2016.09.24

近代日本美術の煌き! 1984年(昭和59) その一

Img_0002     池田遙邨の‘うしろ姿のしぐれてゆくか 山頭火’(京近美)

Img     福王寺法林の‘クーンブの朝’

Img_0001     高山辰雄の‘青衣の少女’

池田遙邨(1895~1988)が最晩年に取り組んだのが‘山頭火シリーズ’、種田山頭火(1882~1940)は山口県防府市出身の漂白の自由律俳人、小野竹喬が芭蕉の奥の細道の句を絵画化したように遙邨も若い頃出会った山頭火の句を風景画にした。1984年から描きはじめ亡くなるまで28点の作品を制作した。

そのなかで雲水姿で旅する山頭火の心情につい感情移入してしまうのが‘うしろ姿のしぐれていくか 山頭火’、白い穂が風に吹かれてみんなたなびき、山頭火の体も風にもっていかれそうになっている。広重の‘東海道五十三次’のなかにも強風で旅人の笠がとばされる光景を描いたものがあるが、遙邨はこの絵を意識したのかもしれない。

2006年、JR三鷹駅のすぐそばにある三鷹市美術ギャラリーで福王寺法林(1920~2012)のミニ回顧展が開かれた。この画家が‘ヒマラヤ’をライフワークにしていることは知っていたのでどんな作品か楽しみだった。法林は1974年からヒマラヤ取材で毎年現地を訪れ、神々しさとともに大自然の厳しさも感じられるヒマラヤの絵を次々と生み出してきた。法林は山形県米沢で生まれた人だが、東京にでてきたとき三鷹に居を構え制作してきた。

‘クーンブの朝’はヒマラヤシリーズがはじまって10年後の作品、若い頃ネパールを訪れ飛行機の中からエベレストをみたことがあるから、この絵のような光景が思い出された。現地に足を踏み入れなければ決して描けない山の風景、こういう描くのに大変な苦労がいるモチーフを作品にする画家は大自然を絵にしたいという意欲がほかの画家より数倍も強いのだろう。

高山辰雄(1912~2007)の人物画には化粧品のポスターにでてくるような美形のモデルを思わせる女性が登場する。横向きに座っている少女は手に何かもっているのかこれをじっと見つめている。この手について画家は興味深いことを言っている。

‘僕はなにか自分がものを思う時に、何かをこの掌の中へ持っているような気がするんです。そうしていると、思っていることと物を持っていることが重なってくるような気がして、多分「思い」っていうものを掌の中に持っているんですね。

花を持っている日もありますし、鳥の持っている気持ちの日もあります。あるいはまた、口では言えない事柄を何かこうじーっと考え込む時に、この掌の中に何かがある感じがするんです。そういう「思い」を持っている掌を描いてみたいんです’

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.23

近代日本美術の煌き! 1983年(昭和58)

Img_0001     上村松篁の‘孔雀’(京近美)

Img     植田正治の‘砂丘モード’

Img_0003         四谷シモンの‘解剖学の少年’(東近美)

小さい頃動物園へ行ったときの楽しみのひとつが羽をばっと広げた孔雀をみることだった。動物学に詳しくないので羽を大きく広げたときは孔雀がどんな状態にあるのかわからない、これは雄が雌に求愛するときの行動?それとも強い相手が現れたときの威嚇行為?

動物園はもう何十年も縁がないので本物の孔雀をみることはまったくない。だが、7年前インドを旅行したときどこかの観光地で孔雀と遭遇した。でもその美しくて長い羽はとじたまま、ガイドは孔雀は蛇を食べるという話をしていたような記憶があるが、はたしてそうだったか。

羽を広げた孔雀をモチーフにした日本画家ですぐ思い浮かぶのは小林古径、杉山寧、そして上村松篁(1902~2001))の3人。どれも目を見張らせる孔雀だが松篁の孔雀は画面から羽の一部がはみ出している。そのため、その部分を想像して孔雀がとても大きく感じられる。

