2019.08.20

美術館に乾杯! 広島県立美術館 その六

Img_0001_20190820220701     松田権六の‘鷺蒔絵棚’(1938年)

 

Img_20190820220701   六角紫水の‘理想界の図蒔絵手箱’(1929年)

 

Img_0002_20190820220701    八木一夫の‘発芽の様相’(1977年)

 

 

Img_0003_20190820220701    靉光の‘帽子をかむる自画像’(1943年)

工芸の楽しみのひとつが蒔絵。TVの美術番組、例えばBS2の‘美の壺’
や‘イッピン’のおかげで蒔絵がどのようにしてつくられるかわかってきた。
その漆芸界の神様といわれる松田権六(1896~1986)のすばら
しい作品がここに飾ってある。とても見栄えのする‘鷺蒔絵棚’、蒔絵に
あまり馴染みがないころに遭遇したといってもいいものはやはり印象に強
く残る。

そして、時が流れて2007年に東近美工芸館で大規模な松田権六展が開
かれた。そこにでていた作品のなかでこの鷺は石川県美蔵の最高傑作‘蓬莱
之棚’に描かれた鶴とともに圧倒的な存在感をみせていた。12年前広島県
美でとびきりいい権六の蒔絵をみていたのだ!どういう経緯でコレクショ
ン入りしたか知らないが、松田の師匠である六角紫水(1867~
1960)が広島の出身であることが関係しているのかもしれない。紫水
は専用の部屋があり3,4点展示されている。そのなかで古典的な味わい
をだしているのが‘理想界の図蒔絵手箱’。花や鳥の精緻な描写に思わず足が
とまる。

司馬遼太郎が贔屓にしていた八木一夫(1918~1979)の抽象彫刻
と向き合ったことも忘れられない。‘発芽の様相’はタイトルが作品がうみだ
すイメージとピタッと一致する。ビールのつまみで食べるそら豆はこんな
感じで目が出てくる。TVの科学番組に発芽の映像が流れていた。ところが、
この作品と代表作の‘ザムザ氏の散歩’(1954年)との間にはアヴァン
ギャルド度に大きさ違いがある。歳をとった分フォルムがシンプルでシャ
ープになったのがおもしろい。

広島県出身の洋画家、靉光(あいみつ 1907~1946)の自画像は
反骨画家のイメージ。この面構えをみると一つ目の怪物がうごめく‘眼のあ
る風景’のシュール画とつながってくる。靉光の作品でお目にかかったのは
この自画像と一つ目の2点だけ。ほかにはどんな絵があるのだろう。

| | コメント (0)

2019.08.19

美術館に乾杯! 広島県立美術館 その五

Img_0002_20190819221401
   藤田嗣治の‘婦人像(リオ)’(1932年)

Img_0003_20190819221401
   ベン・シャーンの‘強制収容所’(1944年)

Img_0001_20190819221401
   ファイニンガーの‘海辺の夕暮’(1927年)

Img_20190819221401
   ニコルソンの‘1933(絵画)’(1933年)

寒くない季節に秋田の美術館へ出かけ藤田嗣治(1886~1968)の
大壁画‘秋田の行事’をみることを隣の方と何年も前から話題にしている
が、なかなか実現しない。藤田の回顧展が開かれるたびにこの壁画を依頼
した富豪平野政吉のコレクションがどっと出品される。昨年の回顧展
(東京都美)には南米旅行のスタートとなったブラジルのリオデジャネイ
ロでみたカーニバルの光景が描かれた2点の油彩が登場した。広島県美に
ある‘婦人像(リオ)’も一緒に描かれたもの。乳白色の裸婦とは画風がガラ
ッと変わり現地の人物の生の感覚が漂う圧の強い風俗画があらたに誕生
した。

ダリの‘ヴィーナスの夢’と同じく衝撃度の大きかったのがベン・シャーン
(1898~1969)の‘強制収容所’。自由を奪われた受刑者の絵として
思い浮かぶのはゴッホがドレの白黒の原画をもとにして描いた‘監獄の中庭’
がある。シャーンの絵はゴッホよりもリアリテイが強い。緊張感を強いら
えるのは二人の男を囲っている刺のついた鉄線。小さい頃、入ってはいけ
ない場所はだいたいこんな鉄線が張られていた。これを広げて刺に引っか
からないように背中をまるめて侵入。このスリルがなんとも爽快だった。

