« ダリ劇場美術館 | トップページ | 速水御舟の蛾 »

2004.11.29

伊藤若冲の桝目描き

Scan10004

BS2の迷宮美術館で伊藤若冲の超技巧を取り上げていた。そのひとつが
桝目描き。世界的にみても誰もやったことのない描き方で屏風絵を
制作している。アメリカのプライス夫妻がもっている“鳥獣花木図屏風”と
静岡県立美術館の樹花鳥獣図屏風、2つとも6曲一双の
大きな屏風である。上のはプライス所蔵の右隻。真ん中に象を描いている。
この右隻には獣を、左隻は伝説の鳥、鳳凰や鶴、鸚鵡などをかいている。

プライスの絵は森美術館の開館記念展覧会“ハピネス”(03年10月)で
はじめて観た。びっくりした。これは西洋のモザイク画だ。石を埋め込む
かわりに一桝々を色でうめて形を出している。桝目は8万余ある!!

静岡県立美術館にも同じような構図で4つ足動物と鳥を描いた屏風があるらしい。
学芸員のひとがこの彩色のことを説明していた。気の遠くなるような作業だ。
この絵を若冲ひとりでかきあげた。工房はもっていなかったのか?これは
工房で制作する絵のような気がするが。。。

このアイデアがどこからきたのか?、最近では西陣織との関連が指摘されて
いるらしい。織物の設計図として使う正絵(しょうえ)という下絵では
絵の上から縦横の線が引かれている。西陣では江戸中期から
正絵を絵師に描かせ、観賞用の美術織物を生産していたという。
若冲の絵が正絵としてかかれたのか、あるいは下絵にインスパイヤーされて
絵画として制作したかは不明とのこと。

静岡県立美術館の絵は知らなかった。公開はいつかチェックしておこう。
是非みたい絵だ。

|

« ダリ劇場美術館 | トップページ | 速水御舟の蛾 »

コメント

道楽で絵を描いていた人って「強い」ですよね~

投稿: Tak | 2004.12.01 14:49

to Takさん
そう、道楽は強いです。日記では省いたのですが、迷宮
美術館にTakさんもご存知の売れっ子美術史家の
山下祐二さんがでてまして、若冲が桝目描きの
鳥獣花木図屏風を根気よく描いたのは、僧侶になった
ので写経や修行のつもりだったのではとコメントして
ました。

それはどうかな?と思いました。純粋に絵が好きで
道楽で描いてたのだから、なんの苦もなく極彩色の
凄い絵を描いたのでは。。

投稿: いづつや | 2004.12.01 19:19

絵を売るため名声を得るために
描いていないからこそ凄い作品が描けると思います。

道楽もしくはゆるぎない信念。
これって絵描きさんにはひ必要なものですよね。
セザンヌなんてあんな山
何度も何度も人から何言われても
描き続けたのですから・・・

投稿: Tak | 2004.12.03 08:07

to Takさん
セザンヌにしろ、若冲にしろ革新的な画業を残した人は
みんな最初は少数派ですよね。でも突き進んでいけるのは
Takさんのおっしゃるように確固たる信念、情熱が
あるからなんでしょうね。マネのように裕福で絵を描くと
オランピアのような世間の反発を買うものを描く画家も
いれば、ゴッホやモデイリアーニのように絵が売れなくて
悲劇的な最後をとげ、死後人気がでることもあります。

道楽で絵に夢中になれた若冲やマネなんかは幸せですね。
道楽気分が新しいことをやりとげるのにプラスになる
ケースと信念、パッションが力を与えるのと色々ですね。

評論家は時に綺麗ごとでものをいいますから注意々。我々
は若冲は死ぬまで道楽で絵を楽しんでいた、写経のつもり
で鳥獣花木図屏風を描き続けたのではないということで
いきましょう。

投稿: いづつや | 2004.12.03 15:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤若冲の桝目描き:

« ダリ劇場美術館 | トップページ | 速水御舟の蛾 »