2013年、東京駅ステーションギャラリーで写真家植田正治の回顧展が開催された。写真の話は拙ブログではほとんどとりあげないが、この植田正治にはすぐ嵌った。そして、思った。この写真家は‘写真界のマググリットだ!’と。

シュルレアリスム芸術が好きな人なら‘砂丘モード’はマグリットの絵によくでてくる帽子を被ったマグリットがヒントになっていることはすぐわかるはず。マグリットのシュールな表現が写真界にも生まれているとは思ってもみなかった。だから、植田正治にすごく親近感を覚える。鳥取砂丘でイケメン男性モデルを使ってシュールな状況を生み出す植田の芸術写真、この写真に遭遇させてくれたミューズに深く感謝している。

中学生のころ学校の保健室には体の中がどうなっているのか一目でわかる医療標本人形があった。それは今でも目にこびりついでいる。将来医者になろうと思うものは冷静にみるだろうが、そういうことは思わない大半の生徒にとっては関節人形はちょっと怖い存在だった。そんな記憶がよみがえってくるのが四谷シモン(1944~)の‘解剖学の少年’、東近美ではじめてみたときはドキッとした。ハンス・ベルメールがつくった球体関節人形ほどのシュールさや不気味さはないが、暗い所でこれをみたら足がすくむだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.22

近代日本美術の煌き! 1982年(昭和57)

Img_0001     東山魁夷の‘緑響く’(長野県信濃美・東山魁夷館)

Img_0002     山口華楊の‘山之邊’

Img     加山又造の‘円舞(鶴舞)’(左隻 川村記念美)

2日前、部屋の壁に今サントリー美で行われている‘鈴木其一展’のチラシを横に広げて両面テープで貼った。このチラシには有り難いことに‘朝顔図’が大きく載っている。これを利用しない手はない。これからは毎日この傑作をながめてすごすことになる。

東山魁夷(1908~1999)の‘緑響く’もかつてリビングに飾っていた。魁夷が馬を描いたのは3回ある。初期の頃と最も多く制作した1972年(全部で12点)、そしてその10年後のこの‘緑響く’、過去に大きな回顧展を3回体験したが、シリーズとなった‘白い馬の見える風景’で目に入ったのは7点、そのなかで最も惹かれているのが1972年の‘白馬の森’と‘緑響く’。

魁夷には森や木々の姿が湖の水面に映り画面の上半分と下半分は対象のようになっている作品がいくつかあるが、‘緑響く’は緑の諧調を微妙に変え重層的に描かれた森を背景に白馬が登場する。この風景をじっとみているとディズニーが製作するファンタジー映像をみているような錯覚を覚える。

動物画家の異名をとった山口華楊(1899~1984)、亡くなる2年前の作品‘山之邊’の主役はそれまでに何度も描いた狐。背中をこちらにむけてじっとみている。この目が生きており、つい目の前にいる人物と会話をするような心持になる。華楊はこんなことを言っている。

‘なにかこう狐が、後ろ向きにちょこんと座って、何気なく座っとるんですけれども、その中に秘めた野性味とか妖怪味が感じられる。やわらかい線があるので、それを絵にしてみたいと思ったんです’

加山又造(1927~2004)の‘円舞(鶴舞)’は数点ある鶴の絵のなかで最も心を動かされる作品。所蔵しているのは川村記念美、ここの常設展でみてびっくり仰天したが、どういうわけか回顧展には一度もでてこない。数多く存在する美術館のなかにはこのように名画を貸し出さないところが結構ある。こういう美術館には高い好感度はつけれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.21

近代日本美術の煌き! 1981年(昭和56)

Img_0002     稗田一穂の‘帰り路’(和歌山県近美)

Img_0001     池田遙邨の‘稲掛け’(愛知県美)

Img     松井康成の‘練上嘯裂茜手大壺 深山紅’(茨城県陶芸美)