ファイニンガー(1871~1956)はドイツ系移民の子としてニュー
ヨークに生まれた。16歳のときドイツに渡りヨーロッパで画家人生の
大半をすごしたが、ナチズムの台頭により退廃芸術家と刻印されたりした
ので1937年にNYに戻った。‘海辺の夕暮れ’が描かれたのはバルト海
沿岸。普通の海景画ではなく対象の形を水平線と縦の線でキュビスム風に
再構成し透明感のある夕暮れを表現している。1927年にこういう海の
絵を25点も制作した。

抽象画の作品をみた後では自分でも描るのではと勝手な妄想をよびこむ。
イギリス人のベン・ニコルソン(1894~1982)の作品はこういう
後知恵がおきてもおかしくないほどシンプルな線で構成されている。赤い
三角は魚の尻尾のイメージ。その横の丸い膨らみが頭。黒地のなかの白丸
は目ん玉。具象的な描き方でない分想像はいろいろ生まれる。

| | コメント (0)

2019.08.18

美術館に乾杯! 広島県立美術館 その四

Img_20190818220401
   ダリの‘ヴィーナスの夢’(1939年)

Img_0003_20190818220501
   ピカビアの‘アンピトリア’(1935年)

Img_0004_20190818220501
 エルンストの‘オイディプスⅠ(左)、Ⅱ(右)’(1934年)

Img_0002_20190818220501
   マグリットの‘人間嫌いたち’(1942年)

ダリ(1904~1989)が大好きな人がこの‘ヴィーナスの夢’をみた
ら仰天すると思う。日本にこんないいダリがあったのかと。サイズは縦
2.44m、横4.88mのサプライズ大画面。描かれているモチーフ
は左半分は1931年に描かれた‘記憶の固執’とほぼ同じでお馴染みのぐ
にゃっと曲がった時計、そして右に目をやると背中が燃えているキリンが
2頭、また手前には目や胸が引き出しに変容した裸婦も登場する。
一体ヴィーナスはどこにいるの。白いドレスを着た腰がきゅっとしまった
2人の女性?その夢がチーズでできた時計と燃えるキリン?

怪しげな裸の女がいるピカビア(1879~1953)の‘アンピトリア’
はみた瞬間ドキッとさせられた。右をよくみると上には大きな男の手がで
ており、その下は口からなにかビニールの線ようなものを吐き出してい
る男の横顔が黒で描かれている。女が誘惑されているのか、暗闇に潜む男
が誘惑されているのか。この絵によってダダとシュルレアリスムをむすぶ
ピカビアという画家の存在を知った。

エルンスト(1891~1976)は1934年から人や生き物の姿をし
た彫刻、‘フィギュア’をつくりはじめる。‘オイディプスⅠ、Ⅱ’ははじめ
石膏で制作され、1992年にブロンズで鋳造された。型として使われて
いるのは植木鉢、右のⅠはオイディㇷ゚ストと殺した父親の関係を表現し下
の父親がオイディプスを頭の上に乗せている。でも、二人の顔は別の方向
を向いている。Ⅱは母親とオイディプスとの安定した結びつきを表し、同
じ向きになっている。

意表を突くシュールさがおもしろいのがマグリット(1898~1967)
の‘人間嫌いたち’。マグリットの作品についているタイトルは描かれた
内容とあまり関係ないのでこれは忘れたほうがいい。ここでの主役はひも
で縛られたカーテン。すぐ連想するのはイギリスの‘ストーンヘンジ’をは
じめとする巨石サークルの遺跡。役者と入れ替わった大きな幕が舞台に立
っているとみることもできる。

| | コメント (0)

2019.08.17

美術館に乾杯! 広島県立美術館 その三

Img_0002_20190817215701
   平山郁夫の‘広島生変図’(1979年)

Img_0003_20190817215801
   平山郁夫の‘受胎霊夢’(1962年)

Img_0001_20190817215801
   奥田元宋の‘秋巒真如’(1977年)

Img_20190817215801
   北野恒富の‘風’(1917年)

広島県出身の平山郁夫(1930~2009)が亡くなって10年が経つ。
回顧展がよく行われる日本画家は横山大観、上村松園、東山魁夷、そして
平山郁夫。だから、没後10年の回顧展がどこかの美術館であってもよさ
そうだが、まだ情報は入ってない。これまで平山郁夫展をやるというと必
ず出かけてきたのはこの広島の街に9年住んだことが関係している。

