに
かいたのは若冲と御舟であろう。若冲のDNAは御舟にうけつがれたようだ。

ダリ、若冲、御舟の3人の絵を眺めていると超人的な画才に共通点がみいだせる。
それは超観察力、超技巧、超イメージ力。
ダリは超一流のデッサン力で小さな蟻や足の異様に長い馬、象を描いており、
ときにはデフォルメなしで怖いトラを登場させる。ダリは動物が好きだったのだろうか?
若冲の“鳥獣花木図屏風”にも象、黒彪、龍、虎などが桝目描きででてくる。

若冲の花鳥画がスーパーリアリテイかつシュルレアリスム的に表現されているのに
対し、御舟は蛾を超リアルにそして幻想的、装飾的に描いている。

3つのコード(スーパー能力)で3人の絵=文化記号は繋がった。

|

« 伊藤若冲の桝目描き | トップページ | ホルストの惑星・木星 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 速水御舟の蛾:

« 伊藤若冲の桝目描き | トップページ | ホルストの惑星・木星 »