日本人画家が時代を超えてつながっている例として、与謝蕪村と東山魁夷の作品と取り上げたが、日本の画家が海外の画家と同じ世界を共有している場合もある。こうした作品の重なりは西洋画を学んだ洋画家よりも意外に日本画家が描く作品に強く感じることが多い。

例えば小倉遊亀の人物画にマチスのデッサンとの関連をみたり、山口蓬春とホドラーのコラボ、また加山又造とイタリアの未来派の類似点などにも目がいく。では、稗田一穂(1920~)の‘帰り路’は誰の絵がイメージされるだろうか、シュルレアリスムが好きな方はピンとくるかもしれない、そう形而上絵画のデ・キリコ(1888~1978)、後ろ姿の女性が地面に落とす影をみると寂寥感のただよう都市の一角を建物や人物の影を長くのばして描いたデ・キリコの作品がふっと浮かんでくる。

じつはこの絵は残念なことにまだ縁がない。所蔵する和歌山県近美は遠いので回顧展と遭遇しなければこの先もずっと遠い絵になりそう。かなり前、世田谷美で回顧展が開催されその図録が手元にある。このころ東京にいなかったため見る機会を逃した。どこかの美術館で稗田一穂展をまた実施してくれるとうれしいのだが。

岡山県出身の池田遙邨(1895~1988)には漫画的というかとぼけた味のする作品がある。‘穂掛け’はそのひとつ。穂掛けの光景を縦に描き、上のほうでは穂の下からタヌキが顔を出している。ここにタヌキがでてくるところが遙邨流。漫画の一コマをみてるよう。

松井康成(1927~2003)は練上の技法を極め芸術性の高い作品を数多く生み出した天才的な陶芸家、11年前茨城県の笠間にある陶芸美で行れた回顧展にはワクワクしながらクルマを走らせた。展示室では高揚しっぱなしだったが、表面のひびや亀裂が美しい風景となって心のなかに入ってきた‘練上嘯裂茜手大壺 深山紅’の前では立ち尽くしてみていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.20

近代日本美術の煌き! 1980年(昭和55)

Img_0003     東山魁夷の‘白い朝’(東近美)

Img_0002     岩橋英遠の‘北の海・陽’(山種美)

Img_0001     有元利夫の‘室内楽’(東近美)

Img     加守田章二の‘彩磁壺’(東近美)

絵画の楽しみ方は人それぞれだが、限られた画家だけに過度にのめりこむのではなく名の知れた画家ならできるだけ多くつきあっていこうというのが昔からのスタイル。これを続けているとある画家とある画家の深くむすびつきにふと気づくことがある。

例えば、東山魁夷(1908~1999)の‘白い朝’、これをはじめてみたときすぐ与謝蕪村の晩年の傑作‘鳶烏図’(重文 北村美)が浮かんだ。‘年暮る’も蕪村の国宝‘夜色楼台図’が重なってくる。魁夷は蕪村の日本人の琴線に触れる画風が心に沁みていたのかもしれない。

近代日本画で回顧展が行われることを強く願っている画家が二人いる。横山操と北海道出身の岩橋英遠(1903~1999)、岩橋は長寿を全うした画家なので作品はたくさんあるはず。だから、回顧展に遭遇するとあのスカッとする風景画が心を虜にするにちがいない。そのときは‘北の海・陽’とも再会したい。

有元利夫(1846~1985)の‘室内楽’は安井賞をとった作品。彫刻のような人物描写が有元の独自の画風。この描き方が誰の作品と似ているかと思いをめぐらすとどうしてもピエロ・デッラ・フランチェスカにいきつく。こんなビッグなイタリアの画家を消化するのは並みの才能ではできない。やはり有元利夫はすごい画家。

加守田章二(1933~1983)は最後の頃の絵付けに青を使うことが多くなる。そのなかでとても惹かれるのが青と黒のコントラストが印象的な‘彩磁壺’、なかなか洒落た壺でハイセンスな高原ホテルなどの部屋に飾ってありそうな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.19

Rソックス ヤンキースとの4連戦をスイープ!