広島県美には平山の衝撃的な絵が飾ってある。‘広島生変図’、1945年の
夏、中学生だった平山は学徒勤労動員の作業中に原爆投下に遭遇し、被爆
した。炎で焼き尽くされる街をみつめる忿怒形の不動明王が赤く染まった
空に描かれている。その視線の先は原爆ドーム。これをみるといつも胸が
つまる。

‘受胎霊夢’は釈迦や三蔵法師の物語を絵画化したシリーズのプロローグのよ
うな作品。釈迦の母、摩耶夫人は釈迦を身ごもったとき夢に白象が現れた
といわれる。黒みがかった群青の地に金色の色を放つ白象を浮かび上がら
せることで幻夢的なイメージを生み出している。

広島県はもうひとりビッグな日本画家を輩出している。‘赤の画家’で知られ
る奥田元宋(1912~2003)、名古屋から広島に移って2年後の
1997年にここで奥田元宋展があり60点くらいみることができた。
そのなかでもっとも心を震わしたのが‘秋巒真如’、もやっとした月明かりが
湖面に映る紅葉全体を照らす神秘的な光景が目に沁みる。

千葉市美で開催された北野恒富(1880~1947)の回顧展
(2017年)に足を運んだときに遭遇した‘風’。鈴木春信にも風が強く吹
く絵があるが、それを意識したのかもしれない。風の動きを見事に表現し
たこの絵を展示室でみたという実感がない。日本画はいつも展示されてな
いので千葉でお目にかかれたのは幸運だった。

| | コメント (0)

2019.08.16

美術館に乾杯! 広島県立美術館 その二

Img_0001_20190816221201
    竹内栖鳳の‘城址’(1924年)

Img_20190816221201
    上村松園の‘観書’(1940年)

Img_0002_20190816221201
    村上華岳の‘菩薩図’(1924年)

Img_0003_20190816221201
    速水御舟の‘隠岐の海’(1914年)

2013年に東近美で竹内栖鳳(1864~1942)の大規模な回顧展を
みて以降、この画家の絵との接触は1度あったくらい。以前はMOAで鯛の絵
などに大変感激したが、今はMOAが済マークの美術館となったので熱海
が遠くなっている。展覧会に頻繁に登場する大観と違って栖鳳の絵はどこの
美術館へ行ってもみられるというわけではない。だから、‘城址’が広島県美
にあるというのは貴重な鑑賞体験となる。墨の濃淡と深い青を重ねて武士の
盛衰のシンボルともいえる城跡を静かに描写している。

大観同様、回顧展が何度も開かれる上村松園(1875~1949)。図録
がいくつもあるほど足を運んでいるから、次の回顧展は普通の日本画家なら
もうパスになる。でも、松園はそうはならない。理由は松園の美人画は1点
々が特別の絵として存在するから。西洋絵画ではラファエロのような扱い。
ラファエロの聖母子を何度見ても飽きないように松園の描いた女性はみるた
びに新鮮にうつる。そこが松園の高い画力の証。‘観書’はこの美術館で開催
された松園展に展示された。女性のリラックスした姿に魅了される。

村上華岳(1888~1939)は菩薩像の名手、生涯に数多くの菩薩を描
いた。立像もあれば座像もある。心をとらえて離さないのがそのふっくらし
たお顔。そして、目に力があるのが特徴。肖像画では目が一番大事だが、
菩薩の目がきりっとしているのでつい見惚れてしまう。こんな菩薩像は生半
可な画家ではとうてい描けない。ここにある菩薩座像の目は切れ長風。その
鋭さは真ん丸の顔で少し中和されている。強く印象に残る一枚。

速水御舟(1894~1935)の‘隠岐の海’は兄貴分の今村紫紅(1880
~1916)の影響がみられる絵。縦長の画面に海の波の動きを表現する
のは難しいのに下半分に波をたくさん連続させ日本海の荒海の様子を見事に
とらえている。そして上半分のモザイク画のように明るい色彩にも惹きこ
まれる。

| | コメント (0)

2019.08.15

美術館に乾杯! 広島県立美術館 その一

Img_20190815221601
   橋本雅邦の‘風神雷神’(1895年)
Img_0001_20190815221601
   横山大観の‘井筒’(1897年)

