« 岩佐又兵衛の山中常盤 | トップページ | 伊藤若冲の桝目描き »

2004.11.28

ダリ劇場美術館

世界美術館紀行(NHK)でダリ劇場美術館が登場した。
カタルーニャ地方の小さな町、フイゲラスに年間100万人の
観光客が来るそうだ。ひとえに奇才ダリの絵をみるために。
美術館ビジネスもこのくらいの来場者になると大儲けとは
いかないかもしれないが、かなりの収入が期待できるだろう。
いつかここを訪れたい。ダリをもっと知るためにはここは避け
て通れない。ちょっと怖いもの観たさ的な気分もある。シュル
レアリスムの作品をみるんだから、お酒でもひっかけてみる
のも一興か。

実際行くとなるとツアーではなく、個人旅行になるのかな?
名古屋の桂田さんは前ここに行かれたとTakさんの掲示板で
おっしゃっていた、いつか聞いてみよう。

これまでみたダリの作品は。。
    ★記憶の固執 (NY、MoMA)
    ★ナルシスの変貌(ロンドン、テートG)
    ★ポルト・リガトの聖母 (福岡市美術館)
    ★ヴィーナスの夢 (広島県立美術館)
    ★キリンの連作 (池田20世紀美術館)
    ★ガラの測地学的肖像 (横浜美術館)
    ★ピアノに現れたレーニンの6つの肖像
           (パリ、ポンピドーセンター)
    ★風景の中で眠る女 (NY、グッゲンハイム)
    ★液状の欲望の誕生 (ベニス、グッゲンハイム)

画集を2,3冊広げて見ると代表作はまだ残っている。
これから観たい絵は。。。
    ★聖アントニウスの誘惑 
        (ブリュッセル、ベルギー王立美術館)
    ★茹でたインゲン豆のある柔らかい構造
        (フィラデルフィア美術館)

ダリのことをよく知っているとはとてもいえない。魅力一杯
の大天才には間違いない。こちらがついていけないだけだ。
今年福岡で見た大きな絵、ポルト・リガトの聖母(275×
210cm)には感動した。MoMAにある記憶の固執とよく
似た広島にある絵も大きくて魅了される。ダリは不思議な
画家であり、楽しい画家でもある。

フィゲラスの劇場美術館に行き、メイ・ウェストの部屋や天井
画(風の宮殿)がみられたら楽しいだろう。

    

|

« 岩佐又兵衛の山中常盤 | トップページ | 伊藤若冲の桝目描き »

コメント

Yantaroです。ご訪問ありがとうございました。すごい鑑賞歴ですね。残念ながら私には芸術品を見た感動を文章で伝える技術が無く、うらやましい限りです。
ダリは私もかなり好きです。8年ほど前にパリのダリ美術館に行ったことがあります。私の中ではオルセー、ルーブルなどに全くひけを取らない感動でした。そのダリとの再会は、なぜか福島の片田舎でした。諸橋近代美術館をご存じでしょうか。
http://www.dali.jp
たまたま遊びで訪れて、美術館があるから、といってみたらなんとダリの彫刻専門美術館でした。東北の小売り王のような方が建てられたようですが、実に立派な美術館です。是非訪れてみて下さい。

投稿: Yantaro | 2004.12.15 22:55

to Yantaroさん
書き込み有難うございます。美術評論家ではないので、かっちりした
ことは書けないのですが、美術館で観た印象をもとに
勝手なコードで解釈しています。宜しかったら、
これからも遊びに来てください。

日本のダリ美術館はHPを一度みたことがあり、
関心をもっていました。情報提供に感謝です。横浜に住んで
いますので、来年にでもドライブがてら訪問して
みようと思います。今、横浜美術館の常設展示で
ダリの“幻想的風景”がでています。3連作の
大きな絵で、感動しました。ご参考までに。

投稿: いづつや | 2004.12.16 00:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダリ劇場美術館:

« 岩佐又兵衛の山中常盤 | トップページ | 伊藤若冲の桝目描き »