Img     ヤンキースの上位打線を抑え7セーブ目をあげた上原

Img_0001

アリーグ東地区はRソックスが本拠地でヤンキースとの4連戦をスイープし、地区優勝に一歩近づいた。前半0-4でリードされていたが、徐々に追い上げ7回、ラミレスがこの試合2本目のホームランを放ち5-4とひっくり返した。

今日最後のクローザーをつとめたのは怪我から復帰し安定したピッチングを続けている上原、先頭打者のガードナーにはひやりとさせる打球を右翼にもっていかれたが、ライトのベッツが好捕。これに助けられあとの打者は難なく打ち取りゲームを締めくくった。

この勝利でチームは一気に地区優勝にむかって突き進む感じになってきた。2位オリオールズとのゲーム差は3、今の勢いならあすからのオリオールズとの4連戦も勝ち越す可能性がでてきた。流れは完全にRソックス。

となるとアリーグの関心はワイルドカード争いに移る、東地区のオリオールズとブルージェイスが2枚とるか、それともタイガース(中地区)かマリナーズ(西地区)のどちらかが1枚を勝ち取るか。残りゲームは13、期待したいのは最近勝利を重ねているマリナーズ、それを引っ張っているのが1番を打つ青木、9月は絶好調でここ数試合は複数安打が続き勝利に貢献している。

岩隈、青木の日本人コンビの活躍がマリナーズを久しぶりのポストシーズン進出に導くかもしれない。最後まであきらめず頑張ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.18

ジェニファー・ラッシュの ♪♪‘パワー・オブ・ラブ’!

Img       ジェニファー・ラッシュ

2週間くらい前、とても楽しいことがあった。美術館でいい絵に出会ったのではない。You Tubeで心をときめかせる名曲が耳にとびこんできたのである。その曲はというとバラード♪♪‘パワー・オブ・ラブ(愛の力)’(イギリス、1985年)、今毎日聴いている。

歌っているのはジェニファー・ラッシュという女性シンガー、ネットで調べたら1960年NY生まれのアメリカ人、主にドイツで活躍した歌手らしい。アメリカンポップスは若い頃は夢中になって聴いたのである時期まではヒットした曲はインプットされていた。でも、ジェニファー・ラッシュが歌ったこの曲はイギリスで発表されていたため情報から洩れてしまった。

You Tubeでほかの曲を聴いていて何の気なしに開いたら、こんなすばらしい歌が流れてきた。まったく知らなかったので強い衝撃が走った。視聴回数をみるとなんと1746万回!これはすごい回数。曲の魅力から即納得、今の今までどうして耳にひっかからなかったのか、もっと前に聴いていればどんなに楽しかったことか。

あのセリーヌ・ディオンもカバーしており、1994年にリリースされると全米で大ヒットしたという。ほかの歌手も歌っている。曲がいいのでみんないい気持になる。

ルノワールをはじめとして女性を描いた絵をみることは生涯の楽しみ、これと同じくらい幸せを感じるのがポップミュージックやミュージカルの天才歌姫の歌声を聴いてるとき。今、ジェニファー・ラッシュの‘パワー・オブ・ラブ’に200%嵌っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.17

待望の‘鈴木其一展’!