Img_0004_20190815221601
   川合玉堂の‘渓村春麓’(1907年)

Img_0002_20190815221601
   菱田春草の‘高士望岳(荘重)’(1902年)

仕事の関係で9年広島に住んでいたので、広島県内および中国地方の美術
館へはよく足を運んだ。広島市内でお馴染みの美術館はゴッホなど西洋
絵画を中心としたひろしま美と日本画や内外の現代美術をコレクションし
ている広島県美。出かける回数が多いのは広島県美のほう。企画展が頻繁
に開催されるため関心のあるものは見逃さないようにしていた。そのおり
常設展示の部屋もまわるのでいい絵や漆器は目に焼きついている。

橋本雅邦(1835~1908)は2008年に川越市美であった回顧展
に遭遇したことと長く追っかけていた最高傑作龍虎図屏風’(1895年 
静嘉堂文庫美)との対面が叶ったので今は済マークつき画家となっている。
‘風神雷神’と出会ったときまず思ったのは宗達の風神雷神とはちがうユーモ
ラスなスタイルもありなんだと。左の風神の戯画チックな姿に親しみを覚
える。

横山大観(1868~1958)の‘井筒’も忘れられない一枚。この古典的
な名前を苗字にしているのでびっくりするやら嬉しいやら。‘井筒’は井戸の
まわりの囲いのことだが、幼き恋の話にもなる。手前のうつむきかげんで
照れてるのは男の子。でも、ぱっとみると女の子が二人いるのかと思ってし
まう。なんかいい感じ。

橋本雅邦に学んだ川合玉堂(1873~1957)はお気に入りの画家。
ときどき玉堂の農村の絵や鵜飼を無性にみたくなることがある。ここにあ
る‘渓村春麓’は勢いよく流れ落ちる渓水の白とその前の青のコントラストに
目を見張らされた。山の奥にどんどん進んで行くと川の色がこんな深い青
になってくる。このリアリティにぐっと惹きこまれる。

広島県美が所蔵する日本画はびっくりするほど質が高い。明治以降に活躍
した日本画家のオールスターたちが続々登場するのだからたまらない。
菱田春草(1874~1911)の‘高士望岳(荘重)’は2014年に
東近美で行われた大回顧展にお呼びがかかった。この高士のように無の
境地になって目の前に屹立する巨大な岩山の光景をいつまでもながめてい
たい。

| | コメント (0)

2019.08.14

美術館に乾杯! ひろしま美術館 その四

Img_0001_20190814220301
   ルノワールの‘トリニテ広場、パリ’(1893年)

Img_20190814220301
    岡鹿之助の‘積雪’(1935年)

Img_0003_20190814220301
   横山大観の‘春光る(樹海)’(1946年)

Img_0002_20190814220301
   奥田元宋の‘雪晨’(1950年)

画家の回顧展へ出かける回数が増えてくると、その画家にふだん抱くイメー
ジとは違った作品と遭遇することがある。女性の絵を描かせたら天下一品の
腕前を披露したルノワール(1841~1919)には風景画や静物画も
ある。でも、心を惹きつけてやまないのは女性画。そのため、ルノワールの
風景画はちょっと軽く見てしまうところがある。そうした気持ちで‘トリニテ
広場、パリ’の前に立つと面食らう。これ、構図がいいじゃない!パリの感じ
がよくでているよ、と感心させられる。これはルノワールが堂々たる巨匠の
地位を獲得した頃の作品。またパリの風景を描いてみたくなったのかもしれ
ない。

洋画家のなかでは好きな人が多い岡鹿之助(1898~1978)。日本画
の東山魁夷のように別格的な存在というイメージをもっている。とにかく
手抜きがないので、画面のどこをとっても密度が高く完璧な作品に仕上がっ
ている。これにいつも驚く。新印象派のスーラの点描画をみるときの感情と
よく似ている。‘積雪’は人の姿はなく音が消えた感じ。雪の積もった日の光景
にピッタリ。

ひろしま美術館は西洋絵画を売りとする美術館だが、日本画もある。どのく
らいの数を所蔵しているのか知らないが、みたことのあるのは横山大観
(1868~1958)の富士山をモチーフにした‘春光る(樹海)’と広島県
出身の奥田元宋(1911~2003)の‘雪晨’。普段は展示されたないから、
回顧展のとき運良くめぐりあったのは優しいミューズのお計らいだったのだ
ろう。

| | コメント (0)