Img      ‘朝顔図屏風’(左隻 江戸時代後期 メトロポリタン美)

Img_0001    ‘富士千鳥図’(江戸時代後期)

Img_0002          ‘向日葵図’(江戸時代後期 畠山記念館)

Img_0003          ‘日出五猿図’(1848年 野崎家塩業歴史館)

5年前、千葉市美で酒井抱一展があったとき弟子の鈴木其一(1796~1858)の絵もたくさん登場した。それらを楽しみながら、次は鈴木其一単独の回顧展をみてみたいと強く思った。だが、同時にそういうことは実現しないだろうなという気もした。

ところが、‘鈴木其一、全部見せますよ!’と意気に感じる美術館が現れた。ミッドタウンのサントリー美、‘鈴木其一 江戸琳派の旗手’は9月10日に開幕し10月30日まで行われる。会期中に展示される作品の数は全部で120点くらい。いつものようにサントリー得意の細切れ展示なので全部みようとすると3回も出動しなくてはならないが、これまでみたものが多くあるので一度で終わり。

お目当てはメトロポリタンからやって来た‘朝顔図屏風’、会期中ずっと展示されるのでいつ出かけても楽しめる。日本での公開は過去2回あったが、幸運にも両方みた。最初が1994年名古屋市博で開かれた琳派展、そして次が2004年の東近美の琳派展、この朝顔図はMETにある日本画のなかでは人気No.1の絵らしい。以前BSプレミアムでこの絵が紹介され、大勢のアメリカ人が目を輝かせてみていた。

アメリカの琳派ファン同様はじめて名古屋でお目にかかったとき、朝顔の質感描写に200%KOされた。深みのある青の花弁のなかからでてくる光の美しいこと、そして見飽きさせないのが朝顔のバリエーションの多さ、花の大きさ、向きに変化をつけ、さらになす紺のような青にも微妙に違いがみられる。光琳の燕子花に比べ自由で生感覚の感じがあり現代のグラフィックデザインをみているような気分になる。3度もみれてこれほど幸せなことはない。

久しぶりの対面となった‘向日葵図’にも思わずうなった。江戸の後期に日本でもこんなすばらしい向日葵の絵があった。光琳も抱一もここまで近代感覚にあふれた静物画にはたどり着かなかった。鈴木其一の画才、恐るべし。

初見で収穫だったのは屏風絵の‘富士千鳥図’、目を釘づけにする作品がひょいと現れるのが回顧展のいいところ。個人コレクターの目だけを楽しませたものが多くの琳派ファンにも披露されるのだからたまらない。じっとみていたらいろいろな姿で描かれた千鳥が朝顔のバリエーションと構成と重なってきた。

‘日出五猿図’にも魅了された。猿が五匹、互いに手をつないで丸い太陽を囲んでいる。こんなアイデアもでてくるのだから其一の頭のなかは想定外に柔らかい。ダリ展のあとにこの絵をみたから敏感に反応した。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016.09.16

期待が大きすぎた国立新美の‘ダリ展’!

Img_0003     ‘子ども、女への壮大な記念碑’(1929年 ソフィアセンター)

Img_0001    ‘見えない人物たちのいるシュルレアリスム的構成’(1936年)

Img_0004     ‘ポルト・リガトの聖母’(1950年 福岡市美)

Img     ‘ラファエロの聖母の最高速度’(1954年 ソフィアセンター)

東京都美のポンピドーセンター展は遅い出動だったのに、‘ダリ展’(9/14~12/12)は開幕日に足を運んだ。場所はこのところヒットを連発している国立新美。ダリ(1904~1989)に魅せられた人は世の中には大勢いることはわかっているが、観客の多さをみるとダリはやはりピカソとともに特別な存在であることを思い知る。

展示されている作品はフィゲラスのガラ=サルバドール・ダリ財団、マドリードのソフィア王妃芸術センター、アメリカのフロリダ州、セント・ピーターズバーグにあるサルバドール・ダリ美、そして国内のダリで評判をとっている美術館が所蔵しているもので構成されている。油彩、オブジェ、ジュエリーなど250点、チラシには日本では過去最大規模のダリ展をうたっている。

この文句に期待して初日に動いたのだが、どうも期待しすぎだった。主要3館の作品でほとんど占められていると思っていたが、これがハズレ大きな作品は皆日本の美術館がもっているものだった。これらは日本にあるダリのビッグ3と勝手によんでいるもの。まさに日本にあることが信じられないほどの傑作、だからこの揃い踏みをみるだけでも出かける価値はあると思うが、すでにみているので心のなかではフィゲラスの大作がみたかったのに、と泣いている。

そのビッグ3とは‘ポルト・リガトの聖母’(福岡市美)、‘幻想的風景’(横浜美)、‘テトゥアンの大会戦’(諸橋近美)、諸橋近美からはもう2点強く印象に残る作品がでている。みてのお楽しみ!