2019.08.13

美術館に乾杯! ひろしま美術館 その三

Img_0003_20190813220701
 藤田嗣治の‘受胎告知、十字架降下、三王礼拝’(1927年)

Img_0004_20190813220701
   藤田嗣治の‘裸婦と猫’(1923年)

Img_0002_20190813220701
   マティスの‘ラ・フランス’(1939年)

Img_20190813220701
  岸田劉生の‘支那服着たる妹照子之像’(1921年)

Img_0001_20190813220701
    安井曾太郎の‘画室’(1926年)

美術館で名画に遭遇するときはすでにその情報を得ている場合とまったく
情報がなく突然目に前に現れて立ち尽くすことがある。ひろしま美での体験
はゴッホの‘ドービニーの庭’が前者で藤田嗣治(1886~1944)の
三連祭壇画‘受胎告知、十字架降下、三王礼拝’が後者。当時は今と違って藤田
嗣治の絵をみる機会がほとんどなかった。そのため、ここであの藤田の絵を
みたというのは大変な収穫だった。

藤田のスゴイところは伝統的な古典画をふくめた西洋絵画という相手の土俵
で独自の描き方を追及したこと。この三連祭壇画を思わせる作品はウフィツ
ィやルーヴルで目にするものとなんら変わりなく背景の金箔の地に描かれた
キリスト教物語は違和感なくすっと入っていける。この絵の衝撃は本当に
大きかった。藤田がこんな本格的な宗教画を描いていたとは!

乳白色の裸婦図は日本にもグッとくるのが数点ある。一番のお気に入りは
秋田にある‘眠れる女’だが、ここの‘裸婦と猫’にも大変魅了されている。正面
向きでじっとこちらをみられたらタジタジになりそう。足元にいる猫まで同
じ目線。ダブルでみられると長く絵の前に立っているのがしんどくなる。

マティス(1869~1954)の‘ラ・フランス’は小品の肖像画だが、赤
をベースにしたはつらつとした色彩表現は強く心に残る。マティスは
1939~40年にかけて同じような描き方の人物画を残している。例えば
アメリカのオルブライト・ノックス・アートギャラリーにある‘音楽’とか
クリーブランド美蔵の‘エトルリアの花瓶のある室内’、これに‘ラ・フラン
ス’を加えた3部作はとてもリラックスしてみられるのが特徴。こういうの
が名画の証。

日本の洋画家では岸田劉生の‘支那服着たる妹照子之像’と安井曾太郎の
‘画室’に足がとまる。劉生というと麗子像ばかりが思い出されるが、五歳違
いの妹の肖像を描いていた。支那服の青の生地に施された模様を丁寧に描く
のが劉生流。‘画室’は裸婦のモデルと家族が一緒に描かれるという異色の絵。
モデルはポーズをとりにくかったにちがいない。

| | コメント (0)

2019.08.12

美術館に乾杯! ひろしま美術館 その二

Img_0003_20190812223201
   マネの‘灰色の羽根帽子の婦人’(1882年)

Img_0001_20190812223201
   ドガの‘浴槽の女’(1891年)

Img_0004_20190812223201
   キスリングの‘ルーマニアの女’(1929年)

Img_0002_20190812223201
   モディリアーニの‘ある男の肖像’(1919年)

昨年5月、デンマークの首都コペンハーゲンをはじめて訪問し自由行動の時
間を美術館巡りにあてた。一番のお目当てはゴーギャンのコレクションが
充実しているニューカールスベア美。念願の‘花をもつ女’と対面するとテンシ
ョンが一気に上がり、そのあとは高揚感が持続したままだった。こういうと
きはほかの画家の作品も輝いてみえてくる。

そのなかにマネがあった。ひとつは必見リストに載せていた‘アブサンを飲む
男’、もう1点オマケがありいい感じの夫人の肖像も現れた。ルノワール同様、
あらためてマネの女性の肖像画をみる楽しさを実感した。では、日本の美術
館にマネの女性画がどのくらいあるのか。その数のカウントはあまり狂って
いないと思うが5点。その一枚がひろしま美にある‘灰色の羽根帽子の婦人’。
フランス人形のような雰囲気を持つ女性なのでついみつめてしまう。

ドガ(1834~1917)の‘浴槽の女’はオルセーやアメリカ東海岸のヒル
ステッド美が所蔵する絵とよくまちがえることがある。いずれも女性は顔を
みせてくれない。まだ縁のないヒルステッドの絵に強い関心をもっているが、
これを追っかけるのは段取りが大変。だから、同じような2点をみたので
よしとしている。

庭園美で4~7月までキスリング(1891~1953)の回顧展が行われ
た。12年前横浜そごうでたくさんみたので今回はいいかなとも思ったが、
勝手に足が美術館に向かっていた。プラスαの作品が予想以上に多かったので
収穫は多かった。今回は日本の美術館からもかなりの出品があり、ここの
‘ルーマニアの女’も登場した。久しぶりの対面だったので長くみていた。

キスリングとくればモディリアーニもみれるのかい、となるが、ご安心を。
しっかりコレクションされている。男性もうりざね顔で描かれた‘ある男の
肖像’、目にはやはり瞳がない。2008年名古屋市美で開催されたモディリ
アーニ展に展示された。これは過去に開かれた回顧展ではもっともよかった
ものだが、この絵も欠かせないワンピースとして存在感を発揮していた。

| | コメント (0)

2019.08.11

美術館に乾杯! ひろしま美術館 その一

Img_0001_20190811221201
   ゴッホの‘ドービニーの庭’(1890年)

Img_0002_20190811221201
   モネの‘セーヌ河の朝、曙’(1897年)

Img_0003_20190811221301
   セザンヌの‘坐る農夫’(1897年)

Img_20190811221301
  ゴーギャンの‘愛の森の水車小屋の水浴’(1886年)

美術館の名前がすぐ覚えられるのは所蔵する作品のなかにとびっきり有名な
作品が含まれているとき。倉敷の大原ではゴーギャン(1848~1903)
の‘かぐわしき大地’が輝いている。これと同様に広島の大きなデパートや
ホテルなどがある中心部に位置するひろしま美にもすごい絵が飾ってある。
それはゴッホ(1853~1890)の画集に必ず載っている‘ドービニー
の庭’。

日本ではゴッホの人気が高いからこの絵の物語をご存知の方も多いと思われ
るが、少しおさらいすると、‘ドービニーの庭’はかつてはベルリンのナショ
ナルギャラリーにあった。ところがヒトラーの退廃芸術政策により没収され
た。その後絵はいろいろなコレクターの手をへてこの美術館に入った。
ゴッホは同じ構図の絵を2点描いた。一作目は現在スイスのバーゼル美にあ
り、ここにあるのは第二作。

よく指摘されるのは最初の絵に描かれていた黒猫が消えていること。実際に
は二作目でも猫は描かれていたが、後に誰かが加筆して塗りつぶしてしまっ
た。たしかに手前左のところに不自然な赤の筆致が残されている。この絵が
描かれた舞台はオーヴェールの村にあった敬愛する先輩画家ドービニーの家
の庭。画面の真ん中あたりに置かれた椅子のわきにドービニー夫人が立って
いる。ピストル自殺をした1890年7月末の2、3週間前に仕上げられた。

ひろしま美にはゴッホ以外にも印象派と後期印象派の絵がひととおり揃って
いる。これがここのコレクションのスゴイところ。モネ(1840~
1926)の‘セーヌ河の朝、曙’は海外の美術館でもお目にかかった。
1990年の秋、ロンドンのロイヤル・アカデミーでモネの連作に焦点を当
てた大回顧展が開催された。大変な人気で2時間も並んでみたのだが、日本
の美術館からも4点くらい出品されており、その一つがこのひろしま美に
あるセーヌ河の連作。全部で9点でていたが、ボストン美やシカゴ美蔵の隣
に並んでいるのだからたいしたもの。

セザンヌ(1839~1906)の実直な肖像画のイメージが強い‘坐る農夫’
とゴーギャン(1848~1903)がブルターニュ地方のポン=タヴェン
に滞在しているときに描いた‘愛の森の水車小屋の水浴’は夫々日本で開催され
たセザンヌ展(2012年 国立新美)、ゴーギャン展(2009年 東近
美)にお呼びがかかった。

| | コメント (0)

«美術館に乾杯! 大原美術館 その八