ソフィア王妃センターのダリコレクションでまず足が止まるのは‘子ども、女への壮大な記念碑’、このようにダリは作品を長いタイトルをつけてくれるから画面にすっと入っていけそうな気がするが、シュルレアリスムはそう簡単には近づけない。上のほうに鳥の頭やライオンがみえ、左に裸婦をみつけたが、子どもは一体どこにいるの?これをみるのは2度目だが、ダブルイメージの男の顔を数えるので精いっぱい。

収穫は‘ラファエロの聖母の最高速度’、最近はビッグバンや量子力学などにどっぷり嵌っているから、素粒子や核分裂に関心を寄せていたダリに以前にもまして親近感を覚えるようになった。そして、初期の‘見えない人物たちのいるシュルレアリスム的構成’(ガラ=サルバトーレ・ダリ財団)にハッとした。それは椅子とベッドにできた人型の窪み。これはタイトルの通り。でも、この表現はダリにしか思いつかないとわかってすぐ突き放される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.15

久しぶりのシャガール!

Img_0002     シャガールの‘杯を掲げる二重肖像’(1917年)

Img     ブランクーシの‘眠る詩神’(1910年)

Img_0003     クプカの‘垂直の面Ⅰ’(1912~13年)

Img_0001     ヤーコブ・アガムの‘ダブル・メタモルフォーゼⅢ’(1969年)

20世紀の初頭から近代絵画の分野で新たな地平を切り開いた画家ですぐ思い浮かぶビッグネームというと、ピカソ、マチス、そしてシャガール。このなかで開催される回顧展の数が多いのはやはりピカソ、2年に一度くらいの頻度でどこかの美術館にピカソが並んでいるというイメージがある。

これに対して最近回顧展にお目にかかったという印象が薄れているのがシャガール(1887~1985)、これまでシャガールの展覧会は見逃すことなく足を運んできたが、最後にみたのは2007年に千葉市美で行われたもの。それから9年も経つ。

3年前、NYのMoMAを訪問したときとても残念なことがあった。シャガールの代表作‘私と村’が飾ってないのである。再会を楽しみにしていたのでがっくりきた。今はアンリ・ルソーの人気のほうが上なのかもしれない。日本でシャガールがみれなくなったのはこうしたことも影響しているのだろう。

今回のポンピドーセンター展に展示されたのは過去にもやって来た‘杯を掲げる二重肖像’、この絵がおもしろいのはベラとそのベラに肩車されたシャガールが下にみえるヴィテブスクの街にくらべて馬鹿でかいこと。まるで巨人ガリバーのよう。この巨人化のほかにシャガールは頭を胴体から切断して宙に浮かせたり顔を逆さにして首にくっつてたりもする。そんなファンタジックな世界にまたつつまれたい。

ブランクーシ(1876~1957)のブロンズ像‘眠る詩神’もクプカ(1871~1957)の‘垂直の面Ⅰ’もシャガールの絵同様、19年ぶりに再登場した。パリにいるような気分でとても楽しい。

ヤーコブ・アガム(1928~)のオプ・アート、‘ダブル・メタモルフォーゼⅢ’は現地でソトやヴァザルリと一緒の部屋の飾ってあったようなそうでないような、、錯視画のようにリズミカルに動く模様は表面にストロー状のものを色をつけて置きそれによってできた凹凸から生まれていた。明るい配色にも魅了され長くみていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«東京都美の‘ポンピドゥー・センター傑作展’!